まるぞう備忘録

無題のドキュメント

mRNAが中長期的もつリスクについての考察。後編。

2021-07-05 09:40:53 | 今日のひとり言

防災カレンダー
5日。 最遠から3時間後6日2時46分 新月週間。




味方のはずの抗体が敵になる現象。

 COVID19にはADE(抗体依存性増強)と呼ばれる現象が起きる可能性が言われています。
 これは1度目の感染で作られた免疫抗体。本来は2度目の感染でウイルスを撃退するように働くはずですが、なぜかウイルスと一緒に体自身を攻撃することになります。

 味方だったはずの抗体が、実は裏切りものだった〜。1度目の感染で相手に洗脳され、2度目の攻撃の時に敵に寝返って内側から攻撃してくるというスパイ映画さながらのお話です。

 このADEを起こすウイルスはデングウイルス、エボラウイルス、HIV、RSウイルス、およびコロナウイルス系統と言われています。



COVID19もADEが起きる可能性があります。

 一時期世界を席巻したSARSやMERSなどのコロナに対してワクチンができなかった一つの理由がこのADEです。フェレットなどの哺乳類動物実験ではADEが原因で重症化したと言われます。[1]

 2021年5月24日大阪大学荒瀬尚教授のチームがCOVID19でもADEを発症させる抗体を発見したと発表しました。これは理論上はCOVID19でもADEが起きる可能性があるということです。



嘘はついてませんがすり替えました。

 河野大臣は、COVID19の遺伝子ワクチンでADEが発症した例は聞いたことがない。と回答していますが、これは嘘はついていませんが、論点のすり替えです。
 今後ワクチン接種者にADEが起きる可能性はない。とは一言もいっていません。自分は今まで聞いたことはないと論点をすり替えているだけです。

 かつて福島の原子炉が暴走して燃料が原子炉を突き破ってメルトダウンしている真っ最中でも「自分はただちに危険な状態になっているという報告は受けていない」と、嘘はついていないが、論点をすり替えてた某政治家の方便と全く同じです。



阪大チームの声なき声。

 阪大の荒瀬教授は「COVID19のワクチンはADEを起こさないものが望ましい」という結論で論文をくくっています。これは荒瀬教授のギリギリのメッセージに思えます。
 「今の遺伝子ワクチン(mRNAやウイルスベクター)など抗体を強制的に作らせる方式はADEの危険性があるんだよ!」と心の叫びが聴こえるようです。

 同じチームの高橋准教授は別のインタビューで「細胞性免疫を誘導するワクチンの開発は、(ADEを防ぐための)1つの手段になり得る」「S蛋白質に対する不完全な免疫(抗体)が誘導されれば、ADEが起こる可能性がある」と答えています。[1]

 今世界中の人に打たれている遺伝子ワクチンは不完全な免疫を誘導してADEを起こす可能性があるから、自分たちはそういうリスクのない全く違う細胞性免疫のワクチンを研究してるんです。そのように述べています。



誰が「将来起きない」と断言できるのか?河野大臣以外に。

 さて河野大臣が「自分は過去に聞いたことはない」というCOVID19のADEですが、未来に起こる可能性は次の二つがありえます。

1,ワクチンで作られた抗体が減少した場合。
2,今まで想定していない突然変異のSARS-CoV-2が出現した時。



高齢者は3回目を打たないとそろそろADEが起きるかも?

 英国ではデルタ株が流行しています。遺伝子ワクチンのおかげで死亡者は少なく抑えられています。しかし
・2回接種した高齢者が
・感染すると致死率が高い
という現象が起きています。これはベルギーの高齢者施設もそうです。

 その理由としてADEが起きているという説もあります。
 それは高齢者はワクチンの抗体が減少しやすい。そして減少した時にデルタ変異株に感染すると、本来ならワクチンの抗体が感染を食い止めるはずなのに、ADEを発症して敵側に回ってしまう。
 これで致死率がグンとあがってしまう。というものです。

 英国では高齢者は3回目のワクチンを打つことと検討し始めました。これは高齢者に「ワクチン抗体減少によるADE発症」が考えられるからと思います。



一度接種したらあとは打ち続けないといけない未来?

 さて英国の高齢者は半年ほどで抗体が減少し始めADEのリスクが高くなっていったとすると、若い人たちはどのくらいの期間抗体が維持されるのでしょう。
 ただその場合でもいずれは減少するのですから、英国の高齢者の接種者のように、継続して打ち続けなければADEが起きる可能性がある。ということにはならないのでしょうか。



つづく



[1] 日経バイオテク「ワクチンが効かない?新型コロナでも浮上する「抗体依存性感染増強」」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/30/06749/




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
それ程噛み合わない息子ですが、二回目はキャンセルして欲しいので、それまで頑張って説得してみます。一回だけなら、まだきっとマシですよね、、、。

→ もし私が叔父さんだったら「あなたのデータのためという気持ちもわかるけれど、お母さんがこれだけ心配しているなら、親孝行の意味で2回目は見送ったら?」と言うと思います。

==========
そういえば五月ごろには、今はどうなのか分からないですが、あのあたりの港から米軍の船が消えていたとかいう話も・・・
気を付けて注視した方がいいのでしょうかね。

→ 大統領がオリンピックに来ないと表明したことも同様で、引き続き注意は必要と思います。

==========
熱海で被災された方のご冥福をお祈りいたします。以前まるぞうさんが話題にしていた、ソーラパネルの場所ですね

→ 以前記事にしたのは伊豆高原の方でこちらは凍結になったままです。

==========
忽那さんどう解釈…?したらいいのか。
・医療従事者は新型コロナワクチン接種を義務とすべき【忽那賢志 | 感染症専門医】7/4(日) 9:57
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210704-00246283/

→ 現場の方は「ワクチンこそが解決の決め手」と信じて1年間激務に耐えてきたのですから、仕方ないと思います。

忽那さんのところに運ばれるようなハイリスクの方はワクチンの意味はあると思います。
問題はハイリスクではない大多数の若くて健康の日本国民です。

==========
署名x2件なんだよん♪
連投失礼します。

→ お知らせありがとうございます。関心のある方はどうぞ御覧ください。

【緊急】夏休み前に提出、子どもたちへの新型コロナワクチン接種の停止を求めます。
https://voice.charity/events/112?fbclid=IwAR2LrjhmqwGyr1Gqufubb05E8TScwdK4CwMBbI01y6j-Qpp2GeMuuk_1D4I

同意フォーム『新型コロナワクチン接種中止』の嘆願書(一般用:6月25日)
https://docs.google.com/forms/d/18HPdLtfbPg1VNzBuADtgZO6t9BWEf0omL9LFDxc_B94/viewform?fbclid=IwAR3jPTucK3upQiBzHgV6YXTLf8fCCN1dt5IS__-x9DXLn1aZ3gSzFGF7CRg&edit_requested=true

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (13)