まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【同調圧力】 80年前もかくありなむ。

2021-06-20 09:52:48 | 今日のひとり言

防災カレンダー
徳島市から南東方向


東京西部から南西方向
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/06/19/100939#16




約80年前の大戦。どうして日本はアメリカと戦争することになったのだろう。私はずっと不思議で調べていました。

仮説1 軍部の暴走

 現代の多くの私たちの印象がこれではないでしょうか。東京裁判のあとGHQが日本人に刷り込んだ様々な情報の一つであります。
 もちろん関東軍が暴走しなければ、世界史は別の展開だったかもしれません。東京の軍部中枢の意向に反して、白頭山の向こう側に渡った日本軍は、まるで別の国の軍隊のように暴走していく。
 大陸に渡った日本の軍人たちが、まるで「彼の地で古代から繰り返し繰り広げられていた大陸覇権の熱病」にかかったの如く。暴走していったようにも見えます。

 そして関東軍の暴走に引っ張られるように、日本は結果的に国連を脱退し、満州国を建て、そのまま背後の太平洋から撃たれることとなります。



仮説2 アメリカの陰謀

 いやいや。日本はアメリカとの戦争はしたくなかった。しかしアメリカの策略に追い詰められて、やむなく開戦に至らざるを得なかった。
 ABCD包囲網をされてハルノートを突きつけられたら、国を守るためには他に選択肢はなかった。あれは日本人が日本を守るための自衛の戦争だった。

 事実ルーズベルトは日本と開戦するためにいろいろ画策していたことがわかっています。今話題の深州さんと呼ばれるグループの当時の思惑であったことでしょう。というのが私の陰謀論小説です。



仮説3 日本国民が望んだ

 確かに上記の仮説1も2も正しいでしょう。でもそれらはやはりひとつの要因に過ぎません。
 決定的なのは、私たち日本国民が望んだ。同調圧力という世論が「開戦必至」を醸造した。というのが私の考えです。

 しかし私たち日本国民は自分たちが戦争の引き金を引いたとは思いたくないです。国民は戦争を回避したかったのに、無理やり戦争に引き釣り込まれたと思いたいのでしょう。

 自称リベラルの人たちは、GHQの筋書きどおり、日本国民は悪くない。ナチスのように日本軍部が暴走したのが悪い。だから日本国民のために悪いやつらを東京裁判で裁いてさしあげました。というストーリーを支持します。

 自称保守の人たちは、いやいや違う。アメリカの陰謀で日本は戦争に引き釣り込まれたんだ。というストーリーを支持します。

 でもね。あの時の日本人の多くはね。アメリカとの戦争を望んでいたんだよ。本当だよ。
 今のアメリカが中国をぎゅうぎゅう締め始めているように、当時のアメリカは日本をぎゅうぎゅう締めていた。それに快く思っていない日本人は多かった。

 日本人にとって戦争とは
・日本は明治以来戦争に負けたことのない国。大国の清やロシアに勝ち第一次大戦でも戦勝国。世界の五大国の一つ。
・戦争とは遠い大陸で起きること。遠い海の向こうで起きること。
そういうイメージでした。

 だから生意気なアメリカとさっさと開戦して、有利な講和を締結するのが吉。本当にそのように考えていた。

 当時でも「日本はアメリカに負ける」と考えていた人は少なからずいた。アメリカは日本の国力10倍だったから。実情を知る人ほど「日本は戦争に負ける。勝てるはずはない。」そのように思っていたが、世論の空気はとてもそんなことが言えるものではなかった。



ワクチンを打たないのは非国民という風潮。既視感。

 先の大戦は「日本国民の世論」が一番大きな原因だった。と私が述べても、ピンと来ない人が大半でありましょう。
 しかし昨今のワクチン同調圧力を観ると、むべなるかな。と思われる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

・mRNAワクチンは長期的なリスクはまだ何もわかっていない。
・ファイザーでさえそれがわかるのは2023年の予定と言っている。
・COVID19の感染重症化する人以外は、リスクが全く見えない。
・そもそも実行再生算数(一人の患者が何人に感染させるかという数。1を切れば集団免疫が獲得されたなどの目安になる。)は、一ヶ月前から1を切っている。
・アメリカなどと比べても人口比二十分の一の感染者数や死亡者数で「リスクがまだ不明なmRNAワクチン」を感染リスクの少ない人に打つ必要があるのか。

 このような理論的な意見は空気として抑え込まれている。なんかきっと80年前の日本の一般国民の空気はこんなんだったんだろうなと思います。

 「一人でも多くの国民がワクチンを打つことが国のため」と同調圧力で思い込んでいる人たちが半数ほどいる今の空気。ちょっと前の日本では考えられない。本当に時代が激動しているようです。

ファイザー「リスクがないなんてひとっことも言ってないです。むしろ逆。」
日本政府「全員受けてくださいなんてひとっことも言ってないです。むしろ逆。」
数年後の日本国民「うっそ〜。言ってたよ。言ってたよ。全員打つことが日本のためみたいな空気だったよ。」

ファイザー・日本政府「少なくとも私たちはそんなこと言っていません。証拠見せて。」



私たち日本国民は歴史から学べる人たちなのでしょうか。あるいは。



おまけ2
個人の生活が世界に繋がり、世界のニュースが個人に繋がる。




おまけ3
梅に塩だけまぶしておくと、梅の水分がどんどん外に出て、梅が自分の出した水分に浸るようになります。2週間ほど。


白梅干しが好きな人はこのまま漬けておいてください。
私は赤紫蘇が好きなので瓶に入れます。


翌日にはもう梅酢が赤く染まり始めます。


この赤紫蘇は土用に梅と一緒に干すとゆかりになります。私はゆかりのふりかけが大好きです。
また赤い梅酢は生姜を漬けると紅生姜になります。私は紅生姜も大好きです。うしし。




おまけ4(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今、こんな記事を見つけてしまいました。いベル服用された量や回数が書かれていないのが気になりますが。

→ https://news.line.me/articles/oa-buzzfeed/ae3653ca26e3
コロナワクチンを拒否して亡くなる人々。「避けられた死」に苦しむ遺族たち

この記事の内容は
・ワクチンを打たずにイベルメクチンを服用していた男性が亡くなった。
・死因は心臓発作だった。

ということから、暗にワクチンを打っていたらこの男性は死なずにすんだかも。という記事です。

少なくともこの男性がPCR検査で陽性だったぐらいは調べて欲しいところですが、その記述がないのですね。なんでかな〜。

それはおいておいて、イベルメクチンはもちろん100%じゃないです。80〜90%以上とは言われていますが、100%じゃないです。それはmRNAワクチンが100%じゃないのと同じです。

だからイベルメクチンを服用してワクチンをうたない人は、でもそれは100%じゃないということをきちんと覚悟しておくことは必要です。
そしてこの記事のように、PCR検査結果に関わらず死因がなんであれ、ワクチンを打たずにイベルメクチン服用の人が亡くなったら

「時計の針を戻して、2人に言いたいです。『ワクチンを接種したほうがいい、役に立つよ』と」とイザベラさんは話す。

という記事が書かれてしまう世論が、今の世論なのです。

==========
前にテレビでみた、宗教2世の方の言葉で時々思い出す言葉があります。
「正しいから楽しい方へ」です。
自分もなるべく楽しい方へ行きたいなーと思っていますよ。

→ 私は「正しいからあたたかい方へ」「正しいから柔らかい方へ」がより好きです。コメントありがとうございます。

==========
私たちがあの世に戻って同じ様な価値観の中にいる事になったら??(まだ真相は分かりませんが笑)ナニも成長がないので、この世に居る間くらいは、切磋琢磨していかないと…!ですよね!

私も日々考えさせられる事が沢山有りますが、「心をやわらかく」していくことを心掛けていきたいと思います。

→ コメントありがとうございます。本当に。

==========
まるぞうさんに伺いたいのですが、自分の中にあるものに気がつくことで取り巻く現実は何か変化するのでしょうか?他人は変えられませんよね?

→ 寒い時に防寒具を着込むということに似ていると思います。

防寒具を着込めば外がいくら寒くても大丈夫でしょ?
あるいはせっかく防寒具着込んだのに、外が暖かく変化したよ。ということも人生では良くあることです。

でも夫婦なんだから、嫌なものは嫌とぶつけることも大切だと思います。

・私はあなたを論破するつもりはない。
・ただ私が感情的に嫌だと思うことをあなたに伝えるだけ。
・あなたがそれは間違いだと言うならそれはあなたの自由で結構。
・しかし私が嫌と思う感情をあなたに伝えるのも私の自由。
・あなたを変えるつもりはないが、私が嫌だと思っていることはあなたに伝えるのは、夫婦にとって大切だと私は思うので、言葉に出してあなたに伝えます。
・それを受け取るかどうかはあなたはご自由に。

==========
【この4症状は即、検査】
ワクチン接種後の死亡事例21~30例を解説してわかった事
【ぼくの家族には伝えました】

ワクチンを打った後(痛みが強くなくても)
 1頭が痛い
 2胸が痛い
 3腰が痛い
 4背中が痛い
 ⇒自宅で休むのではなくぜひ受診 
 ⇒即CT検査を
https://www.youtube.com/watch?v=MgPi7HXu7Qw

→ 情報ありがとうございます。

==========
上からの文書では「先延ばしにしたいというような理由はダメ」と確かに書いてあります。
呼ばれたらなんと答えようか思案中です。
一応申し込むと答えるか。教育現場だけに責められそうです。

→ あいまいにのらりくらりと延ばすことが許されないのなら、奥の手は
「接種しない理由は不安だからです。安全とも危険とも判断データの期間が短すぎるからです。これが接種しない理由として認められないということは『接種しないことを理由に職場で不利益を被るというケース』に該当することでよろしいでしょうか」と正面から確認するしかないかもしれないですね。

とにかく
・副反応が怖い
・不妊になる可能性がある
・スパイク脂質が体内に残る
など具体的なことは言わないこと。私が相手の担当者なら一つひとつ論破して説得することでしょう。

だからただ「不安ですから」という言葉を静かに繰り返すのが一番です。
さすがの私も、相手がこの言葉だけを繰り返されたら、相手の言葉尻をとって接種の説得することがとても難しいからです。

==========
今回のシリーズ、読者のコメ欄、なかなかの劇薬でしたがお薬として受け取ることが出来ました。

→ 貴重なシリーズでした。

==========
極めて個人的なお話を書かせていただきました。

→ コメントありがとうございます。
私は読むことしか出来ませんが、また何か書いて送ってください。よろしくお願いいたします。

==========
ワクチンを打ってしまった方が、イベルメクチンによって救われる可能性がある、という論文だそうです。
私は医学も英語もプロではないので全くわかりませんが共有させてください。

「イベルメクチンはACE 2に結合したSARS-CoV-2スパイク受容体結合ドメインにドッキングする」(タイトル機械翻訳)

Ivermectin Docks to the SARS-CoV-2 Spike Receptor-binding Domain Attached to ACE2
このタイトルで検索するとPubmedの論文が出ます

→ 情報ありがとうございます。

==========
>半年程前の外国の大統領選挙で世界の状況は違う章に入ったと感じた
とは具体的にはどういう事でしょうか?

→ 遠い国の話ではなく、私たち一人ひとりの心と身体に直接影響を与えようという圧力を感じるということです。

具体的に書くと陰謀論小説になるのでまた機会を見て。興味本位の陰謀論小説はミイラ取りがミイラになるので。何でも暴露すれば好転するとは限らない。時期とタイミングがあると思います。という陰謀論小説です。

==========
ソピステースはこんな感じだったのかな、ととても興味深く拝見させていただきました。勉強になります。

→ ふむふむ。ソピステスとは初めて聴きました。勉強になります。ありがとうございます。

==========
早速 被害が出ているようです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d4810ba0488fd96a08b2cc872b3977c8ca75fc6
「台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡 開始わずか4日間で(甘粕代三)」

→ 情報ありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (29)