まるぞう備忘録

無題のドキュメント

ワクチン関連 時事ネタ3題。

2021-06-07 09:37:40 | 今日のひとり言

防災カレンダー
7日。新月週間。

東京都千代田区から北東方向





時事ネタ1


©NHK

 これはワクチン2回接種が終わった人の割合のグラフです。
 イスラエルとアメリカとイギリスがダントツです。

 あれ?チリは?
 チリのワクチンは中国製です。中国製ワクチンはファイザーやアストラゼネカのワクチンとはちょっと位置付けが異なります。 

中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる
2021年4月21日(水)18時45分 Newsweek
・・・
同じ南米のチリも接種量の9割をシノバック製に頼るが、こちらも状況は芳しくない。
・・・
ワクチン自体の効果の低さに加え、2度目の接種まで効果が限定的だという説明が不十分だったことが災いした。住民の油断を招き、1回目の接種が進んだタイミングと前後してチリ国内の感染者数・死者数は急増する結果となった。
・・・
今後中国政府はワクチンの有効性を強化すべく、少なくとも中国国内では、段階接種の一部に他社製ワクチンを導入することを検討している。疾病管理局のフー氏はこれに加え、異なる技術で製造されたワクチンの使用も中国政府内で検討が進んでいると明かした。中国当局は「異なる技術」の詳細を明らかにしていないが、米CDCは、中国側がmRNAワクチンの開発を進めていると見ている。製造元の中国自身さえ、現状を問題視していることの表れだと言えよう。
・・・
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/04/50-49_2.php


 世界的にCOVID-19は収束に向かっているにも関わらず、チリは数少ない「まだ収束に向かっていない」国です。


世界の新規感染者数


チリの新規感染者数

 ですから、新型コロナにきちんと効力のあるきちんとした新技術のワクチンを接種したのは
1位 イスラエル 約60%
2位 アメリカ 約40%
3位 イギリス 約40%
という顔ぶれです。この顔ぶれは、世界史が好きな陰謀論作家がいれば血が騒ぐことでしょう。



時事ネタ2

今こそ再認識すべき「ワクチン望まぬ人」への配慮
接種は法律で義務づけられているわけではない
戸舘 圭之 : 弁護士 2021/06/07
・・・
厚生労働省もホームページにおいて、以下のように説明している。
・・・
「予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします」」
・・・
誤解のないようにあらためて述べておくが、筆者は新型コロナウイルスワクチンが有効でないとか、危険であるとか、予防接種を受けるべきではないなどと主張しているわけではない。
・・・
では、差別や不利益な扱いを受けた場合にはどうすればよいのか。

労働者が会社からワクチン接種を受けないことを理由に不当な取り扱いをされた場合、労働組合や労働問題に詳しい弁護士に相談してほしい。

老人ホームなどの施設や学校での差別的な取り扱いの場合は、弁護士に相談をするほか、その施設を監督している県や市などの行政機関の担当部署に連絡、相談すれば対応してもらえる場合もある。

また、新型コロナウイルスワクチンに関しては、厚生労働省が特設サイトを設けて詳細な情報提供を行っているので、そちらも参照のうえ、相談することをおすすめする。

https://toyokeizai.net/articles/-/432338


 もしワクチンを接種したくないのに、職場の同調圧力で受けざるを得ない時は。とにかく「先延ばし」にする大人の対応で、のらりくらりとやり過ごして頂くのが良いかもしれません。



 このように我が国の陽性者数は右肩下がりで減っています。ワクチン狂想曲も鎮火していくことを願っております。



時事ネタ3

 ちなみにインフルエンザワクチンと今回のmRNAワクチンの接種後の死亡者数です。どちらも接種者5000万人あたりで換算し小数第一位で四捨五入しました。

インフルエンザワクチン死亡者数(5000万人接種換算)*1
65歳以上 3名
20〜64歳 0名

mRNAワクチン死亡者数(5000万人接種換算)*2
65歳以上 745名
20〜64歳 88名

 mRNAワクチンは死亡率が高いのも問題ですが、更に問題なのはなぜ死亡率が高いのか。なぜ死亡するのか。そのメカニズムが実証されていないということです。
 一般人に接種許可されてまだ1年たっていない新技術のワクチンであるからです。

*1 令和元年10月1日~令和2年4月30日 インフルエンザワクチン推定接種者数5,650万人中医療機関からの死亡者数5名
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000710864.pdf

*2令和3年2月17日から令和3年5月21日 ファイザーワクチン接種者数5,166,342人中死亡者数85名
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000784439.pdf




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
6月になって、みんなのうたに、まるぞうさんに似ているアニメーションの歌が流れています。丸いキャラクターなので、単にそう思っているのですが…。最後に真っ黒な分身?を抱きしめるシーンがあって、うまくいえないのですが、自分を肯定しているような気になって心に沁みます。

→ コメントありがとうございます。宮本浩次さんの歌ですね。

==========
うちの母はいろいろ情報送ってたんですが、昨日接種してきてしまいました

→ 高齢の方は御自分の判断で決めるのが結果的に一番良いと思います。

==========
勝手ながら新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンにおける致死率の相違について個人的な見解をコメントさせて頂きます。

→ 私の方も自分で計算してみました。計算違い等あればお知らせ頂ければ幸いです。読者の方にわかりやすいように5000万人接種換算としました。

==========
そのような悪質な客にも黙って商品券を渡してお帰り頂くのだと。これは何時間も売り場で喚かれ粘られるのを危惧した対処でしょうか。そんなひどいお客は滅多にないことでしょう?と聞くと、いや色々あるんだと言ってました。私達が想像する以上に大変な世の中になっていたのですね。

→ そういう時代に突入したのだと思います。もうしばらくは続くと思います。

==========
まるぞうさんは言葉を巧みに変えていますが、これらをまるぞう基準で判断をしてしまっていることに気がつくといいかなと思います。

→ コメントありがとうございました。今回も参考になりました。

==========
以前、まるぞうさんは「喧嘩をするならば、相手を差し違えるつもりで自分ならばする」
と書かれていらっしゃいましたが、今でも同じ気持ちをお持ちでしょうか?

→ 喧嘩をすることになればそういう覚悟で臨むことでしょう。ただしそのような喧嘩はこれまでしたことはありませんし、これからもそういうことがないことを願います。

==========
塩ですが梅一キロに対して25%って塩何gになりますか?

→ はい。250gです。

==========
何かが引き寄せてるのかも?と感じていました。
そしてさらに怒りを増し更に悪質に。

→ コメントありがとうございます。鋭い嗅覚であると思います。
そしてこの社会は大人の対応で身を守ることもますます大切な要素になっていくと思います。
振り子が触れ戻るまでは、しばらくそのような風潮が続くと思います。

==========
1.仕事が忙しく、気になってた数日前のカナダの大学の教授のDr. Byram Bridleさんの「棘は危険」の意見読む。ふむふむ、棘が血液脳関門通過は論文でも裏付けられているんですね。www.nature.com s41593-020-00771-8
頭痛が酷いのもうなずける。
あと、もう一つびっくりはファイザーの内部文書の日本からのラットの実験、本物?
HEREより飛ぶと日本語のレポが。
筋肉注射後のmRNAの分布にびっくり。代謝に関与の肝臓や、免疫に関与の骨髄・脾臓等はうなずけるけど卵巣?。卵巣って肝臓や脾臓に比べてとっても小さいのに最大測定時間の48時間が集積最大になっていて、肝臓や脾臓に次いでの量って、これ怖いですね。
LNPがいるって事はそこの細胞たちに棘を作らせてる可能性があって、棘製造機に変えた場合ははキラーT細胞に殺させる可能性はあるのですよね。うーん。ラットの場合ではあるからと言われるのでしょうが、娘には避けたくなりますな。
あと、案外PEGって体内に長い事いるんですね。2週間後でも検出不能にならず肝臓で1/4残ってるんですね。入れ物が壊れずにいたら怖いな。

2.もう一つ、阪大のCellの立派な論文。
「現在のワクチンではNTDの部位が含まれるので感染増強抗体の産生しないワクチンの開発が望ましい」
なのに、現行ワクチンを12歳に?大学生に?重症化しないのに?
有名大学には接種後の中和抗体と同時に抗NTD部に対する抗体も測定してほしい。
こっちも沢山出来てるのでは?
こちらは日本が誇る研究だから是非とも調査してほしいと厚生労働省にメールしました。

→ コメントありがとうございます。解説してくださってありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (28)