まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【mRNAワクチン】 免疫の閻魔帳を書き換える。前編。

2021-05-24 10:01:56 | 今日のひとり言

防災カレンダー

東京都足立区から北方向



まるぞうメモ

自然免疫
・5種の白血球のうちの3種
 ・マクロファージ(貪食細胞)
 ・樹状細胞(主な抗原提示)
 ・好中球(貪食細胞)
・NK細胞(癌細胞やウイルス感染細胞を傷害)
・補体(殺菌)

獲得免疫
・T細胞:異物を撃退する(細胞免疫)
  ・交差反応メモリT細胞
  ・ヘルパーT細胞細胞:司令塔
  ・キラーT細胞細胞:撃退

・B細胞:抗体を作る(液性免疫)→貪食細胞を活性化
 ・ナイーブB細胞 IgM(初めて)
 ・メモリーB細胞 IgG(2回目以降)




以下素人の私が現時点で理解している内容です。

免疫の閻魔帳。

 身体には様々な免疫部隊がいて、身体内に悪い細菌やウイルスが増殖しないように均衡を保っています。

 その免疫部隊がそれぞれ持っているのが「閻魔帳」であります。
 過去に退治した異物や細菌やウイルスの特徴が書いてあり、パトロール中に発見したら速やかに排除する。そういうシステムがあります。

 メモリーB細胞とかメモリーT細胞とか自然免疫記憶などと呼ばれる免疫部隊は、それぞれ自分たちの閻魔帳を持って、日々有事に備えているということです。



COVID-19感染発症の3つのステージ(プラス1)。

 SARS-CoV-2と呼ばれるCOVID-19のウイルスは身体に入るとその侵入に応じて次の3つのステージがあります。


第一ステージ 共存期

 体内に入ったSARS-CoV-2は特に目立った増殖もせず、免疫部隊と争うこともなく、平和を保っている状態です。
 少しでも不自然な増殖を始めると、免疫部隊がすぐに排除している状態です。

 たとえばある外国人たちが移民してきた場合、その異邦人たちはごく少人数で、かつその国の風土に馴染もうと友好的な努力をしている場合。彼らが害をなさなければ、特に排他されることもなく移住先の社会に共存している。
 もちろん姿や言葉が違うので排斥するぞという勢力もいるでしょうが、まあ悪さはしないのだから、まあまあ。という人たちが大半。そういう風景に似ています。


第二ステージ 繁殖期

 多くの場合は、この異邦人SARS-CoV-2が限度を越えて増殖しだすと、免疫部隊が活動して彼らの排除に動きます。それは風邪と同じです。ちょっとぞくぞくしたり熱が出ますが、身体の免疫部隊が数時間〜数日で排除してくれます。

 問題は何かの条件が重なった時に、SARS-CoV-2は免疫部隊に気づかれないまま増殖し始めてしまいます。免疫部隊に「私は仲間ですよ」となりすましが出来るかの如くです。

 移民がどんどん増えてきていても、その国の人たちになりすましているので、その国の住人は彼らが外国人だと気づくことなく、土地をどんどん買われていってしまっている。そういう風景に似ているかもしれません。

 COVID-19は本人が無症状のまま、どんどん病状が進んでいく傾向がある理由です。それは免疫部隊が「なぜか」彼らを見逃しているからです。


第三ステージ 戒厳令内戦状態

 SARS-CoV-2の体内への侵食が進んで行き、身体が生命の危機に陥った時、さすがの免疫部隊も「なんだ。まずいことになっとんやないか〜!!」といきなり非常事態戒厳令を布告します。
 今まで味方だと騙されていたSARS-CoV-2を全力で排除しなければ我々の身体本体の生命が危ない。
 しかしSARS-CoV-2と味方の区別がはっきりしない。でも仕方ない。味方であっても攻撃せよ。あやしいものは全て射殺せよ。
 その内戦状態は「サイトカインストーム」と呼ばれます。

 COVID-19が急激に重症化するのは、このように身体の免疫部隊が一斉に自分自身を攻撃し始めるからです。

 COVID-19の重症化症状は、肺炎だけでなく脳を含む身体の血管の血栓が原因である症状が多いのもこの理由です。血液の中の免疫部隊が、正常な自分たちの仲間を敵だと誤認する。その過剰攻撃が身体注の血液を一斉に固まらせやすくします。


エピローグ 後遺症

 COVID-19から回復しても「ロング・コビット」と呼ばれる後遺症に悩まされている人達が少なくありません。そしてこの原因は「自己免疫疾患」であると最近わかって来ました。

 戒厳令非常事態の大きな内戦状態は終わっても、その後、免疫部隊が正常な細胞を攻撃してしまう傾向(自己免疫疾患)が継続する人たちがいるのです。

 これはあたかもSARS-CoV-2と闘うことで、免疫部隊の「閻魔帳」のデータがずれてしまうように見えます。
 今まで「自分たちの仲間」だった対象のいくつかが「こいつ敵かも」と書かれてしまったのです。

 ロング・コビットとは、このように閻魔帳が書き換わって、敵ではない自分自身を攻撃しやすくなってしまう病状=自己免疫疾患の状態になっていること。
 素人ながら私は個人的にそのように思っています。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
オゥオゥ、まるもつまんねぇ大人になっちまったなあ。通りすがりのおじいちゃんに、「危ないですこれ」って優しい女の子がいうドラマの一つや二つ、生まれたっていいんじゃねえのかい。受け取る受け取らないは向こう様の勝手。言いたい気持ちはこっちの勝手。おせっかいおばちゃんの本領発揮、今こそしなくてどうするんじゃい!!

→ 説得してもダメなものはいくら説得してもダメ。
相手が自分で考えることができるかどうか。です。

質問「相手に100%Yesと言わせる方法を教えてください。」

回答「そういう方法はありません。
 ただ『私ならYesです。』とだけ伝えて選択は相手にまかせる。それでも相手がNoと言うなら仕方ない。相手の運命におまかせする。という態度は、結果的に『Yes』に効果あるかも。」

==========
特に具体的な販売先などを明記すると、(ある意味)業者向けの「広告の3要件」にも合致してしまう恐れがありますので、本件に限らず医薬品の効能効果の記載については、十分に注意した上で記載頂きます様お願い致します。

→ ご忠告ありがとうございます。いつもありがとうございます。

==========
施設にいる父親(超高齢)が2度の接種5日後の昨日、39°の肺炎で入院しました。
心臓も肺も悪いので、老人性の肺炎かと思いますが微妙な気持ちです。

→ コメントお知らせありがとうございます。

==========
何かを選ぶということはそれ以外は捨てるということ。捨てた方の責任は自分が引き受けるということ。その覚悟を持って行うべき、重いものですね。
そこを理解し最悪想定した上での選択はどれも正しい。
この原則から離れないでいようと思います。

→ その通りと思います。コメントありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (17)