まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【コツ】 人に頼ること。

2021-05-19 09:24:13 | 今日のひとり言



ドラゴン桜でも実践!東大生は「頼る力」がすごい
思考や性格を自分一人で変えるなんて絶対無理
西岡 壱誠 : 現役東大生・ドラゴン桜2編集担当 2021/05/17
・・・
ドラマ3話で桜木先生は「お前たちは運がいい。なぜならば俺がいるからだ」と言いました。

誰かを頼れる環境があるのだから、それだけで運がいいんだ、と。

でもその言葉に反して、桜木先生のところに行った生徒はドラマ4話だとたったの4人です。それと同じように、多くの人はそういう運があってもなかなか「頼る」という思考ができていないのではないでしょうか。

何かを頼って、自分のできていないところをカバーしていく。そういう生き方をしていきたいものですね。






https://toyokeizai.net/articles/amp/428081


楽に生きることは悪いことではない。

 世の中ただでさえ苦労が多いように出来ているのですから、なるべくその苦労を少なく生きるのが良いことであると私は思います。
 中には苦労が多い方が良い生き方である。苦労が多い生き方の方がカルマの解消になる。私は苦労して生きる運命なんだ。そのように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いです。
 表面意識の間違いプログラム(洗脳)といっても良いかもしれないです。

勘違いの人「ええ?。楽に生きるのが正しいんだ。まるぞうが今まで言ってきたことと違うんじゃね。まあ、それならそれでいいけど、私は楽して寝転んで金持ちになっていい生活したいのよ。楽して儲かる方法教えてよ。」



人の助けを借りられない人は無駄に苦労を膨らませている。

 人生とは山に登ることに例えられます。厳しい登り坂の場所もありますが、きちんと道は用意されていますから、なるべく歩きやすい道を登っていくことが大切です。
 樹海に迷っている人は、決して一人でウロウロせず、道に詳しい人に相談して、出来るだけ短い距離で樹海を脱出して、元の登山道に戻ることが大切だと思います。

迷い人「もうずっと日の差さない道なき道を歩いている。人生ってこんなに辛いの。嫌。」

「ここは樹海だから、きちんと人に聞いた方がいいですよ。」

迷い人「聞いてもちゃんと教えてくれるかどうか。もう歩きづめで足が棒のようだ。どうしたらいいのか。もうこんなに辛いのはやめたい。」

「樹海って同じ場所を回り続けると言います。自分の勘だけではダメです。きちんと道がわかる人に尋ねた方がいいです。」

迷い人「はいはい。わかりました。耳にタコができますよ。
話は変わるけれど、私はずっとこの暗い森の中を歩き続けている。いつまでこの暗い森の中を歩かなければならないの。もうヤダ。やめたい。」

「だから道に詳しい人にどちらに向かって歩けばいいか尋ねた方がいいかと。」

迷い人「あんた。いっつも同じこと言ってんのね。受ける。
私はそれどころじゃないの。もうずっと歩きどうしでくたくたなの。なんのカルマでこんな森の中をいつまでも歩き続けなければならないの。もうヤダ。」



人生の苦労は最小限で良い。

 人生には楽に生きるコツがあります。

 たとえば最悪を想定して備えておくと、実際の災難が起きづらいとか。
 自分が認めたくない耳の痛い警告こそ大切だったとか。
 大切な警告こそ、自分が言われたくない相手の口を借りて届けられるとか。
 悪いニュースは早めに一番伝えたくない相手から伝えるとか。
 自分は半分間違っている。相手は半分正しい。とか。
 自分は幸せになっていいのだ。とか。

 同じ様に人生で辛い場面にぶつかったら、まず詳しい人や専門家に相談するのもそのコツの一つです。

 でも確かに人に相談するのはエネルギーがいることです。
 過去に邪険にされた嫌な思い出もあるかもしれません。
 あるいは自分がそんなことが出来ないと評価されるのも嫌かもしれません。
 だから人に相談しないでも自分一人で樹海も歩き続ければ、いつか出られるかもしれないよ。
 誰に相談しなくても、自力で出られればそれが一番いいでしょ。
 私は人に相談したくない。専門家に相談するなんて面倒くさい。
 大丈夫。自力で出られるから。



頼るのが上手な人になってもいいのです。

 私の人生経験でわかったことは、人に尋ねることに抵抗が少ない人は苦労を最小限にしているということ。
 逆に人に尋ねることをしない人は、ただでさえ多い人生の苦労を自分で何倍にも膨らませている。勿体ないです。

 そしてこの記事を本当に読んで欲しい「人に頼ることの敷居が高い方100人のうち、一人でも「これってひょっとして自分のこと?自分が、人に頼っていいってこと? 自分が抱えている問題って専門家に相談してもいいっていうこと?」と思ってくだされば、この記事を書いた甲斐があるというものです。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
長尾和宏さんという医師のブログに、

→ こちらですね。情報ありがとうございます。
http://blog.drnagao.com/2021/05/post-7571.html

イベルメクチンに関しても何も知らない医師が多すぎる。
国が使用を認めて、保険請求できることを知らない医師。

イベルメクチン動画(国会議論もあり)
前編 →
https://youtu.be/RP2x2dnxdJs(まるぞう注記:12:10あたりから)
後編 →
https://youtu.be/UVtajq-L5zQ

ハッキリ言って、医者が一番、この薬を知らないのではないか。
そんな医師が「イベルメクチン信者だ」と攻撃するので面白い。


==========
主語も曖昧ながら、日本語って時間系列もかなり単純ですね。大雑把に、過去現在未来の三つだけ。

→ そうですよね。
失くしていたものが見つかったとき「あった!」と叫びますが、これも「過去」というわけではないです。
日本語としては「確定したこと」という表現に近いですが、西洋文法に合わせて「過去形」としていると思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (26)