まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【同行二人ツーリング】 ハンドルは私に預けられている。

2021-05-11 09:17:23 | 陰と陽の理論

防災カレンダー
11日。新月週間。

東京西部から北東方向
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/05/11/090605#20




潜在意識は何といっている?

 潜在意識を上手に使って願望を叶えましょう。そのような成功本が世の中にあります。手にとったかたもいらっしゃるかもしれません。

 確かに潜在意識というのは非常に強力ですので、それを上手に使いこなして、人生の成功者になりたい。そのように思うのも無理はありません。
 しかし、ほとんどの場合それは失敗します。その方法をやり始めても途中でやめてしまいます。
なぜか。
 それは潜在意識の方が表面意識より力が強いから。表面意識が潜在意識を自在に利用しようとすると、必ずどこかで無理がかかるから。それで、なんとなくブロックがかかってやめることになります。

 本当はそのアプローチは逆なのです。
 表面意識が潜在意識を操るのではなく、表面意識が潜在意識の声を聴くこと。これが本当の人生の成功の近道。

 ここで言う潜在意識とは、心の奥底のもう一人の私のことであります。良心とも言える。心の中のお天道様とも言える。将来自分が他界したあとの自分自身の視線であるとも言える。

 その心の奥底の私の声とは人生の羅針盤です。
 ですから、表面意識の私は、その羅針盤を操縦するのではなく、羅針盤が何と言っているか。その声を聴くのが、人生の成功。私たちがこの人生で何をしたかったのか。どういう風景を観たかったのか。それを教えてくれる羅針盤です。



心の奥底の声は耳が痛いぞ。

 しかしその羅針盤に耳を傾けるのは、最初はちょっと難しいかもしれません。なぜなら羅針盤の声は耳が痛いことが多いから。

それはたとえば
「あの人にきちんとNOと言います。」かもしれないし
あるいは
「あの人にきちんとすみませんと謝ります」かもしれないし
あるいは
「あの人にきちんとありがとうございますと感謝をする」かもしれないし
あるいは
「日の当たらない仕事でも手をぬかず続けよう」かもしれない。

 表面意識それぞれは「それがやりたくないから、悩んでいるんでしょうが〜」と思いますが、もう心の奥底の自分は「それが人生の成功の一番の近道だよ」とささやいています。



いつの間にか人生の風景が変わっている。

 でも勇気をもって、一歩一歩。自分の心の中の「耳の痛い声」を聴いていくと、いつの間にか、自分の観えている景色が変わっていく。
 それは登山に似ている。最初は背の高い森の中を登っていくだけだったけれど、きがつくと、見晴らしのいい場所に遭遇する。
 あれま。いつの間にかこんなに登っていたのか。



私の心の奥底は他の人の奥底と繋がっている。

 自分の心の奥底の声が聴こえるといっても、それは別の誰かが話しかけてくるようなものではありません。もしそんな現象が起きたらそれは正反対。要注意です。専門の先生に相談するべきことです。

 心の奥底の声とは言葉じゃない。でもそれはナントナクそれがそうだという漠然としているけれど、これがそうだという確固たる確信のことです。
 自分の心の奥底の声がを感じれるようになると、他の人の心の奥底の声も感じることができるようになる。なぜか。それは自分の心の奥底の声もその人の心の奥底の声も同じだから。同じ良心だから。そうか、人の心の奥底ではみな繋がっているというのはそういうことだったのか。



本人が一番お気の毒。

 だから、自分の心の奥底に声に耳蓋をしているのに悩んでいる人については「がんばれ〜。でも本当はやっぱり逆方向だよ。それ。」と思いますし、

 自分の心の奥底の声に耳蓋をしてブイブイ言わせている人については「お気の毒。」と思います。ブイブイに傷つけられている方は本当にお気の毒ですが、そのブイブイ本人はもっと気の毒です。

 なぜなら自分が近い将来必ず迎える他界の時。その時ブイブイ言わせていた人は必ず相応の痛みを受け取ることになるから。
 誰もが心の奥底の自分に戻る。その時。自分が傷つけた人の分だけ自分が痛い思いを感じるから。という個人的に私が思っている心の風景です。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
安楽死法案を真面目に議論したらいいのに、なぜか執着させることにこだわって、もういいです、この世は…には足掻きなさい、それは駄目ですと語る人が多いけれど、それは宗教概念からくるものですか?

→ 心の奥底の自分「因子の負債を返すチャンスをようやく手にして生まれてくることが出来たのだから無駄にしないで。辛いのはわかるけれど、ここで自分で降りないで。また長い長い後悔の暗闇に残ることになるのはもう嫌だよ。」

心の奥底の自分は、本当に自分が一番聴きたくない声をささやきます。だから私は自分の心の奥底の声(良心の声)は大嫌いです。

という「大嫌いな相手と二人旅」が人生の本質という風景はいかがでしょうか。

==========
そうやって相手をコントロールしていくんだな。
思想って怖い。
…と改めて思いました。

マインドコントロール恐るべし。

→ 自分の都合の良いように善悪の境界を構築して、相手に有無を言わせない方法です。

最近の流行はパリコレですね。弱者の立場を装って強者になることではなくて、パリの流行のファッションのことです。(なんのこっちゃ)

==========
IOCから日本への賠償請求
少なくとも開催都市契約の中に、根拠を見たことがありません。
従って青天井か否かを含めて、その存在自体が不明です。

→ 下記をご参照ください。
「36 責任-オリンピック競技大会の開催取り消し
(略)
2. NOC、 OCOGあるいは開催都市によるオリンピック憲章違反、 IOCの規則や指示の不履行、 または義務違反があった場合、 IOCは開催都市、 OCOG、 NOC によるオリンピック競技大 会の組織運営を取り消す権限を有する。 この取り消しはいつでも行うことができ、 即時有効となる。開催取り消しにより生じる損害に対する IOC の賠償請求権は保証される。」

東京都や日本政府はオリンピック開催に向けて努力することをIOCに約束し誘致したのですが、IOCは開催を支持すると発言している中で、東京都や日本政府が「やっぱ出来ません。降ります。」ということは、義務違反と主張できるでしょう。
IOCがやれると言っている間は、東京都も日本政府も「やります」としか言えない事情です。

参考過去記事:【国家破産】オリンピック中止で日本が世界中に支払う賠償金。
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/712364dbd633824aad3a55d4a3f23c99

==========
お手数ですが、このスライドの5枚目 1918 H1N1 influenza pandemic のグラフをみて。これは「すべてのpandemicの母」って言われてる有名なグラフで、人類が初のウイルスにさらされたら、「わくちゃん無しなら大体こんな感じで3回の山が2-3年ぐらいくるわよ」っていうのよ。

https://37b32f5a-6ed9-4d6d-b3e1-5ec648ad9ed9.filesusr.com/ugd/28d8fe_1ca60c7d40d141b89dbf26c7afb9f50b.pdf

2回目の山は大きくて若者も沢山かかるんだけど、これは初めてのインフルに自分の免疫が訓練出来ていないから起こるのよ。特に若者って初回は自然免疫で抑えてインフルにかかってない人も多いからね、一回目で作戦練ったインフルちゃんが少し手を変えて2回目に再アタックしてくるの)、この2回目の山の後、多くの人が自然の自己防衛システムの訓練が出来て3回目の小山の後はだらだらと普通の感染症になってたわ。

今回のころちゃんも、だいたい、わくちゃん打つ前は良く似た経過をたどってたわね。でも今回はわくちゃんをすごいスピードで作って、イギリス、南アメリカ、ブラジルなんかで夏の終わりから治験したでしょ。(この三か所から大きな変異が出現は偶然?:訳者の声)その上、大規模にキャンペーンで世界中でうちだしたから、しばらくはうった国は感染が一時期急増してるでしょ。日本の場合もそう。(先行接種始まってから、フタコフ゛らくだ様の急増ですね:訳者の声)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html
その後、多くは感染者が一度落ち着くんだけど、わくちゃんのお陰っていうのは早急よ。特に日本なんか、未だほんの少ししかうってないんだから。人の動きと感染動態はそんな単純な物じゃない。また、パンデミック時は、ころちゃんが市中にうようよいるから、かかる人はかかって、自然免疫の強い人はかからない、かかってるけど無症状のひと、これらに落ち着いて次第にピークが下がるのよ、自然にね。自然の感染過程でも無症状感染者が無自覚スプレッダーになるんだけど、自然の場合は数もそこそこでしょ。その内みんな優秀な自身の自然の免疫が応用力持って対応できるから、山は下がって次第に小さくなる。で普通の感染症に数年でおちついてたわ。
でも、今回は違う。わくちゃん打った人もスプレッダーになってる可能性があるから、人工的な侵襲が加わる人類初のケースになる。打てば打つほどその後に山がくる。やがて下がって、落ち着いてる間に免疫不十分者から変異株が、でまた、それに対応するわくちゃん開発。きりがないわね。もう訳わかめに、、、。
もう一つ、やっかいなのは、今打ってるのが1年前の初期株に対するわくちゃんて事。初期タイプにめちゃくそ強力な抗体価をつけると、自然の本来の応用の利く免疫反応は抑制されるの。だから亜種が来ても体は初期株しか見てない。よそ見中の迎撃手なんか突破は簡単よ。だから、2回打ったら、アフちゃんタイプに8倍もかかりやすいの何で?なんて報告がでる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/430242e9f84211144adb9c1f186dfee06741f37b

→ 翻訳情報ありがとうございます。大変参考になりました。

==========
精神疾患で苦しむ親族や友人がいたため、同情と共に、頑張って欲しいという気持ちはありますが、ではどうすべきなのか。理想と現実はどうしても食い違ってしまいます。

→ 経営者の判断の問題だと思います。現場にしわ寄せがいく問題になりがちですが。しかしいずれにせよ難しい問題だと思います。
コメントありがとうございます。

==========
少数派に気づかない日本は悪いみたいな。

→ 世界で流行っているパリのファッションですね。

==========
昨年かかった人
昨年自然にかかって治った方は自分のしっかりとした本来の免疫で対応出来る可能性高し。自然感染の場合、抗体価が暫くして下がるのは、亜種が来た時、過去の記憶に拘りすぎず臨機応変対応の賢さのためかも。現に軽症の人は抗体価が低く、重症は抗体価が高くなる。
再感染の方はご自身の免疫が弱っている可能性は?発酵食品、ビタミン、睡眠、適度な運動、心配しないで心でいってみては?整腸剤には中年以降はビオチンを併用を試してみて。
折角、自分の自然免疫を鍛えてるのに、ゴリ押し遺伝子タイプを無理矢理入れるの勿体ないです。それも同じ初期型のものですよ。

→ コメントありがとうございます。

==========
普段弱者に寄り添うはずの自称リベラルが。何やってんだ

→ 自称リベラルの方の本性は「自分が強者になって人を支配する」ですから、弱者に寄り添うのは見かけだけ。今流行りのパリのファッションにのっかています。

本物のリベラルの方は違いますが、そういう方はそういう声の上げ方はしていませんです。

==========
 動画の感想です。やはり究極的に善悪の判断基準は神。神だけが人間や物事の善い悪いの判断が可能と思いました。
では神とは、まして神の意思/意志とは?これは人の数だけの、答えのない答えがある事でしょうね。

→ 心の奥底の声。羅針盤。

でも耳が痛い言葉なので、それを避けて、外にある神様の言葉(?)を都合よく解釈して言い訳にするというのが、これまで多くの人類一人ひとりが繰り返してきたことだと思います。

==========
憲法改正案、97条の基本的人権の項目が削除されるのをご存知ですか?
https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/pamphlet/kenpou_qa.pdf
ソースはこちらでよろしいでしょうか?

→ 97条は削除していますが、基本的人権については11条に述べられています。
「国民は、全ての基本的人権を享有する。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利である。」

97条を削除したことをあたかも改正案が基本的人権を削除したような内容だと勘違いするようにに誘導する人たちがいるということでしょうか。

==========
全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。

憲法は国家権力を制限し、国民の権利自由を守るものではないのでしょうか。
国民が憲法守れになっちゃってます。

→ 憲法とは国家も国民も含め、その国に住む人達が「自分たちの国をどのような国にしたいか」という目指す姿を文章にしたものだと思います。

ちなみに「憲法は国家権力を制限し」とはどなたの言葉でしょうか。ソースはありますか?

==========
ああいう思惑を一人の選手に向ける輩の末路って。南無としか感想はありません。

→ 私の心の風景も同じです。南無です。お気の毒。

==========
「キャリー・マディ医師が伝えるワ◯◯ンの真実」という動画がありますので、是非検索してご視聴ください。

→ こちらですね。情報ありがとうございます。
https://youtu.be/4WybpDpjy3A

==========
相手を思い遣る心があるのが日本人であり、それもない人間は日本で生きていく意味はないのではと思います。

→ 多くの大多数の日本人は日本人の心を持っていると思います。

==========
人から悪行と思われている行為でも、本人が悪行と認識していない人は、認識して罪悪感を感じた人よりカルマとしては軽くなり罪が軽くなるのでしょうか?

→ 心の奥底の心。その声がなんと言っていたか。

多くの場合は、心の奥底の声に蓋をして、表面は悪行とは思っていないことではないかと思います。

==========
接種済みの人達は「もう接種済みだから」と胸を張って「だから大丈夫よ」と言わんばかりです。そして「あなたは打ったの?」が口癖です。この州にいる限り肩身の狭い思いをすることになりそうです。

→ 数ヶ月の様子見だと思います。

==========
ヤマトの国の古代イスラエルの血を引く縄文の民たちがさまざまな災いを
ナンとかすり抜けながらヤマトにとどまり守ろうとする。モーセのような
強大な指導者はいないけど、ここでは一人一人が守りびと。異邦人でも日本が好きな人はと受け入れる。
…でも侵略者たちを上回る知恵と勇気が試されている。苦難の末に新しい国ができて行く...かもよ。

→ コメントありがとうございます。エデンの園に戻る旅ですね。

==========
でも、創造主は、一人なのでしょうか?

→ 一人ひとりの心の中に答がある。 という風景はいかがでしょう。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (34)