まるぞう備忘録

無題のドキュメント

インド型変異株B.1.617。現在わかっていること。

2021-05-04 09:45:04 | 今日のひとり言

防災カレンダー
4日。新月週間。

大阪府三島郡


大阪府





50代男性が突然死亡。

インドから帰国の男性死亡
検疫後、指定施設で療養中
共同通信 2021/5/3 23:02

 厚生労働省は3日、インドから帰国後、新型コロナウイルス感染が確認され、成田空港の検疫所が指定する施設で療養していた50代男性が死亡したと発表した。男性の居住地や国籍は公表していない。

 厚労省によると、男性は4月26日に成田空港に到着し、入国時は無症状だった。30日に発熱とせきの症状が出たが、翌日に治まった。5月3日午前、部屋で意識不明の状態で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。2日夕時点では体調に問題はなかったという。
https://this.kiji.is/761926534929858560


インドの感染爆発は日本にも波及するか
「ファクターX」はインド型変異株にはきかない?
2021.4.30(金) 池田 信夫
・・・
日本だけではなく、昨年(2020年)までアジアのコロナ感染率はヨーロッパより2桁低かった。

 その原因はアジアに特有の「ファクターX」があるためではないかといわれてきたが、今年3月からインドで感染爆発が起こり、感染者は毎日36万人以上、死者は3000人以上になった。今まで比較的安全だと思われていたアジアで、何が起こっているのだろうか。
・・・
 (ファクターXとして)考えられるのは免疫力の違いである。遺伝的にはヨーロッパ人とアジア人の免疫特性に大きな違いはないが、アジアでは古くから(中国由来の)コロナ型ウイルスの流行が多かったため、コロナ系ウイルスに対する「交差免疫」があるともいわれる。

 アジアにはBCG接種を義務づけている国が多く、結核菌などの呼吸器系疾患に対する「訓練免疫」があるという説もある。ワクチンのような「獲得免疫」がなくても、広い意味の自然免疫でコロナに対応できるため、感染が少ないといわれている。問題はこれから日本でインドのような感染爆発が起こるのかということだ
・・・
 しかし図1に描いた国では3月ごろからワクチン接種が始まっており、それによって(バングラデシュ以外は)感染が増えている。インド国内でも、接種率の高い州ほど感染率が高いという相関は強いが、これが因果関係を意味するわけではない。

 今のところワクチン接種で感染が起こった証拠はないが、ワクチンを接種した人は免疫ができたと安心して活動するとウイルスを拡散しやすい。インドのケースは、ワクチンが決定的な解決策ではないことを示唆している。

 新型コロナウイルスは変異が速いといわれており、全世界でワクチン接種の始まった今年初めから、それに耐性をもつ変異株が増えたと思われる。今まで日本に入ってきた変異株には日本人は強かったが、これからもそうだという保証はない。
・・・
 自然免疫は非特異的に多くの感染症にきくが、免疫作用が弱いので、ウイルス量が多い場合には有効ではない
・・・
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65138


通称インド型変異株と呼ばれるB.1.617について、現在わかっていること。

・記事にある50代男性のように高齢者じゃなくても亡くなるケースは増加するかもしれない。
・記事のケースでは、肺炎重症化の前兆では捕捉できていない。隔離療養中に無症状から突然死。
・肺炎ではない別の疾患で水面下で悪化していると考えられる。(血栓?)

・従来COVID-19はアジア人には感染発症しづらい傾向(ファクターX)があったが、インド型変異株B.1.617はファクターXが効かないかもしれない。
・インド型変異株B.1.617の流行爆発は、インド国内でワクチン摂取が開始された時期や地域と相関がある。(ワクチン接種が変異種の発生拡大と関係?)



肺炎とは異なる重症化へのメカニズム。

 約1年前、ダイアモンドプリンス号の患者を自衛隊中央病院が受け入れた結果、表面は無症状でも肺炎の重症化が密かに進んでいること。それは血中酸素飽和度で測定出来る。ということがわかったのでした。
 しかし新しい変異株ではその経験がまたリセットされたようです。
 どういう過程で重症化し、表面は無症状でも水面下では何が起きているのか。感染ケースが増えるにつれ、これからだんだんわかっていくことでしょう。



体内に侵入するウイルスの数を減らすこと。

 現時点で私たちに出来ることは、インド型変異株B.1.617ウイルスが体内に入っても、自然免疫で対応が出来るレベルまで、ウイルスの数を減らすこと。

 尾美先生は二重マスクが効果がある。(ウレタンマスク一重だけだと弱いです)と仰っていることに加え、(鼻うがいを含む)うがいをすることで、上気道に貼り付いたウイルスを小マメに流すことであろうと思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
なかなか、自分の心の中に神様を感じる事が難しいですが、まるぞうさんのブログの中で気に入った内容は、時々メモ帳にペーストして、後で読み返したりしています。

→ 神様を「崇高で寛容な神様」と定義するのであれば、自分の中にいるのは難しいかもしれませんが、「変化を楽しみたい。何でもかんでも経験したい」と定義するのであれば、誰しも自分の中に神様がいることが感じられるのではないでしょうか。
コメントありがとうございます。

==========
まるぞうさんのおっしゃるように前兆のある場合がほとんどでしょうが、しかし避けがたい運命もあると私は思います。

→ その通りであると思います。特に大勢の人が亡くなる災難の場合は、個人の嗅覚だけでは避けるのが難しいことも多いと思います。
ただ「死を避けることが良いこと」「死から避けられないことが悪いこと」とは一概には言えない。それは私たちはいずれ必ず誰もが死ぬから。重要なのは、必ず来る「死」をどのように迎えるか。であろうと思います。
死を避けようとして一生懸命生き延びる嗅覚を働かせて、そして自分だけでなくできれば一人でも多くの人と一緒に生き延びようとして、それでも今回がその「終わり」の時であるなら、真正面から受け入れたいと思います。
コメントありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (9)