まるぞう備忘録

無題のドキュメント

続・ワクチンを打つリスク。打たないリスク。それぞれの天秤。

2021-04-20 09:00:18 | 今日のひとり言

防災カレンダー
20日。月の最遠から5日後。 上弦。




パターン1

 もし私に医療逼迫地域在住の高齢両親がいたとしたら、COVID-19のワクチンを接種するように言うことでしょう。
 本人たちが感染しないことももちろんですが、万が一COVID-19に感染した場合、医療スタッフへの過度は負担と、他の緊急重症患者への影響を避けるためです。
 ワクチンを受けるリスクより、ワクチンを受けない(社会的含む)リスクが大きいと個人的に判断するからです。
 しかしこの判断は悩ましい。それぞれが自己判断するべきことと思います。



パターン2

 もし私が医療責任者であれば、私はCOVID-19のワクチンの接種を受けることでしょう。
 私が受けないことで他のスタッフ等への指揮に関わるからです。
 私が受けることのリスクより、ワクチンを受けない(職務上含む)リスクが大きいと個人的に判断するからです。
 しかしこの判断は悩ましい。それぞれが自己判断するべきことと思います。
 ただしその場合でも、若いスタッフ(特に女性)にはワクチン接種は強要はしません。



パターン3

 もし私の子供が医療従事者であれば、私はCOVID-19のワクチン接種はしないように助言することでしょう。特に女性であれば。
 一時期職場で白い目で見られることよりも、将来の免疫の疾患のリスクや何より不妊のリスクについて、まだ結論が出ていないから。
 本人及びその次の世代を考えると、現時点では(たとえ医療従事者であったとしても)受けるリスクの方が大きいと思うからです。
 ただし子供と言えどももう成人です。医療従事者としての知識と責任がありますから、私の意見を強要はしません。
 最終的には子供の判断を尊重します。



パターン4

 もし私が基礎疾患を持っていたらどうするか。
 私の住んでいる地域が医療逼迫地域であれば、おそらく接種する判断をするでしょう。自分だけでなく、自分が感染した時の周囲の影響を考えた結果です。
 しかし医療逼迫地域でない場合。その場合はもう少し様子見という判断をすることでしょう。
 ワクチンが身体に与える影響については何年も経たないとわからないでしょうから、その点はまだ見極めはつきません。
 ただ変異種とワクチンの効果の関係については、もう数ヶ月もするとわかってくることがあるかもしれませんから。



パターン5

 60代以下で基礎疾患なしの方。BMI(体重kg ÷ (身長m)2)25以下は、ワクチンは接種するリスクの方が高いので、自分でも接種しませんし家族にもしないように(かなり強く)言うことでしょう。
 特にこれから子供を生む可能性のある世代については(更に結構かなり強く)接種しない方がいいよ。と言うことでしょう。妊娠中の方を含み。
 若い世代で基礎疾患および肥満でない方の重症者は事実上いないといっていい状況です。日本国内ではワクチンは打つだけリスクです。百害あって一利なしとはこのことです。というように。



イベルメクチン追加情報

「イベルメクチン」発見者・大村智博士が訴える「特例承認すべき」 国内でも服用患者は「あっという間に治った」
デイリー新潮 2021/03/14 10:57

「重篤な副作用はないのに…」

そう訴えるのはほかならぬ大村博士で、イベルメクチンについて説明する。(略)
「また重篤な副作用の報告がなく、アフリカでこの薬を配っているのが医師や看護師ではなく、主にボランティアなのも、危険性がないからです。体重50〜60キロの人は3ミリグラムの錠剤を3〜4錠飲めばよく、これだけ少量で効くのもすごいことです」

「効かない」とする論文は見当たらない

(略)「しかし現実には、イベルメクチンは新型コロナに効かない、とする論文が見当たらないというほどです。ペルーでは、イベルメクチンを飲ませた州の死亡率がどんどん下がった一方、飲ませなかったリマ州では下がらず、大統領が交替して飲ませるのをセーブしたら、飲んでいた州でも死亡率が上がってきた、ということも報告されています」」
(略)

23例全てで「あっという間に治った」

 ただ、寺嶋教授は「私が知る範囲では、イベルメクチンを使用している例はわずかしかない」と言うが、実は都内にもある。

「これまで23例でイベルメクチンを使い、みなあっと言う間に治りました」

 と、元東京大学医学部講師、中目黒消化器クリニックの田淵正文院長は言う。

感染を封じ込めたインドでも使用

「イベルメクチンは軽症者から重症者まで効果を発揮するとわかってきて、35の研究を解析すると、早期治療に84%、後期治療に39%、予防に90%の改善が見られました。当局が感染封じ込めを発表したインドでは、当初からイベルメクチンが服用されていました。ペルーやベネズエラ、エジプトなどではすでに国が認可しています。アメリカも少し前までNIH(国立衛生研究所)が使用に反対していたのが、推奨も反対もしない立場に転じ、1週間で5万人に処方できるようになりました。英リバプール大学のアンドリュー・ヒル教授の研究では、イベルメクチン投与群650中の死亡例は14で2・1%、非投与群597中では9・5%でした。ハーバードメディカルスクールなどによれば、投与群704例の致死率は1・4%で、同数の非投与群では8・5%。人工呼吸器装着者にかぎると、7・3%と21・3%と、さらに差が広がっています」

https://news.goo.ne.jp/article/dailyshincho/nation/dailyshincho-713778.html


 インドでは感染が爆発しています。インドで本命視されていたアストラゼネカワクチンが危険となるとさらに広がるかもしれません。
 イベルメクチンで抑えることが出来るのか、それでも(突然変異は)効きにくいのか。これからの動向を観ていきたいです。


事実上日本でも使える?

【衆院予算委】中島克仁議員がイベルメクチンのCOVID-19治療薬の早期承認や、かかりつけ医の制度化を菅総理に提案
立憲民主党 2021年2月17日
・・・
 続いて中島議員は、COVID-19の治療薬として効果が期待されるイベルメクチンについて、「わが国では、疥癬(かいせん)という病気で保険適用になっておりますが、これを適用拡大に向けて治験をしている最中」と紹介。通常のプロセスでは承認までに1年か2年はかかってしまう状況であると説明し、「東京都も治験に協力をする姿勢を示しているのだから、国としても早期に承認できるように治験に最大限のバックアップをすべきだ」と提案しました。田村厚労大臣は、「適用外使用では今も使える。医療機関で飲んで自宅待機の使い方もある」と答弁。菅総理は「日本にとって極めて重要な治療薬と思っていますので、最大限努力させていただきます」と前向きに答えました。
・・・
https://cdp-japan.jp/news/20210217_0758


 なんと現在は国内ではイベルメクチンを事実上COVID-19の治療目的として使うことは可能なようです。
 もしPCR検査陽性と診断された方は、医療機関にイベルメクチンの投与も相談するのも選択肢であると思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
 作家の重松清さんが、いろいろなファクターが重なってこういう事態になった。そのファクターの一つ一つは自分達の中にもあるというコメントをされていて、また、重松さんのファンになりました。

→ どんなファクターも(プラスもマイナスも)自分の中にある。という視点は成熟した視点ですね。コメントありがとうございます。

==========
もちろん無症状なのに陽性になる人もいます。
陽性で無症状の若い人は医療機関に行っても何もしてくれません。

→ 田村厚労大臣の答弁では(希望者には)イベルメクチンを投与をしてくれるそうです。もし本当ならいいこと。イベルメクチンは賛否両論あるけれど、リスクがないなら試さない手はないです。

==========
コレも、ある日突然クルンと裏返って「あの時はめちゃヤバいと思ったけど、枠珍て結局それほど悪くなかったねー。接種しといて良かったよ」なんて事になるといいなと思います。私は当分様子見でのらりくらりと避けますが。注射痛いし~。

→ スイスの状況ありがとうございます。ちなみにスイスはイベルメクチンは一般人が薬局で購入可能でしょうか?

==========
・東部花蓮県でM5超の地震 立て続けに2回/台湾
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8affc13bd322b4fae3077e972c26c63c7b42e26
・宮城で震度3
https://news.yahoo.co.jp/articles/5ac4cb9147cb08294ab0d344a244037d405312b0
・ここ1週間の地震回数 震度3以上の地震が13回
https://news.yahoo.co.jp/articles/83a81273bd34cf60aae9940e2426a5e00fb2608c

→ 情報ありがとうございます。

=========
「日本だけでなく、東アジア~東南アジア(タイ、ベトナム、シンガポール、台湾、香港、韓国など)にも共通した要因」
伝統医学の文化圏ですかね?

→ ベトナムなど東南アジアは納豆を食べますものね。韓国はキムチの乳酸菌発酵。植物性発酵食品という共通点でしょうか。コメントありがとうございます。

数年前のSARSコロナで被害が大きかった東アジア〜東南アジア地域が、今回被害が少なかったのは偶然なのかな〜とも思います。

従来の医学では説明できないことが今回のCOVID-19ではいろいろあるようですが、今回がきっかけにいろいろなことが進めばいいなと思います。

===========
私が日本の勤務先に行き、早く戻してくれとお願いした方が良いと思いますか?
外務省が、政府が帰国を進めても会社が帰国せよと言わないシンクタンク。

どこに働きかけたら帰国できるのか判らない母親です。

→ ご心配お察しします。まず息子さんのお気持ちはどうなのでしょうか。
A 母さん、何心配してんだよ。大丈夫だよ。
B 俺も心配だけど、生活があるから帰れねえんだよ。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (9)