まるぞう備忘録

無題のドキュメント

ワクチンを打つリスク。打たないリスク。それぞれの天秤。

2021-04-19 09:51:08 | 今日のひとり言

防災カレンダー
19日。酉の日(紛争テロ注意)。




アストラゼネカ(ウイルスベクターワクチン)は日本では使われないだろう。

下記動画は興味深い情報でした。

【ぼくらの国会・第143回】青山繁晴×古川俊治「Dr.古川は明言 ワクチンは打て!」
https://youtu.be/dudRTJ9auyk

 動画のゲストに出演されている古川氏の解説は非常にわかりやすいものでした。この古川氏は現役の外科医で、かつ弁護士で、かつ衆議院議員であるということで、どれだけスーパーマンなのかと思います。

 古川氏の説明では、アストラゼネカワクチンを含むウイルスベクター方式のワクチン(ロシア製や中国製など)が、脳に血栓を作るメカニズムがほぼ解明された。
 日本ではたとえ承認されたとしても実際に採用される可能性はかなり低くなった。
 アストラゼネカ製は保管が簡単だったので(マイナス75℃冷蔵庫など不要)インド含む発展途上国で期待されていたが、大きな打撃になるかもしれない。



「免疫の記憶」COVID-19に無症状で感染するのが理想的。

 この古川氏は、ワクチンに期待出来るのは「抗体」以外の「免疫システムの記憶」と仰ってました。これは最近注目されている「自然免疫の記憶」であろうと思います。そして交差免疫など東アジアでの感染率が低い理由の主要な仮説でもあります。
 自然免疫の記憶が有効であるというのは、私も同意です。そしてそれを獲得するにはワクチンを打たなくても同種のウイルスに感染すれば良い。

 そうであるなら、大阪周辺地域も、現在感染者が増加すること自体はのちのちプラスに働く可能性がある。無症状の感染者は多いほど良い。なぜならわざわざワクチンを打たなくても「免疫の記憶」が作られる可能性が高いから。



ワクチンで「集団免疫」を獲得した。

 アストラゼネカが使えないとしたら、ファイザーやモデルナなどのmRNAワクチンはどうなのか。

 国民の半数が接種済みのイスラエルについては、効果は大。このワクチンは発症予防だけでなく感染予防にも効果があることがわかってきた。
 国民の大半がワクチン接種することで、集団免疫が形成される「世界が目指すべきモデル」になっている。というのが古川氏の解説でした。

 しかし一方では
「すでに12歳以下の子供へのワクチンの治験も始まり、学校も再開されるなど、コロナ禍前の日常に戻ろうとする大きな力を感じますが、一方で住民のおよそ半数がワクチン接種済みのミシガン州で変異ウイルスによる感染爆発も深刻化しています。同州ではコロナの感染拡大が始まった昨年3月以降で最も深刻な状況に陥っており、医療体制が崩壊寸前だった1年前よりも状況が悪くなっているといいます。(略)
ミシガン州でも重症患者の多くがワクチン接種をしていない低年齢者であるとも言われています。元の生活に戻りつつある中で在宅勤務から会社勤務に戻り、外食や旅行、娯楽を楽しむ人が増える中、まだしばらくは気を抜かずに感染予防を続けることが重要となっています。(米ロサンゼルスから千歳香奈子。ニッカンスポーツ・コム「ラララ西海岸」)

https://www.nikkansports.com/leisure/column/la/news/202104160000429.html

という兆候も報告され始めています。どちらに転ぶかはまだ様子見です。



やはり重症者は高齢者に多い。

 さて話題に日本国内に戻ります。
 「自然免疫の記憶」を日本社会が集団で獲得するには、無症状の感染者は多い方が良い。ただし例外があります。それは重症化しやすいとされる方々です。
 この方々については、感染して重症化するリスクよりも、事前にワクチンを接種して身体の中に抗体や「自然免疫の記憶」を形成した方が良いでしょう。
 
 ワクチンを打つリスクか、打たないリスクか。少なくとも日本国内の50代以下。基礎疾患のない方については、ワクチンは打つリスクの方が高いでしょう。では高齢者や基礎疾患がある方はどうか。

 東京都と大阪府の重症者の年齢分布です。やはり重症者は70歳以上が多いです。




https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000769244.pdf

 また感染経路も「自宅」と「高齢者福祉施設」が多いようです。


https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000769244.pdf

 そして現在、重症者の病床が逼迫している地域は大阪とその周辺と沖縄です。


https://www.stopcovid19.jp/



ワクチンを打った方がリスクが少ないケース。

 大阪市は先週から高齢者施設の65歳以上の方からワクチン接種を始めています。
・病床が逼迫している地域の
・70歳以上の高齢者
に関しては、ワクチンを接種するリスクとしないリスクは逆転していると考えられます。

 mRNAワクチンのリスクは短期的な副反応ではなく、不妊や長期的な免疫疾患などと思われます。まだこのワクチンが一般の人に打たれて半年もたっていない。

 しかし逼迫地域で高齢者の方がCOVID-19感染で重症になるというのは近々の生命に関わる問題となります。御本人だけでなく、周囲に対しても。
 ですからもし私の両親が逼迫地域の介護施設に入所していたのなら、接種やむなしと判断するでしょう。

 ただし逼迫地域ではない場合は「もう少し様子をみたら」と言うと思います。ただし高齢者でありかつ基礎疾患がある場合は迷うでしょう。

 もう高齢でいずれこの世を離れる時を迎えるのであれば、その時は「COVID-19重症者」以外の形で病院に入って欲しいと思うと思いうからです。医療関係者の方々の負担や他の重症患者の方々のことを考えると。私個人の考え方です。皆様それぞれ賛否両論があるかと思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
新潟大学 岡田正彦教授
https://m.youtube.com/watch?v=WEM2xoyz900

→ お知らせありがとうございます。mRNAは本当に新しい技術であり、健康な若い世代の人々に広範囲にばらまくのは人類としてのリスクは大きいと思います。
ただしCOVID-19のリスクの方が大きい限定された条件下では、選択肢の一つではないかとも思います。

==========
さて、本日は我が家の原っぱ菜園を
再開したので、お知らせします。
日本の国土は優しいです。


→ 美しいです。ありがとうございます。

==========
特に引き上げ時の苦難は私などは想像に及びませんし、当時の混乱の中の切り捨ては満州だけではありませんから軽々しいことは言えませんが、いざという時の最悪想定を、喫緊では北京五輪後あたりに備え、早急に考える必要があるかと。

→ 特に在中の日本人の方々。その方々が務めている企業の責任者経営者の方々。そしてご家族ご親戚の方々は。
少なくとも他人事でなければ良いなと思います。

==========
日本人のファクターxについて
おそらく要因は単一ではなくいくつかの要因が相乗効果を発揮しているのかなと思います(すみません、長い×2です)。

→ コメントありがとうございます。参考になりました。
人口あたりの死亡者数が少ないのは、日本だけでなく、東アジア〜東南アジア(タイ、ベトナム、シンガポール、台湾、香港、韓国など)にも共通した要因はどれだろうか。と思いました。

==========
一つの意見と思っていただけたらですが。ワクチンも怖がりすぎることは無いとは思おうとしてるけれど、この言葉は私のような猜疑心の強い人間には逆効果です。

→ ワクチンを打つリスクと打たないリスクの天秤だと思います。その条件は人によってそれぞれ異なる。
少なくとも日本国内のBMI25以下基礎疾患なし50代以下については、ワクチンを打つリスクの方が高い。
しかし日本国内には、ワクチンを打たない方がリスクが高い方もいらっしゃると思います。

==========
私の周囲でも受けるという人と受けたくないという人と二つに分かれています。ネットを見る人とそうじゃない人、現実が二つに引き裂かれてゆくようです。

→ 打つ打たないのゼロイチではなく、自分はどちらのリスクが高いか。をそれぞれの自己責任で判断するものであると思います。
少なくとも現時点では。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (7)