まるぞう備忘録

無題のドキュメント

ひょっとしたらワクチンに対して誤解しているかもということ。2点。

2021-04-16 09:35:15 | 今日のひとり言

防災カレンダー
東京都千代田区




神奈川県三浦市
upedia/20210416/




感染者数は減らないのです。

全米の半数の州でCOVID感染者が増加。人口の約50%がワクチンを接種しているにもかかわらず、先週は約50万人がウイルスに感染し、2月以来の高い割合となった
米国では、毎週のコロナウイルス新規感染者数が先週の453,116人から今週の498,637人へと10%増加した
COVID-19に関連した週間死亡者数が、前週の5,527人から今週は6,910人と25%増加した
火曜日に米国で77,878件の新規感染者を記録し、7日間の平均値は71,234件となり、2月26日以来の高水準となった
全米の半数の州で感染者数の増加が報告されており、北東部と中西部での増加率が最も高かった。
ペンシルバニア州では、火曜日に新たに6,000人以上のCOVID-19感染者が発生し、1日の感染者数としては1月以来最高となった。
ミシガン州では、1日の感染者数が8,867人となり、11月20日に記録した9,779人に次いで2番目に多い数となりました。
DailyMail.comの分析によると、感染者数が増加している州の大部分は、B.1.1.7と呼ばれる英国の亜種の感染率が高いことが分かっています。
https://www.dailymail.co.uk/health/article-9470451/Weekly-coronavirus-cases-nearing-500-000-cases-rise-27-states.html


 多分世界の人々の大多数が誤解していると思われます。
 COVID-19のワクチンは、感染を防ぐものではありません。感染した時の発症(重症化)を防ぐ効果がある。というものです。
 いくらワクチンを打っても、マスクせずに飛沫接触すればウイルスが体内に入るのは同じ。感染しても本人は無症状かもしれないけれど、周囲に感染力を持つのもおそらく変わらないでしょう。
 アメリカで感染者数が増えているのは、一つには変異種などでワクチンが効きづらいウイルスに変わってきている可能性もありますが、そもそもワクチンを打った人たちが、「俺は大丈夫だ」とマスクせずに自分の飛沫で周囲に広げている可能性もあるわけです。

 ワクチンが感染を防ぐのではなく発症を防ぐものだ。というのであれば、そもそも今の日本人でも50代以下の人、肥満ではない方、基礎疾患のない方のほとんどがそうではないか。と思われるかもしれません。感染はするかもしれないが症状が出ないもしくは悪化しない。
 高齢者、肥満の方、基礎疾患の方。そして仕事上やむにやまれない方。これらを除き、一般の日本人は接種する必要があるのか。国産ウイルスを待つことは出来ないのか。と思います。

 しかし逆に、今輸入されているワクチンでも高齢者は基礎疾患のある方に安全であることがわかってくれば、そういう方たちが接種して頂くことは、意味があることであると思います。感染しても重症化しない保険として。



感染対策は従来どおり必要。

 さてアメリカのケースに戻ります。ワクチンを接種した人が50%となった。彼らは重症にはなりにくくはなっていますが、感染しないわけではない。逆にマスクもせずに外出することで、スプレッダーになっているかもしれない。
 ということは、ワクチンを打っても、以前のように三密飛沫の場所に戻って良い。ということにはならなさそうです。

 多くの人は皆がワクチンを打てば、以前の生活に戻れる。そのように考えているのではないでしょうか。しかし感染拡大を防ぐのであれば、ワクチンを打った人であれ、打たない人であれ、今までのように、手洗いうがいマスクで三密を避ける。黙食励行は変わりません。



流行し続けている限り接種はずっと必要。

 そして多くの人の勘違いのもう一つは、一度ワクチンを打つとずっと大丈夫ということではない。ということです。
 インフルエンザのワクチンなど毎年打っている方も多いことでしょう。それはインフルエンザウイルスはとても変異しやすいため、1年たつともう昨年のワクチンが効かないことが多いからです。

 COVID-19のウイルスもインフルエンザウイルスと同じ。変異しやすい一本鎖RNAウイルスです。COVID-19ワクチンについても、インフルエンザワクチンのように毎年打たなければならない。そういう可能性は充分あるということです。

 今年は国産ウイルスが間に合いませんでしたが、来年以降については、国産の従来の方法で作られたワクチンが人々に使われますように。
 mRNAワクチンは不妊の可能性があると、元ファイザー副社長が述べています。やはりそういう可能性のワクチンを若い世代の人が毎年打つという状況は避けたい。そのように思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
免疫力・・・・・・。
昔、お世話になった漢方医の方が「この病気(わたしの事・自分の免疫が自分の体を攻撃してしまう)はがんばり屋で生真面目な方が多いのですよ。」とお話してくださいました。心と体は繋がっていますね。「自分に優しく・・。」を心がけています。心がけていないと、長年の心の癖が出てしまうから・・・。

→ 身体の不調というのは、健康の大難を身体が「一生懸命小難に昇華してくれている経緯」というケースもあるのでは。と個人的には思っています。野口晴哉さんの「風邪の効用」という話は個人的にとてもしっくりいくのです。

だから「身体の病気=悪」ではなく、身体の歪を一生懸命昇華している作用。と思うと、病気もまた「身体が一生懸命昇華してくれている課程」愛おしいのではないでしょうか。
という私個人の心の風景です。


「大丈夫、瘴気は出していません」「毒を出さぬ?たしかにここの空気は正常だが…なぜだ。猛毒のヒソクサリが花を出している」

==========
不思議の海のナディアの追加なんですが、舞台は違うけれど、日本神話の国譲りの物語の感じもなんとなくある気がします。

→ 残念ながら観たことはないです。私が人生の中でアニメを観なかった年代でした。

==========
宇宙人
https://www.huffingtonpost.jp/entry/kakushigoto_jp_605d9282c5b67ad3871e6688

>ウェブ漫画『両親のかくしごと』場外ホームラン級の展開にビックリ。
発想の源は「シミュレーション仮説」だった。

→ 面白いお話でした。お知らせくださりありがとうございます。

==========
https://www.youtube.com/watch?v=LP8VZShBdM8
ウルトラマンティガのすべて。
30分ほどありますが、要は一番最後、映画版の予告編です。

→ 情報ありがとうございます。観てみますね。

==========
悪を包み込むキャラ達
ハウルの城のソフィー・・自分を老婆に変えた荒地の魔女が力を失い、ソフィーに取り縋るようについて来ると、なんとなく一緒に暮らして面倒を見るようになる。また危機を起こしかけたとき「おばあちゃん、お願い」といって抱きしめて、モト魔女は降参しちゃう。この時の「仕方ないね」の魔女の諦めセリフがめちゃくちゃ好きです。
千と千尋・・散々暴れて大迷惑かけまくったカオナシ、力を無くしてからは千尋についていき、千尋も追い払わないで「お前も来る?」と言って電車の切符を割り当てる・・・これで千尋が帰れる切符は無くなったのに。
こういう展開って西洋社会のアニメにはありえない。これらの宮崎アニメは何度も観ました。観ると忘れていたものを思い出すような感じです。暖かい日本の肝っ玉アニメ大好き?

→ 日本の文化には「絶対的な悪」っていないんですよね。多分、人類に次の文明が残せるとしたら、この日本的な宇宙観が要になるんじゃないかしらん。と思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (17)