まるぞう備忘録

無題のドキュメント

良か良か。ヨガ。良か。

2021-04-03 10:51:29 | 今日のひとり言

防災カレンダー
3日。辛の重なり日。




硬い身体を柔らかくが良いみたい。

 もう在宅勤務になって1年立ちます。1日1回は駅前スーパーまで買い物に行くようにしていますが、それ以外はほとんど座ってパソコンの前で仕事をしています。

 最近腰痛が。ということで動画のヨガを数日前から始めましたが、これがすこぶる調子が良いのです。
 といってもヨガの動画は無数にあるので、毎日順番にいろいろ試しているところです。
「これは効く〜」というのもあれば、「これは??」というのもあります。

 そもそもヨガに向いている人と向いていない人がいるようです。
 またその中でも自分に効くポーズとそれほどでもないポーズも。
 そしてヨガの先生も自分と相性があうとかあわないなど。

 ですから、ここで「このヨガの動画がオススメですよ〜」と推薦できるものはないのです。が、興味がある人はヨガ動画を試してみることをお勧めします。


1,ゆっくり

 ヨガ動画の良いところは、先生のペースと合わせるので、本来のゆっくりしたペースを実践できるということ。
 これがサイトや本で自分流でやると、ああ、わかったわかった。とチャッチャカやっちゃうところ。実はゆ〜っくり伸ばして保持するところに意味があるのですな。

 じわ〜っと効く効く〜。という感じのペースが良いです。



2,柔らか

 そうそう。私も子供の頃は身体が柔らかだったんです。大人になっても人よりはずっと柔らかかったのに。いつの間にかコチコチ。
 ええ?こんなポーズも苦しくなってるの?と驚きます。

 でも身体の柔らかさは年齢とは毎日伸ばしていくと、またもとに戻っていく。だからいいですね。


3,本来の年相応

 アンチエイジングいつまでも若々しくというのは、気持ちはわかりますが、不自然に若々しく保ちたいというのも執着で、それはそれで辛いなと思います。

 人の身体は自然に年をとっていくものなのです。年相応が一番自然。但しただ〜し。私の仮説では本来の人の肉体の寿命は120歳くらい。もう100歳くらいまでは現役大丈夫。そういうように細胞は設計されている。はず。

 身体を柔らかく保つというのは、本来の身体の年齢に戻すということに繋がるであろう(仮説)。うむ。
 今の70代は若いです。昭和の50代くらい。でもこれからは100歳でも今の70代くらい(昭和の50代くらい)になるでしょう(仮説)。
 もし私達の身体が柔らかく保たれていれば。です。

 内蔵のどこかに負担があると、それをかばうために身体のどこかが歪んで硬くなる。ヨガのポーズはそれをゆっくり静かにほぐす。そのほぐしは、内蔵の負担もほぐす。という逆流効果。


4,心も柔らかく

 そうそう。そして身体の柔らかさと心の柔らかさも関係がある。
 心が硬くなるとその緊張感を緩和するために、身体の一部が硬くなる。こわばる。
 でも逆にゆっくり静かにそのこわばりをほぐすと、心の緊張感もほぐれる。という逆流効果。

 ゆっくり静かに自分の身体のこわばりをほどいていくと、ああ、自分の身体だ〜。と思い出します。本来私が大好きだった自分自身がここにいる。と思い出します。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
心と身体を柔らかく、しなやかにですね。

→ イエース。がんばりましょ〜。オー!!

==========
今日から、まど★マギ
なんと!2021年4月2日の夜11時からBS朝日で「魔法少女まどか★マギカ」の放送があります!
記事で紹介されていて気になっていたのでうれしいです~♪

→ お知らせありがとうございます。311の年。暗黒政治時代(失礼)に世の中に出ていたと思うと感慨深いです。

あの時日本は大きな犠牲を払ったけれど、でも日本を取り戻しつつある。
そして今度は世界全体で試されている時代に突入。という空想歴史小説です。

==========
この世でのお役目を終えて、
天国に行った時に、
担当の神様から、
人知れず良い事をしたかい?
自分の人生を楽しんだかい?
という御決まりのの質問に、
大きくイエス!と答えたいです。
そして、神様から、
お!ひとまわり大きくなったな!と言われるように、残り少ない人生をよーく考えて生きたいと思いました。

→ コメントありがとうございます。
その視点で人生を観ると、逆転しますとかとか。
みんなが欲しがっているものが、どうでもいいことだったり、
あれほど避けたかったことが、実は大切なことだったり。

==========
私は感情的情緒的人間なので、まるぞうさんの理路整然として、あまり感情を見せない文章には時々イラッとしますが(笑)、その文章の端々から漏れてくるものがあってね、それが結構面白かったりする。意地悪なんですよ私(笑)。

→ うしし。。。

==========
老親の介護について
シルバー様、義母様のこと色々と悩ましいこととお察しいたします。

私は、老人医療に携わっておりますが、私がシルバー様のご家族の担当者であったら、在宅介護はお勧めしません。共働きで小さいお子様がおられ、かつ要介護度の高い方(おそらく、要介護4,5では?)を自宅で介護するのは、かなりの労力、精神力を要します。
たとえ、ふんだんに介護サービスを利用したとしても、自宅での排泄の介護は必須です。下の世話にさほど抵抗がない方もいますが、嫌悪感の強い方にそれを強いるのは難しいでしょう。
中には、在宅介護は辛いと思っておられても、経済的な面で施設へ入所できず、泣く泣く在宅介護をしておられるご家庭もありますが、幸いなことに、シルバー様は、ご主人様も納得されておられるのでしたら、問題はないと思います。
罪悪感を感じておられるのでしょうが、ここで無理に引き取っても、私には、平穏な家庭像が思い浮かびません。
今の少し離れた状態で、できる範囲のことをしてさしあげればいいのではないでしょうか?電話や対面時に泣かれたり大変でしょうが、これも時間限定のことですから、乗り越えていかれることをお祈り申し上げます。
もし、状況が変わって、心の余裕ができることがあれば、その際は、専門家に相談の上、在宅介護を考えてみてください。

→ 貴重なコメントありがとうございます。
質問された方含めて、私達読者で参考になった方はたくさんいらっしゃると思います。

==========
でも、はたから見るとトンチンカンなこと言ってるなと思えたり、誤解されやすい所はあるでしょうけど純粋で一生懸命で弱者に寄り添う正義感もある方だとは思います。

→ そうそう。私も同意いたします。
この方のコメントは、本当に的を射ていると思いました。とても励まされました。ありがとうございます。

==========
ところでヨガの動画、便秘で悩む私に、とても参考になりました。ありがとうございました

→ ヨカヨカ。(^^)

==========
10年以上になりますかね、まるぞうさんと読者の関係は
ある意味私もその他長い読者さんストーカーでしょうか

→ 長い期間愛読されている方や、私のプライベートを質問されるからストーカーではありません。お役に立つことなら、両親のことでも喜んでお話します。そこが問題なのではありません。

私がこわいといったのは、作り笑顔の下の。

==========
専門家に相談するのって、最初は躊躇するかもしれないですが、勇気を持って最初の一歩を踏み出すひとが増えてくれる事を願っています。

→ 貴重なコメントありがとうございます。宝を積んでいる人生とは、その最中はいろいろ(きびしいことなど)あると思いますが。ありがとうございます。

==========
話は変わりますが、自分的に昨日から、世の中の空気がまた変わったような気がしています。

→ 確かに・・・コメントありがとうございます。

==========
他の読者の方々の方が、
大きく成長されているコメントが多く感じました。

→ 本当に。ありがとうございます。

==========
心の中の言葉は耳がいたい。でも、腹くくると、すっと通るみたいな経験をしました。何となく、良い感じです。コメントのお返事にも、クスッとします。

→ ありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

==========
今は以前より穏やかですが、これでよいのか?一生後悔するのでは?と思っておりました。
魂の成長を学ぶものとして、正しくうけとめれたのかなと…。

→ お気持ちはわかります。ただ現実的にはご主人の判断が最善であるように思います。私も自分たちがその立場に置かれたら、ご主人と同じ判断をすると思います。大丈夫。

==========
「そういえば昔はわたし身体柔らかかったな」と思いました。
子供たちが寝たので動画観ながらヨガやってみました。
少しのストレッチはしていたのですが、
ヨガは、こんなにゆっくりやるんですね。
久しぶりに自分の身体をいたわった気がします。

→ 身体にまた柔らかさを思い出させてあげたいです。

==========
しかし最近「半分こ」の感覚は少しだけ身に付いてきたようで、内面のシーソーとなんとかうまく関われるように、なれたかな。
嫌な相手でも私のかんちがいかもしれない、朝が来れば心は動いてるかも。明日の朝はこちらから挨拶してみよう、そして昨日はごめんねを言おう。

→ コメントありがとうございます。

==========
自分から発したものは、必ず自分に帰る。

→ ありがとうございます。まさに。

==========




おまけ2
読者の方から教えて頂きました。私は実際にこのように極端な人は遭ったありません。が、広い世の中、そういう方もいるということなのでしょうか。

エナジーバンパイアの9つの特徴
1.見下してくるタイプ
2.脅してくるタイプ
3.否定してくるタイプ
4.目立ちたがり屋タイプ
5.悲劇のヒロインタイプ
6.人をこき使うタイプ
7.正論で言いくるめるタイプ
8.引きこもりタイプ
9.小悪魔タイプ

エネルギーを奪う目的
エナジーバンパイアはその名の通り、エネルギーを奪いたくて、奪いたくて仕方がないのです。
なぜなら、エナジーバンパイア自身がエネルギー切れになっているからです。何らかの事情で自分にエネルギーや元気がなくて、自分ではどうすることもできないので、相手から奪うという形でエネルギーを充電しようとします。

エナジーバンパイア診断:13のチェックリスト
□ 自己主張が強い
□ 承認欲求が強い
□ 愚痴が多い
□ 相手を利用する
□ 被害妄想が激しい
□ 気を引こうとする
□ 人が嫌がることをする
□ ネガティブ思考
□ 注目を集めようとする
□ 正論で打ち負かそうとする
□ 相手の上に立とうとする
□ 相手を脅す、あおる
□ 同情を誘う
https://odamasayoshi.com/communication/energy-vampire/




おまけ3
「耳の痛い話しこそ重要な羅針盤だ」という仮説のもと、批判的なコメントも歓迎して掲載して来ました。
しかしそろそろ「パラサイト投稿」を発生させないようにした方が良い時期に来たように思います。

たとえば自分の母国を称賛するブログを書いている人がいたとします。しかしその人が称賛記事をアップするとすぐに日本を貶めるコメントをする人がいるとします。
それは日本を貶めるのが目的の人です。パラサイトブロガー。
その人は自分で「貶めブログ」を書いても、集客するのは大変です。ではどうするか。寄生するのが一番効率がいいのです。

そのために日本について称賛するブログを探し出します。そこにはもう自分が集客しなくても「日本大好き」という読者がたくさん集まっています。しめしめ。
そしてそのブロブ主が日本称賛記事を投稿すると、すぐに否定批判コメントを投稿します。
日本称賛記事を上書き否定して、そして多くの日本大好き読者に否定を伝播させる。
自分ではブログを作らず、他人のブログのコメント欄を利用して、自分の意見を伝播させる。パラサイトブロガー。頭いいね。

私のブログでは幸いにもそういう人はおりませんが、まるぞうのように脇が甘いとそのうち寄生されちゃうよ。と忠告されました。ありがとうございます。

パラサイトブロガーの特徴は、
・何でも反対なわけではなく自分が狙う話題に絞られる
・他の読者が読む前。可能であれば1番めの投稿ポジションを狙う
・読者の感情を揺さぶるような強い否定の表現
ということのようです。そして「多くの読者の感情を巻き込む」ほど上書きが効果的なんだそうです。ふうむ。

ですので、今後「もし」このメモ置き場ブログでも、そのような
・コメント欄をコントロールする意図
が感じられるコメントがあったならば、非掲載といたします。もちろんパラサイトされても大丈夫なツワモノ読者も多いですが、そうでない方もやはりいらっしゃいますので。

ですが、そうくコメントは読者に公開はしないだけで、きちんと読みます。耳の痛い批判は大歓迎です。
だから「まるぞうそこは違うだろ。というご批判意見は、今まで以上びしばしお送りください。
そもそもコメント欄のコントロール意図のない(=パラサイト投稿ではない)単なる批判コメントは、従来どおり公開いたします。大丈夫。

今後あるかもしれないパラサイトかどうかの判断は、あくまで私の主観です。個人の私的なメモ置き場なので。あしからず。すみません。

以上よろしくお願いいたします。



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (53)