まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

逆転人生。表面は挫折に見えること。実は近道。

2021-02-20 09:54:55 | 今日のひとり言

一流シェフがファミレスのバイトに。

 今週放送されたNHKの「逆転人生〜どん底からはい上がった人々の、真実の物語」は一つ星イタリアンレストランのシェフのお話でした。
 腕は一流でしたが店内ではパワハラ店主でした。本人は自分も通ってきた道。より良いお店にするため。という気持ちからでしたが、パワハラ指導のため店内はギスギス。その空気がお客にも伝わって業績は落ちる一方でした。

 そこでこの店主は副業でサイゼリアにバイトに行くことに。そこは自分のお店とは正反対。一つのチームとしてまとまってお客様によりよいサービスという職場でした。

 やはり自分はやり方を変えなければならない。
 シェフは180度方針を変えることに。働いている人たちを信頼し尊重することで、お店が立ち直っていったというお話でした。



演出はアレだけど、取り上げられる人たちは本物。


(村山氏のTwitterより)

https://www.nhk.jp/p/gyakuten-j/ts/JYL878GRKG/episode/te/6GPR9Z4L5Y/

 この番組はスタジオの司会進行が残念なのが難です。それでも今回のように取り上げられる人たちの逆転話は興味深いものが多いのです。

 今回のこの番組もNHKは「コロナ禍」「副業」というはやりのキーワードで話をまとめようとしてましたが、もうそういう演出も不要だからさ。せっかく本当に良いお話なんだから、もっとその人と周囲の人に焦点を当てて。それからスタジオで無理に笑いをとるコメントなんかも不要だから。と思いはしますが、それでもこのシェフの方は凄いなと思いました。



正しい方向に舵を切るとき「挫折」という洗礼。

 普通このパターンだと、お店を潰すまで突き進むことでしょう。
 しかしこのシェフさんは、サイゼリアにバイトに行くことを決意しました。いくつかの理由はあったでしょうが、きっとシェフさんの心の奥底C層からの「やり方を変えないとだめ」という警告を受け取っていたんだな。と思います。

・一流レストランとは正反対のファミレスで。
・オーナーシェフとは正反対の一介のバイトで。

 お店が潰れる前に、まだやり直しが利くギリギリのタイミングで、その選択が出来たシェフが凄いと思います。多くの人はそこでC層の警告を受け止めることが出来ず失敗に突入してしまうのですから。

そこでシェフが学んだこと。
・必ずしも自分が正しいとは限らないこと。
・働いてもらっている人を信頼して尊重すること。

 これがずっと彼のC層が彼に発信していた警告でありました。そして彼はサイゼリア副業という選択をし、その警告に自力で辿り着いたのでした。
 本人は「漠然となんとなく」という選択であったかもしれませんが、心の底では「ココです」指し示しているポイントがあったのでした。



心の奥底の本当の自分自身からのメッセージ。

 やはりこういうお話を聞くと、人がC層の警告を受け止めて方向修正する時。表面上は挫折という洗礼をくぐる。そういうことが多いのだと思います。



 人生には塞翁が馬ということは良く起きます。その典型的なパターンの一つは、人がC層の警告を受け止めて方向転換する時。表面上は(そして本人は)挫折と呼ばれる洗礼がきっかけであることが多いから。そういうお話でした。ちゃんちゃん。



おまけ
大衆の思考停止させて操縦するテクニック。今の旬はポリコレ。





おまけ2(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
やってしまいました。スマホ操作中に来たメッセージの電話番号にクリックしてしまい、電話をかける状態になったので慌てて切ったのですが、電話番号検索したところいつもネットで利用している所の名前…折り返しの電話に出てしまい個人情報名前、生年月日を伝えてしまいました。
今日支払いをしないと裁判所へ通知、電話も直ぐに使用停止と捲し立てられついつい情報伝えてしまいました。コンビニで払ってくれとの事で、どうやって払うのかと聞くと話の途中で喋るのはおかしいと言われ、フッと正気に返りもう一度ゆっくり説明してと言うと電話停止と裁判所に通知すると何度か言って来たが、もう一度名前を聞くと電話切られました。何で個人情報言ってしまったのか、慌ていたとは言え情け無い。NTT ファイナンスを名乗っていたので、NTT の方へ連絡したら、案の定NTTでは無いと。また電話して来るかもしれないが、無視してください。何かあれば消費者センターへ…と。

→ 情報ありがとうございます。
読者皆様。今はメールだけでなくショートメッセージのリンクが詐欺の手口の主流となっています。

私はショートメッセージは
・2段階認証のパスワードの受信。
・本当に親しい数人の友人。
だけ使っています。

上記の2つ以外の業者からのショートメッセージは詐欺だろうという前提で無視する。少なくとも絶対にリンクは押さない。リンクを押したら、この方のように個人情報が抜き取られる。という覚悟でちょうど良いと思います。
よろしくお願いいたします。

==========
うちの奥様には言い過ぎたこともあったこともあり、それを謝罪の上、自分の気持ちとして心配だった点、お伝え致しました。
また行くにせよ、行かないにせよ、どちらでも任せるが行く場合は感染対策をしっかりとして行くこと、あなたを信じてる旨話しましたら和解ができました。
信頼という言葉が良かったようです。

→ 末永く良いご夫婦で!

==========
かなり皮膚も裂けて全体的に青くなっていたので、骨だけでなく筋やら何やらの心配があるから救急車を呼んだ方が良いと2回目に言ったのですが、

→ もし私なら2回言ってその言葉が相手に届かなかったら、3回目は自分の携帯で自分の責任で救急車を呼ぶと思います。おせっかいおじさんなのです。

救急車を呼んだ方がいいかもしれない。呼ばなくても大丈夫な怪我かもしれない。でも少なくとも周囲が混乱して船頭多くして船山に登る状態ならば、救急車を呼べきと私もそのように判断すると思います。

==========
去年の夏はあまりにも暑く、そんな中分別作業のゴミ収集車の方には感謝しか浮かびませんでした。我が家の賃貸は自治会等もなく野放図状態の燃えないゴミの日を繰り返していました。コロナがあって、猛暑があって、ゴミ収集車の方も心が荒むだろうなぁと、、、うちのゴミ置き場だけマナーが行き届いていないことが気がかりでした。いつぞやのまるぞうさんの週一神社ゴミ回収の記事もよぎって。。。自分が瓶と缶、分別をすればいいや!と9月くらいから始めて今にいたります。不思議なことに早朝トップバッターで、制すると次の方も同じように綺麗に分別してくださいます。
プライバシーがあるので、極端な行き過ぎた事はしていませんが、通学路で子供も見るしやっぱり時々やろう!と思います。

→ ありがとうございます。良いおせっかいは社会の潤滑油です。日本の社会が清潔で治安が良いのは、潤滑油がきちんと回っているからだと思います。
(あと私がゴミ拾いをしていたのは月1回のお参りの時だけです。その後引っ越しましたので、今の氏神神社は周囲もきれいなのでゴミ拾いはしておりませんです。^^;)

==========
・BS1スペシャル「国産ワクチンを開発せよ!~東大・河岡ラボ 300日の記録」BS1午後3:00~3:50
たまたま見た方の感想を読んだら気になったので見てみようと思います→今年3月から国産の生ワクチンの治験が始まるそうです。原型ウイルスの培養を続け、世代を重ねることにより突然できた弱毒化したコロナウィルスが見つかったので、ワクチン用に活用できるそうです。弱毒化した生のウイルスワクチンなので、副反応が起きにくいであろうことと、安価で量産できること、今後の変異ウイルスに対しても直ぐに対応できる方法だそうです。

→ 良い情報ありがとうございます。。私もRNAワクチンではなく、この弱毒化ウイルスなら受けてみたいです。(っていうかこの1年半で何回か感染してた気がしますが。)

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (15)