まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

コップの水が半分。

2021-02-15 09:32:09 | 今日のひとり言

防災カレンダー
宮城県蔵王町(地震当日の立つ雲)。
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/15/091936#20

福島県いわき市(立つ雲)。
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/15/091936#20

茨城県水戸市


神奈川県三浦市


新潟県中越地方。
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/02/15/091936#20




引き続き要注意。

 本日爆弾低気圧と呼ばれる豪雨や防風が日本列島を通過する予定です。先日震度6強の地震があった地域も防風雨。土砂災害などの警戒が必要。
 大雨の時は地震が起きにくいという経験則もありますが、台風が過ぎたあとに地震が起こりやすいというデータもあり、揺れた地域の方々は、これまでと同じ様に想定と備えを引き続き行って頂きたいと思います。



マスコミを信じる人の幸福度が低い理由。

 コップに入っている半分の水。「半分しかない」と見る人もいれば「半分も入っている」と見る人もおります。

 マスコミはいつも「足りない」面を強調するのがお仕事のようです。たとえ99%の水が入っていても「1%も足りません」と報道することがお仕事なのでしょう。

「日本だけ異様に高い信頼度」マスコミを盲信する人ほど幸福度は低い
本川 裕 統計探偵/統計データ分析家 2021年02月13日
・・・
ちなみに、「マスコミへの信頼度が高い人ほど幸福感が薄い」という意識調査結果もある(内閣府「生活の質に関する調査」)。報道機関を「信頼している人」の幸福度があまり高くなく、また「信頼していない人」の幸福度が比較的高いという結果だが、これは社会のマイナス面の指摘に偏りがちなマスコミの報道が、自分たちの社会に対する暗い見方を必要以上に増幅するという副産物を生んでためと見られている。ということは、今後さらにマスコミ離れ現象が起きたとしても、それは必ずしも悪いこととは言えないかもしれない。

https://blogos.com/article/516660/?p=2


 毎日一生懸命テレビのニュースや新聞を読んで信じている人ほど、毎日社会のネガティブな面だけ信じ込まされて、人生の幸福度を下げているというのはお気の毒なことです。

 皆が浮かれている時は警鐘を鳴らす役割は大切ですが、皆が不安に思っている時は逆に「塞翁が馬」のニュースも示して欲しいなと思います。

 311から10年目を迎えて、被災地で再び大きな地震があったことはショックなことです。被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。
 しかし幸いにも犠牲者は出なかった。そして、これからやはり大きな地震が来るかもしれない。油断せずに防災の準備を今一度確認しよう。日本中にそういうきっかけを与えてくれたという点は、塞翁が馬となる要素であるな。と思います。静かに観させて頂きたいと思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
その三拍子は崇高な感じすらしますね。特に最後の破壊というのは一番難しい気がします。バイトでも仕事でも辞め方が一番難しいし、神経を使います。何にも感じない人にとってはどうってことないのかな。私は最後のステップが最も苦手で、分かっていても行動ができないままでいると、時には乱暴というか、そうせざるをえないような状況に動いて行って、結果として破壊して次へ、ということをよく経験してきました。何かが至らない、足りないのかもしれませんね。万事丸くおさめながら破壊するって、あるんでしょうか?長い目で見ればあれは必然だったと気づくものなんでしょうか?どちらにしても、人間の狭い視野や短い人生の中だけで判断するのは難しいです。

→ コメントありがとうございます。身を守るための緊急避難退職の例を別にするならば、一般的に辞める時に揉めるのは「本当はまだそこで解決しなければならない問題が残っているからだ」ということもあるようです。

もし辞めて次の職場でも同じ様なトラブルが発生したのなら「やはりまだ卒業出来ていない追試だ」ということです。しかし次以降の職場で問題が起きないのであれば「あそこは辞めて正解。緊急避難退職は正解」だったのではないかな〜。と思います。

また別の視点として。陰と陽の仮説の視点では「与えること」「手放すこと」を実践していると「負の因子の借金」は少ないので、破壊は起こりにくい。起きても小難で済む。

人生の繁栄を誇る時、一般的に負の因子(慢心や奢り)も一緒に蓄積されるのです。それが揺れ戻す時に「破壊」と呼ばれます。だから「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ということは、繁栄を細く永く維持する秘訣であります。劇的な破壊のステージを迎えるのではなく、日々の生活の中で、質素謙虚さという形で、日々溜まり始める破滅の因子を小出しに昇華するということです。

==========
ありがとうございます。両親にも苦労があったのだと思いたいです。たまに湧いてくるどうしようもない感情を、ああまた鬱々悶々してるな~と静かに自分を観察します。
親を尊敬したかった親孝行のできる優しい人になりたかったです。

→ ありがとうございます。

==========
亡くなった父は飲むと庭で寝てしまう程(母、私、弟で何度も家中に運びました)のお酒好きでしたが、夜明けには必ず起きて仕事をしていましたね。「勉強しろ」と言われたことも無く、飲み屋で知り合った方をいきなり家に連れてくるような面白い人でした。

→ コメントありがとうございます。

==========
「無言の美しさ」と言うのでしょうか。出逢えた時は、ハっとしながらも心地よい優しさに包まれる感覚があるよう気がします。

→ 同意いたします。ありがとうございます。

==========
私はパチンコはしませんが、
携帯で無料のゲームをしてます。
主人とのことで、とにかく眠れず
そして、心を緩めたくて。と。思ってました。
でも、CさんやBさんの声を聞きたくないための
反応かしら?なんて思い当たりました。
すこし、辛いけど、声、聞いてみようかなと思いました。
まだまだ生きる予定(笑)なので、がんばります。

→ コメントありがとうございます。BさんやCさん。最初は耳は痛いように感じるかもしれませんが、でもメッセージの根底は静かな暖かい愛情です。大丈夫。よろしくお願いいたします。

==========
心に秘めた計画があるときは
本当に事前に人に話すとうまくいか無いんだということを確信しました。
自分の場合言ってもいいのはかみさんまでで
実家の両親にでさえ言ってはいけないようです。

→ 嫉妬心ということもありますが、そもそも生きている人の意識が観ているだけで、起こりにくい。と思います。
だから逆に起きて欲しくないことは、多くの人が観ているようにする。起きて欲しいことは自分の胸に秘める。などのコツが人生にはあると思います。

周囲の協力を得るケースなどは、言葉にして周囲に公表することは役に立ちます。が、それでも全ては明かさないで、大切な部分は内に秘めておくのが良い。というのが私の人生経験です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (10)