まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

イベルメクチンについての私的メモ。

2021-01-27 11:14:01 | 今日のひとり言

防災カレンダー
岐阜県西濃地方(岐阜市〜瑞穂市〜養老上空 活断層地域)


鳥取県東部(彩雲)





イベルメクチン、都立病院で治験 コロナで東京都検討
日経新聞 2021年1月26日

東京都が抗寄生虫薬「イベルメクチン」の新型コロナウイルスに対する治療効果を調べる治験を、都立・公社病院で実施する方向で検討していることが26日、わかった。治験は軽症者などが対象。都立・公社病院に現在入院している患者は中等症や重症が多いため、感染状況が落ち着くのを待って治験に協力する規模や期間など詳細を詰める。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG265GE0W1A120C2000000


 ようやくという感じです。イベルメクチンは試験管実験ではCOVID-19に効果がありそう。と言われながら、臨床試験数が少ないため、なかなか決定的なデータがまだ出揃っていないようです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4939e4329f7e8a7853526489b0c4b0802a88d789

 治験はいつ開始されるかまだ決定していないようですが。もし今後、私がCOVID-19で陽で自宅待機になったら、都立・公社病院にイベルメクチンの治験希望と伝えてみたいと思います。

 イベルメクチンは残念ながら処方箋がないと薬局で購入できない薬なので、公の機関で「イベルメクチン治験」を進めて頂くのを待つばかりです。東京都以外の自治体でも進めばいいなと思います。



ペットの話。

 話は変わりますがペット用のイベルメクチンも世の中に存在しますが、もちろんこれも獣医さんの処方箋が必要です。フィラリアの予防薬ですので、犬や猫をお飼いの方は「予防薬」として獣医さんに処方してもらうことは出来ます。しかしあくまでもペット用です。

 ペット用のイベルメクチンは通販で個人輸入が出来るようです。かかりつけの獣医さんがいない飼い主さんなどが使うのでしょうか。
https://www.petkusuri.com/categories/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BA%88%E9%98%B2/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%AF
 商品名は「カルドメック」。主成分はイベルメクチン。そしてピランテルパモ酸塩も含まれています。
 ピランテルパモ酸塩とは「コンバントリン錠」という製品名で人の駆虫薬として長年の実績があると厚生省のサイトにあります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001asyw-img/2r9852000001at6b.pdf

 カルドメックを通販で個人輸入すると2〜3週間はかかるようです。どちらにしろ我が家はペットを飼っていないので、カルドメックが必要になることはなさそうですが。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
虎さんの政党は、早速、調査で、二位になっていると報道しているところも。あと、現政権とは、私が拙い知りうる範囲では、まだ、指揮下には無いと言われている米軍や国防総省の動きが気になりますね。

→ 静かに見守りたいです。

==========
ソースです。
フェイクであってほしいです。
https://youtu.be/mgy9gtJWmzI 
サムネ画像です。

→ 興味深い情報ありがとうございます。静かに見守りたいです。

==========
トランプさんはビジネスで成功した経験から、最悪の想定に長けているのでしょうか。もし、強硬な手段を選択していれば、失う代償は計り知れない。大切な人々の命、やアメリカの。一瞬、複雑な想いを抱いた大統領就任式直後でしたが、取り敢えず、これが最善だったのかもしれませんね。命あっての物種。

→ 膨大な証拠を結局ほとんど公開しないまま手元に置いているという意味を考えています。また考えがまとまりましたら仮説を書き置くかもしれません。

==========
3つの願いも我欲の願いであれば、叶った願いの負はどうなるのでしょうか?

→ それはもう本当にお金で欲しいものを買うのと全く同じです。欲しいものは沢山あるのに実際に財布が許すものはごくわずか。一生懸命働いて節約して欲しいものを一つひとつ買う。我欲が叶う時のステップです。

稀にサラ金に借金して欲しいものを全部買う人もいるかもしれませんが、あとは長い長い時間借金返済に追われます。

あるいは稀に自分も忘れたような過去に蓄積した莫大なプラス因子の貯金で欲しいものを買える人もいるでしょう。それは過去に自分を犠牲にして大勢の人を幸せにした。ということの余韻です。という仮説です。

今自分を犠牲にして(自分の被害者意識なく)周囲の人を自分の意志で助けている人は、プラス因子の貯金絶賛蓄積中です。ありがとうございます。

==========
一番目の希望は、おとうとが依存症から立ち直ること。

→ その願いが叶わなくても、まあそれならそれで仕方がない。と思える(薄皮のこちら側にいる)かぎり、その願いは弟さんにとって暖かな追い風として包んでいると思います。ありがとうございます。
優しいお姉さんです。

==========
何故男性は男の沽券が好きなのでしょうか?恥ずかしいとは思えないのは、なぜなんでしょうか?

→ 世の中の男性には
1,沽券に非常にこだわる。
2,沽券にまあまあこだわる。
3,こだわるときとこだわらない時がある。
4,こだわらない時が結構ある。
5,全然気にしない。
という人たちがおります。この5種類の男性がいるにも限らず「男性はみんな〇〇だ」というたま♪さんの質問のスタート地点に興味(本当の答)があります。

==========
・「火球」って一体何なのですか?

→ 大気圏に突入した隕石のケースが一番多いと思います。


・数日前の記事で、オ〇マ氏の胸糞動画を見ました。彼は大統領就任時、天皇陛下に深々とおじきをされていましたが、本当に同一人物なのですか?

→ 同一人物である可能性は半分。違う人物である可能性は半分。で観ていくのはどうでしょう。


・真相と陰謀論のかねあいが難しいですが、最近各国の内閣が総辞職したのは何故ですか?

→ 今回の件と関係なくどちらにしろ辞職したであろう可能性が半分。今回の件で辞職が早まったケースが半分。で観ていくのはどうでしょう。


・バチカンや多くの地域で停電が起きたのは何故ですか?

→ インフラトラブルである可能性が半分。水面下で起きた作戦のためである可能性が半分。どちらも有り得るというスタンスで観ていいくのはいかがでしょう。


・監視社会がイヤな場合、ひとりひとりの心はどのようにしていればいいのでしょうか?「他人のことにうるさく干渉しない(SNS叩き等)」「他人がどう生きようとその人の人生はその人のもの、と思う」などでしょうか?

→ 自分がこの瞬間この世を去るとして、自分の今の生き方で何を後悔するだろうか。

==========
何故?バイデン大統領就任式でのテレビ放送でのヒラリーーさんはどう見ても影武者武者です。若過ぎ、身長もすごくひくいです。周りの人も分かっていると思いますが何故こう言う見えすいた事を平気で実行出来るのでしょうか。また本人は何処へ。まるぞうさんの見解は如何でしょうか。

→ 影武者の人生とは囚人の人生と同じですね。自由はなくいつ死刑宣告がくだされるかわからない。
私には影武者になった人も影武者を用意しなければならない人も、同じ様に囚人に見えます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (18)