まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

時事ネタ3題。

2021-01-25 07:50:27 | 今日のひとり言

防災カレンダー
25日。酉の日(テロ注意)。




時事ネタ1

シドニー・パウエル弁護士起つ/新団体「共和国復活」を発表!/詳細は近日中に
2021/1/24 Total News World

シドニー・パウエル弁護士からのメッセージ

「本日、私たちは、憲法上の権利、言論の自由、自由で公正な選挙の神聖な権利のために精力的に戦う候補者を支援することに専念する、Restore the Republic(共和国復活)PACの設立を発表できることを誇りに思います。PACは、真実と法の支配のために戦う候補者を昇進させます。私たちは、党に関係なく、自分の短期的ま​​たは政治的利益のために憲法を破棄する候補者に激しく反対します。」
・・・
http://totalnewsjp.com/2021/01/24/trump-540/


 シドニー・パウエル氏が新しい政治組織を立ち上げるということです。今回の経験をしたアメリカ国民には、今後は、従来の民主党でも共和党でもない3番目受け皿が必要となるでしょう。このパウエル氏の新しい組織は、そのきっかけになるかもしれません。



時事ネタ2

トランプ氏「敗北後」戦略、再出馬へ新メディア設立か
2020年11月16日 ロイター
・・・
 一方複数のアドバイザーの話では、トランプ氏は自身を裏切り、さらに国民に直接発信する力を奪ったとみなす放送局やソーシャルメディアに対抗するため、新しいメディアを始めることを模索している。
・・・
https://jp.reuters.com/article/trump-post-presidency-idJPKBN27W08N


 そしてこれからのアメリカ国民には、GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)などからの圧力を受けない新しいSNSも必要となるでしょう。

 今までは知らなかった民衆でありますが、今回は約半数が「何が起きていたか」を目の当たりにしました。
 今までは陰謀論好きのごく一部の人間しか知らなかったことを、国民の約半数が知ることとなりました。知ってしまった人たち。もう後戻りはしない人々の「視線」。

 私がバイデン陣営奥の院の立場の人間であれば「目覚めた人たちの静かな視線」が一番避けたいことであります。そしてこれからのアメリカはその「大勢の人たちが静かな視線」で見つめる時代となりました。今回の経験を通して。
 これからバイデン政権はいろいろな政策をもう隠すこと無く実施することとなるでしょう。それを静かに観る人々。

 もし新しいSNSが立ち上げられたとしたならば、それは「人々の視線の核」となるでしょう。一人の視線が、次の瞬間数千万人の視線として共有されることになるから。



時事ネタ3


 米アニメシンプソンズの一場面です。実際にこのような現実もあり得たわけです。しかし実際はトランプ氏は表舞台から去る。という形で済みました。小難で済みました。

 トランプ氏が表舞台から去ったことに残念に思う方も多いことでしょう。
 大勢の人が願いそして静観していたにも関わらず現実は変わらなかった。と悶々としている方も多いことでしょう。
 でも現実は確かに変わったのでした。

 私達人類の成長身の丈にあったギリギリの最善の結果であった。ということでした。



同じ歴史が繰り返されるところだった。かも。

 もし今回ディープステートと呼ばれる既得権益層を破壊出来たとして、その次にアメリカ社会に起きる最も確率の高い出来事。それは新ディープステートと呼ばれる既得権益層を生むことであったでしょう。

 人類の進化を、お釜の中の豆でたとえるなら、だいぶ柔らかくなったけれど、まだ半煮えかな。もう一息。と言ったところ。
 今回の米大統領選。残念ではありますが、今回は蓋をしてもう暫く火を入れる。人々の魂の成熟をもう少しだけ進めないと前回と同じ失敗が。。。



 かつてロシアでは皇帝や貴族層という既得権益が倒されて、代わりに民衆の代表が政治の中心となりました。人民の代表による委員会とその代表者である書記長によって。貧富の差のない理想的な社会が出来るはずが、更に管理された独裁社会となりました。
 結局、人々の熟成度に応じた社会が実現するだけであるのです。いくら既得権益層を破壊しても、メンツを変えて新しい同じような新既得権益社会が構成されるだけです。



 今のアメリカ社会。トランプ氏が勝利した場合。もしDS刈りが始まったとしたら、それは再び同じことが繰り返される可能性も高かった。
 人々の心が未熟性のままのDS刈りが始まる社会は、悲劇に繋がる「未来」もあった。それは


こうなり


こうなる。

 でも現在のアメリカ社会は幸いなことにその選択から外れました。今のところ。
 バイデン政権になってアメリカ国民は多くのものを失う手放すこととなるでしょう。でもその代わりに得るもの。魂の熟成度というキーワード。トリガー(きっかけ)というキーワード。「あとひと煮立ち」。



結局は一人ひとりの心の熟成度による。

ケース1
①既得権益層に対する嫉妬。
②奪った既得権益を隠して独り占めする層の出現。

ケース2
①ガラガラポンの依存心。
②個人崇拝の対象を求める。JFKJR?
③新しい支配層を待ち望む?

 今回の大統領選挙。自立した精神で立ち上がった人も多かったのですが、ケース1やケース2の未成熟だった人(あとひと煮えが必要の人)もまだ多かったのかもしれません。

ケース1
・嫉妬心から来る不満心を、もう何割か減ずることが出来れば、

ケース2
・自分を救ってくれる救世主を待ち望む依頼心を、もう何割か減ずることが出来れば。

 その臨界点はそう遠くないと思います。あとひと煮立ち。そしてその変化を促すようにアメリカ国内が整えられていく。
 これから起こることは、一見厳しいように見えることも、豆がもうひと煮えするための圧力釜であります。という個人的な心象風景です。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
室内で鉢植えの花を育てるのににていると思います。私限定かもしれませんがw

早く花を咲かせたくて毎日その鉢だけ特別日当たりのよい場所においたり必要以上に水や肥料をやったりすると
結果、根腐れおこして鉢植えそのものがダメになります。
他の鉢植えと同じように扱って遠くから時々気にかける方が花は咲いてくれる。でも咲く直前まで来ればもう大丈夫と
手をかけすぎるとまた腐る。
花が咲くまで過剰に執着してはダメだとわかってきているんだけどこの加減がなかなか…。
今年は放置しすぎて枯れた鉢も。遠くから気にかけるだけだと害虫発生してまたダメになる。

花が咲いてほしいという執着と希望の境目の行動と意識の加減が難しい……
今年はヒヤシンスの水栽培をやってみてますが根っこがなかなか伸びないからやっぱりダメかなあ。
あ、毎日眺めてるのがまずいのか?

→ 興味深いお話ありがとうございます。
・もっと伸びて欲しいという期待がブレーキとなる。
・ここまで良く伸びたなという認めがアクセルとなる。

親は黙っていても、子供は親の期待するところは痛いようにわかる。自分の実力が不足して答えられない時に、一番傷ついているのは子供自身の心です。親は何も言わなくても。

子供が親に反抗する時の一番の理由は、
・自分が親の期待に答えられない苦しさ
であります。

そんな子供に対して
・うちの子はどうして人並みにさえ出来ないの
という「無言」の想いは、親が思う以上に、ダイレクトに子供の心に伝わっている。

私達のような庶民層でも、上級層と言われる人たちでもみな同じ。平等だなあと思います。

==========
ですが、子供たちのことについては、どうしても受け入れることはできないし、子供たちが犠牲になることが二度とないようにと、強く願ってしまいます。

→ チベットで起きていること。ここ数年はウイグルなどの地域も加わりました。そして今回ご指摘の子供たちのこと。私も同じ気持ちです。

現時点では一人でも多くの人が観ていること。知っていること。無関心ではないこと。が大切だと思います。よろしくお願いいたします。

==========
生命保険の加入も似たようなものでしょうか?

事故や病気への不安に対して、保険を掛けることで腹を括ることも出来ます。
保険を掛けますと、少し使うか結局使わずに済んでしまう事が多いですよね。
不思議ーー。

→ はい。同じ仕組みだと思います。災難を想定して、手間とお金をかけてた分、災難の因子が昇華されて消えた。という陰と陽の仮説です。

==========
OSはwindows10home、バージョン1909、Chromeです。
PCはまるぞうさん以外の全てのブログに埋め込まれたYouTube動画が再生できない状態です。不慣れな私でも対応出来るPCの現状改善方法があればよいのですが・・・。

→ 下記の手順はいかがでしょうか。

「動画やゲームが機能しない問題を解決する」
https://support.google.com/chrome/answer/6138475?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (22)