まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

【詐欺サイト注意】 Google検索結果の上位表示。

2021-01-19 10:07:27 | 今日のひとり言

ビッグテックの洗礼?

 数日前から「まるぞう」のGoogle検索結果がおかしいという情報を頂きました。
 最初はランキングが落とされるだけでしたが、今はフィッシング詐欺サイトがトップに表示されるようになっています。(Yahooの検索エンジンはGoogleを利用しています)


なんだ、ちゃんと「まるぞう備忘録」がトップに表示されるじゃないか。


よく見てみると、ドメインが「gqruthni859.lsst-chile.cl」と表示されてますね。正しいのなら「blog.goo.ne.jp 」というGooブログのドメインが表示されます。ここで見分けられます。



このまま詐欺サイトと気づかずクリックすると、

iPhoneあたりましたという詐欺サイトです。


パソコンだとこのようなエラーページなるかもしれません。



「甘い言葉の詐欺」は臭いでわかる。

 このブログの読者なら「こんな甘い話危ない」と引っかからないことでしょう。もし、この甘い言葉につられてアンケートを進んでいくと、クレジットカードの入力欄に連れて行かれて、個人情報とクレジットカードの引き落としが抜かれるところでした。

絶対にアンケートに答えて個人情報やクレジットカード情報は入力しないように!!



「危険詐欺」に注意!

さてこの怪しいサイトから抜けようと「戻るボタン」を押すと今度は



iPhoneの場合。


Androidの場合。

機種によって表示内容は違うかもしれませんが、共通するのは
「今あなたのスマホは危険だから、すぐにセキュリティソフトをインストールしてください」とメッセージが出ること。

 私のブログの読者の方なら大丈夫とは思いますが、
絶対にインストールを押さないこと。
 ブラウザの「戻る」は効きませんから、ブラウザのタグを閉じて抜け出してください。



iPhoneもAndroidも本来は安全な端末です。

 iPhoneはウイルスは(事実上)存在しないのです。知ってた?Windowsパソコンに比べると100倍安全です。
 だからいくら詐欺サイトが「危ない!」を脅しても気にしないで、ブラウザのタブを閉じてください。

 実はAndroidもウイルスは事実上存在しません。知ってた?Google Play以外からアプリをインストールしないなら、まず大丈夫。
 少なくともブラウザでインターネット閲覧していて「ウイルスを検知しました」となることは、まずあり得ないと思ってください。

 たとえばあなたが街を歩いていて、いきなり知らない人に「1000万あげます」と言われたら信じますか?まず怪しい詐欺だと思うでしょう。
 そりゃ本当に奇特な金持ちが道楽でそういうことがあり得ないか。理論的にはゼロではないが、現実的にはゼロですよね、
 ブラウザで「あなたのスマホのセキュリティが危ない」と警告が出るのは、そのくらいの確率で「あぶないあぶない詐欺」です。
 だからのこのこついていって「インストール」しないように!!
 うっかり「インストール」してしまうと、セキュリティ対策ソフトのふりをした「悪意のあるソフト(マルウェア)」を入れさせられてしまいます。



OSを最新にしておくこと。AppStoreやGooglePlay以外からはインストールしないこと。スマホはこれで十分。

 ちなみに携帯販売店で「セキュリティオプション」というものを勧められるかもしれませんが、iPhoneなら不要。AndroidもGoogle Playからしかアプリを入れない限りは不要です。
 それよりは、OSのバージョンを常に最新にしておくことが最も重要。Androidの問題点は、iPhoneと異なり最新のOSにあげられなくなることが多いから。
 でもOSの脆弱性は、市販のAndroidセキュリティソフトでは補完できないので、GooglePlayしか使わない人には、Androidのセキュリティソフトは入れても意味がない。というのが私の考えです。



ビッグテックの検閲を逃れる検索エンジン。

 さて今回の米大統領選の一件で、どうもGoogleの検索結果もいろいろ操作されているという噂が起きています。通常のサイトなら問題ないのですが、例の話題を持ち出すと、多分ブラックリストに入れられてしまうのかもしれません。

 ブラックリストに入れられたサイトを検索するのに、注目されているのがDuckDuckGoという検索サイトです。
https://duckduckgo.com/


この検索エンジンはビッグテックの検閲はかかっていないようです。

「まるぞう」と検索しても、詐欺サイトは表示されません。


 このブログの読者の方で、ビッグテックが制限するようなサイトを検索する場合は、しばらくの間はあひるさん(DuckDuckGo)を利用してみるのも良いかもしれません。



 実体験でいろいろな手口を知ることが出来て興味深いです。
 読者の方々も嗅覚で身を護りながら、一緒に静観して頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。



おまけ1
この世の悪はどこにある?




おまけ2(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
旦那は問題ない仕方ない待つと言うのでしょう、この大らかな旦那も去年は息子を◯した方が良いのかとまで思い詰められていました。

→ もし可能なら御主人のお気持ち。本当のお気持ちを伺いたいです。
御主人を説得するのではなく、御主人と討論するのでもなく、御主人がどのように現実を見据えて、どのような覚悟をお持ちなのか。
奥様と同じ以上に悩まれていたと思います。その部分の本当の心の声をお伺いしたい。そのように思います。

==========
具体的にどこの捕虜収容所の話ですか?

→ 記事にする前に検索したのですが、探し出せなかったので、私の空想小説としてお読みください。よろしくお願いいたします。

==========
お金の流れが変わると、災害が減るかも。

→ スイスの代わりに日本が金庫になれば、その金庫を守るために少なくとも日本に対する人工的な気象災害は激減するでしょうという陰謀論小説です。ちなみにNGワードが含まれていたのでコメントは非掲載となっています。

==========
自分の人生には『過酷な労働条件の下で働く』という設定がありました。嫌なもの、面倒なことは極力避けて逃げる性質だったから、私が私をそのように導いたのだという気が致します。その性質のまま生きている限り、私は何も成し得ないまま人生を終わらせていたでしょう。嫌な仕事を断り続けていたら当然生活が逼迫し困窮しました。仕方なく、かなり悪条件と思われる仕事を引き受けました。そこから幾数年が経ち私は何もかもをすっかり諦めひたすら働き続けました。もういい!ここが、これが私を生かす道なんだ。余所見はしないぞ!そんな気持ちでいました。お陰さまでいつのまにか根性が太くなっておりました。何を差し出されても、まぁ、とりあえず行ってみます!と言えるようになりましたから。変われば変わるものですね。
すると不思議ですが、私が覚悟していた程は悪い現場ではありません。あれ?皆が逃げて棄てた仕事だと聞いたけど、それほど酷くは思わない。私は強くなったのかな?それとも?今はなにか不思議な感慨と安心を自分から感じます。
最近は前以て覚悟すると楽観することのバランスがうまくとれてきたような気が致します。やっとですだから今は自分に感謝しております。ガンバったよね私!勿論仕事ですから、するべきことは誠意を尽くした上でのことですが。私の行動と想い、思い残すことはないまでの働きをしようね!と思う限り、そのすべてがもたらす巡り合わせに感謝して生きて行ける、これからも頑張ったか?と私に問いかけながら巡ってくるものを怖れずたゆまず生きてゆこうと思います。

→ 良いお話をありがとうございます。本当に良いお話だと思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (36)