まるぞう備忘録

無題のドキュメント

2021年。1月1日。

2021-01-01 09:23:55 | 今日のひとり言

防災カレンダー
1日。酉の重なりの日。テロ紛争に注意。





(近所の小学校の校庭からの初日の出)

2021年。明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年は親しい友人と親族のお葬式がありました。そのうちの1回は私が喪主でありました。親しい人がこの世を去るたびに思うのですが、人は亡くなると生きている人の心の中に溶け込むということです。とくに血を分けた親族のように縁の深い人はそう。生きている家族の心に溶けて一緒に生きている。そのように思います。

 お互い独立した個人として生きている時は、誤解や言い争いなどもありました。しかし片方がこの世を去り、生きている人たちの心の中に溶け込むと。私達が故人を思い出す時に、故人は私達の喜怒哀楽の中にいる。そのように思います。



この世を離れた私達。

 逆を言うと私達が他界すると、私達は生きている子供や孫や縁者の心の中にいつでも溶け込んでいる。

 それと同時に自分が描いた世界の中に生きている。短い人生の中で、他人にしたこと。自分にしたこと。そういう画の中に生きている。
 ああ、自我の誘惑に流されず、嫌な相手でも誠実な態度で接したこと。相手を傷つける言葉をぐっと呑み込んだこと。短い人生終わってみると全部良かった。大切な家族を守ったこと。弱い人を守ったこと。自分を守ったこと。全部良かった。そういう世界に生きている。五里霧中でジタバタ生きてきたけれど、あの生き方で良かったんだ。そういう世界に生きている。

 短い人生終えてみて、この宇宙という壮大なキャンパスに今回も画を置くことが出来たよ。不格好かもしれないけれど精一杯ジタバタ生きた。このジタバタの生き方。私には輝いて観えるよ。どうもありがとう。

 このように光の点をこの宇宙のキャンパスに置きながら、同時に宇宙の創造家としての私たちは、再び壮大な生命潮流の一つの分子として戻っていく。本年もよろしくお願いいたします。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
数多くの温かいコメントありがとうございました。
==========
昔、新橋の地下トンカツ屋でキャベツを夢中で?張っている方がいたんですが、あれはまるぞうさん?...風貌、フォルムが「まるぞう」という言霊を具現化したような人でした。

→ いや。新橋ではトンカツ屋さんには言っていないと思います。残念。でもいつもキャベツを美味しそうには食べているとは思います。

==========
小悪魔ちゃんの心のケアの「私はいつまで苦しまねばならないの」は優しい動画だったと思います。

→ ありがとうございます。

==========
今も中々逃げ場のない徹底的な目に合いますが、状況に勝っても負けても創造主からみれば「どちらも良し」なのかと思います。

→ コメントありがとうございます。
この世を離れた時に自分の人生を見る視点。そういう未来の自分の視点もこの現在の私達と同時に存在している。という仮説はいかがでしょうか。

==========
年の瀬に来て、精神度が試される事案が発生しました。最悪ばかり思い浮かんでしまって想定までたどり着けず、腹をくくれずいかんです。

→ 精神が試される時。私は「私が相手にしたことは私自身にしたこと。」「相手が私にしていることは相手自身にしていること。」という俯瞰視点の練習だと思っております。心の筋トレ。実力が付きます。

==========
TOさん、長い間のお苦しみ、心中お察しいたします。TOさんの問題が早くご納得と安心のできる解決となることを心から願っています。
まるぞうさん、読者への私信ではなく、独立したコメントとしてなら、私の体験談として弁護士の探し方をコメントしても大丈夫なのでしょうか。こちらの読者同士の関わりルールがよくわかっていないので。あと、まるぞうさんへのご質問のようなので横入りは避けたいかな、とも思いまして。

→ 米さん。可能ならTOさんへのコメント頂けますでしょうか。よろしくお願いいたします。

==========
まるぞうさん 毎日ブログ更新ありがとうございました。
今年初詣に一緒に行きました息子が、1週間後に亡くなりました。最期の時まで痛みに耐えながら、駆けつけた家族に「来てくれてありがとう」と言い自身に「落ち着け」と…
難病と宣告され突然死もあると医師から伝えられた時にも、動揺する私に「大丈夫?」と気遣う息子。いつもニコニコ笑い自分の身体を労りながらの暮らしぶりは本当に穏やかな日々でした。亡くなった後に手帳に「家族に感謝 周りに感謝」とありました。そして、宣告された日「○○(弟の名前)後を頼む 生きたい普通に暮らしたい」とあり涙がとまりませんでした。
今の私を励ましてくれているのは、生前中の息子です。あんなに辛く痛い思いばかりしていたのに、笑顔を見せてくれていたのです。彼の生き様は、ご先祖様のように思います…一日一日大切に過ごすことが供養になると信じています。
まるぞうさん 新しい年もブログ楽しみにしています。

→ コメントありがとうございます。息子様のご冥福をお祈りいたします。ありがとうございます。

==========
思うのは、他人は悪か。自分は善か。違うな。私は善悪だ。人はみな善悪だ。
みんなびっくりするほど知ってるよ。だから。自分を守るのは自分でしかない。みんな必死に生きている。善悪だ。
コメントはあまりしないですが、こそっと勉強させていただいております。

→ コメントありがとうございます。よろしくお願いいたします。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (29)