まるぞう備忘録

無題のドキュメント

想いと現実化の考察。4

2020-11-23 11:42:38 | 陰と陽の理論


また今日も陰謀論の架空の小説のお話です。

 陰謀論の中に出てくる世界を支配する層。一体彼らの正体は誰なのか。本拠地はどこなのか。そういうことは明かされることはないでしょう。
 なぜなら、人々がそれを知ってしまうと、彼らは無力になるからです。つまりそれほど人々の想念には力があるということです。
 彼らがゴイムと蔑む大衆ではありますが、彼らの想念の圧力が一番脅威であります。

 彼らにとってゴイムの想念とは。うまく利用することで社会を自分たちに都合の良いようように誘導して行けます。ゴイムという眠った羊の群れを連れて行く。



社会に不満を蔓延させる必要性。

彼らにとってゴイムは眠ったままが都合が良い。
眠ったままの羊とは。

目先の物事だけに反射して動く人間。

眠ったままの羊(ゴイム)が多いほど、その社会は扱いやすい。ではどうすれば社会のゴイム率を高く維持することが出来るか。
社会の不満を蔓延させること。

不満心に着火すれば人々は簡単に煽られる。煽られた羊は簡単に誘導出来る。
だからゴイムの社会は常に不満が活性化している温度に保つこと。
人間の嫉妬心は最も原始的な衝動。
だから嫉妬心を煽るように、貧富の差を拡大させることは、ゴイム社会の不満活性化の維持に非常に有効である。





では逆にどうすれば、社会のゴイム率を下げることが出来るか。
それには二つの柱がある。それは「理性」と「寛容性」である。

1,理性

煽られた直情的衝動に呑み込まれないブレーキを理性と言う。
自分の中に沸き上がった不満と怒りの感情のブレーキを理性と言う。

そのテクニックの一つが陰と陽。表に見えることと真実が真逆であること。今自分が見えていることの正反対真逆が実相であること。勝っている相手が実相では負けていること。負けている自分が実相では勝っていること。
私達一般庶民も、羊飼いを称する人々も、陰と陽の仮説の原理の前では全員平等であるということ。

そのテクニックの一つが半分半分の視点。ゼロイチ思考は人を直情的にさせる。いや待てよ。自分の半分は間違っているかもしれない。相手の半分は合っているかもしれない。
ゼロイチの轍(わだち)から抜け出るためのテクニック。半分半分の視点。

●ゼロイチ度合いが高いほど、自分の感情の呑まれやすい
→ゴイム度高い


●半分半分度合いが高いほど、自分の感情に呑まれにくい
→ゴイム度低い


●陰陽の視点=目先で起こっている事象の正反対を観る(あまのじゃく視点)
→ゴイム度低い



2,寛容性

絶対に許せない人許せないことが心の中で多いほど、それはオモリとなり、心が水中に沈んでいく。硬い心は扇動に負けやすい。絶対に許せない相手絶対に許せない硬さが核となるから。

柔らかい人間はゴイムにはならない。
どのような扇動に対しても。

●心が柔らかいほど→ ゴイム度が低い
●心が硬いほど→ ゴイム度が高い


柔らかい心とは。悲しい出来事に一緒にいること。悲しみを慈しむ。







つづく







本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (4)