まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【詩】 小さな偶然に秘められたメッセージ。

2020-11-12 07:48:09 | 陰と陽の理論

防災カレンダー 
11日。新月週間。




亡くなった家族はいつでもすぐそばにいる。

 私の父が亡くなったのは今から13年ほど前でした。亡くなってから数カ月後、私はインターネットでたまたま供養方法を知りました。どういう経緯でそのサイトに辿り着いたのかはもう覚えておりません。
 ただ我が家には仏壇はありませんでしたので、文房具店で簡単に購入できる短冊で始められる手軽さもあり、翌日から早速供養を開始することにいたしました。
 ヨメや子供は私が飽きっぽいことを知っていますので「いつやめるか」と思っていたようですが、まだ続いているようです(宿泊旅行出張は除く)。

 ちなみにこのブログもそれからほどなくして開始しました。初期のブログは、移転等により今はもう見れませんが、こちらも毎日続いているようです。ありがたいことです。
 私は転生とか過去生とかは本当にあるかはわかりません。が、もしあるとしたら。過去生の何人もの私が喜んでいると思います。そうそう。これが読みたかったんだよ。と。私は一人目の読者である自分(たち)自身のためにこのブログを書いていますのだ。



 さて、父は亡くなったとはいえ、私は父がいつも側にいるような感覚でした。自宅で供養を始めて、やはり父は自分の側にいるという感覚です。
 百寿者と呼ばれる百歳を超える長命の方々を調査した結果、その方々に共通しているのが、常に亡くなった方々と一緒にいる感覚を持っている。ということでした。(もう一つが、日常生活がありがたいという感謝の気持ちを持っていること)

 多分私が感じていた感覚は百寿者の方々が感じている感覚。そして本来古来から日本人の多くが持っていた感覚なのではないか。そのように思っております。



新しいライターを用意しただけで変わること。

 さて前置きが長くなりましたが、本題です。毎朝供養台に向かって御線香を上げるのが日課ですが、最近ライターの火の着きが悪いのです。ガスがなくなって来ているようです。そろそろ新しいライターを買わなければ。

 そう思い一昨日100均でライターを購入しました。100円で4個もライターが入っている。すごいですね〜。もうこれでいつライターが枯れてもいいや。そのような状態でありますと、不思議と旧ライターが着くのです。

 その前の日まで。本当に着火せず本当に苦労して火をつけていたのに。昨日は本当にスパっと着火します。どうしたのだろうと思い今朝も。はたしてやはり一発でスパっと着火します。

 あんなに着火に苦労した「ガスが残り少ないライター」であるのに、いきなりちゃんと着くようになった。その違いは脇に新品のライターが4つあるかどうかだけです。
 おもしろいね〜。いつ無くなってもいいように新品のライターをしかも4つ用意したら、それだけで旧いライターの着火が良くなるんだから。

 日常生活には良く観察するとこのように不思議な現象がいろいろあります。



小さな偶然が教えてくれるメッセージ。

 たとえばレジの列など。自分が買う時はあんなに行列だったのに、自分の番になった時に、他のレジも一斉に開き出す。自分が会計すまして振り返ると行列はもう消えている。自分があんなに待ったのはいったい何だったのか。数分タイミングが遅れて今レジに並んだら、待ち時間がゼロですんだのに。という現象は不思議だなあと思います。

 私の仮説は日常のそのような不思議なことが材料となっています。

 ライターの件。備えあれば患いなし。やはり備えれば災いが起きにくくなるんだ。私の人生の数多くの不思議な偶然がそれを示します。
 きっと「時間と手間とお金を使って用意する」という行為が、災いの発生と引き換えになった。災いの因子を昇華した。そのように個人的には考えています。
 もっともライターのガスは物理的に枯渇し始めていますから、遅かれ早かれ使えなくなるでしょう。しかし新しいライターを用意したとたん着くようになる現象は興味深い。

 レジの行列の件も。良い厄落としだなと最近は思うようになります。日常生活効率の良さばかり求めちゃ駄目。効率の良さばかり追求すると、いつかはしっぺ返しくらうよ。
 ちょうど私が並んだ時だけ、レジの待ち時間が長い。前後のタイミングではレジの待ち時間がほとんどない。こういう時は私の何かの因子がそれを誘発しているんだな。
 きっとそれは何か小さめに昇華してくれている。厄落としのようなものだから。大きな事故になる前に、このような日常の些細な不都合で済んでくれるならありがたいことです。

 もちろんこんな小さな偶然にこだわるのは私の個人的な感じ方であり、多くの人は異論もあることでしょう。ただ「小さな偶然」に大切なメッセージが隠されている。

 私の陰陽の仮説とはそんな感覚のお話です。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
中学生とよく話しますが、中国の脅威を言うと、すんなり頷いて同意してくるので驚きました。
そういうの、テレビニュースで取り上げないのにどこで知ったの?と尋ねると、「雰囲気で」と言います。
アベは悪いやつですよ!と言ってくる子がいたのはほんの2年前ですのに。
こんなことから、万事が変わりつつあると感じます。

→ 第二次安倍政権が誕生してからモリカケあたりまでが、一番振り子が寄っていた時でした。今はゆっくり振れ戻し始めている。若い人達から若い感性からそれを肌で感じているのだなと思います。

あの頃は頻繁に書いていた時事ネタ解説ですが、最近はぐっと頻度が減りました。土の話や微生物の話。そして自分の心の内側の話。特に自分で意識はしていないのですが、こういうトレンドの変化は自分のことながら興味深いです。

そういえば最近のトレンドの一つ。ゆっくり動画。昨日収録した動画の内容も興味深いものでした。

動画の作成は、週に一回。平日の夕方90分という(お互いのスケジュールが合う限られた)時間の中で、小悪魔ちゃんとぶっつけ本番の会話をチャットで行います。

チャットの内容テキストを読みやすいように修正したあと、動画に貼り付ける画を各自用意します。私の発言の画は私が用意し小悪魔ちゃんの発言の画はさらすさんが用意します。

そしてテキストと画をさらすさんが動画作成ツールでゆっくり動画にかためてくれて、私がYoutubeにアップします。
動画通じて自分自身発見することがたくさんあります。手間のかかる作業をして頂いてありがたいです。ありがとうございます。

==========
去年、加入オンデマインドで無料で見れた「女神の見えざる手」という映画を何故か思い出します。テーマがロビーストと銃規制だったので。面白かったけれどラストが一応は明るいラストになるんだけれど問題提起というか。善悪で割り切れないというか、すっきり出来ないというかでした。
公式HPから予告みたり解説みるだけで、2〜3年前の映画ですが、先を予測して作られたような映画だと思いました。
もう一度みたいのですが途中で加入の動画配信を替えたものだから残念ながらレンタル以外はみれません。

→ 監督が英国人なのですね。面白そうです。情報ありがとうございます。

==========
ニューヨークに30年近く住んでいる者です。クリントン夫妻の住んでおられるところの近くで、民O党が優勢のところです。今回の選挙で感じた事は自分の応援する候補者のサインボードを庭に出したり、車に候補者の名前のステッカーをはったりするひとがいるのですが、民O党候補のそれらがいつもよりが少なかったことです。驚いたのはそして近くの町では共O党候補の横断幕をなびかせて車のラリーがあったことです。ニューヨーク市内では共O党候補の応援デモ、正統派ユダヤの人たちの共和党応援の車のラリーやペンシルベニア州ではアーミシュの人たちが馬車を連ねてのラリーがあったこと、で今までには考えられない事です。また今までの選挙で不正が取り上げられたことは私の知る限りなかったんではないかなと思います。私自身としてはこの際,徹底的に調査をしてほしいとおもいます。選挙は民主主義の根幹ですから。

→ 海外の生の情報は貴重なのです。肌で感じる空気をお知らせくださりありがとうございます。

==========
以前神宮の参拝証のことでコメントした者です。今回一万円の寄付で令和3年までの特別参宮章をいただきました。
本日伊雑宮に朝参拝した際、
立皇嗣の礼の儀式に居合わせる事ができました。
これから高山本線を使い富山にでます。
明日は平泉寺白山神社です。
今まで別にお参りしていたので、初めての伊勢。。。です。

→ 良い参拝。伊勢の空気ありがとうございます。

==========
半分半分の視点は、謙虚さの視点であり、陰陽の法則は、ある意味容赦ない反転反応の法則ともいえると、個人的感覚です。

→ 興味深いご指摘である思います。ありがとうございます。

==========
見たくない情報を発信してる皆さんに話しかけて、どうして?と問いたくなると話しましたが、まるぞうさんにやめとけと怒られました。
議論するほどの強い信念も無く、だけど自分が見たい情報はやはり偏りがちだと思ったので、自分が見たくない人と関わるのも良いかと思ったんですけどね…

→ 別に怒ったわけではありません。ご質問を受けたので自分ならどういう選択をするかというお話です。
結局御自分の意志でいろいろ経験することが大切だと思います。ご自由に挑戦されるのが良いのではないでしょうか。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加