まるぞう備忘録

無題のドキュメント

夜明けの前はしばらく暗いのも一興。

2020-11-08 11:28:53 | 今日のひとり言


トランプ氏は徹底抗戦 万策尽きれば「引き際」が問題に
産経 2020.11.8 09:07

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は、大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が当選を確実にしたことに関し、7日の声明で「選挙は終了には程遠い」と主張し、週明けの9日から訴訟攻勢や再集計要求を通じて徹底抗戦していくと表明した。

 ただ、トランプ陣営は、集計結果を覆すような「大規模な不正」があったことを示す具体的な証拠や、説得力のある根拠を示すに至っていない。
・・・
https://www.sankei.com/world/news/201108/wor2011080019-n1.html


美辞麗句の甘い香りは臭甘い。

 どちらが勝っても負けても、アメリカが分断して弱体化していくというのが、私の仮説での当面のアメリカが引き寄せている未来です。

 大方の味方に反して、バイデン氏が大統領になる方が、米国内の分断はより加速されるでしょう。
・誠実なリーダーはまず「痛みと覚悟」を表明します。
・不誠実なリーダーは「甘い言葉のみ」を表明します。

 「甘い言葉」は腐った甘さです。クッチャイクッチャイ。実際にそのリーダーが引き寄せるのは甘い言葉とは正反対の厳しい未来です。
 言葉が甘ければ甘いほど、引き寄せる現実は厳しいです。



目が覚めるためには仕方ない(?)。

 さて我が日本が現在引き寄せているもの。結果的に塞翁が馬になるにしても、最初はやはり厳しいかもしれません。
 菅首相は歴代のリーダーの中でも、かなり舵取りは上手に行われていると思いますが、いかんせん外海(そとうみ)が大荒れになれば、いくら舵取りを巧みにさばいても船を大揺れになるでしょう。

 私達日本の国民の宿題もそろそろ仕上げないとね。寝た子が起きるにはやっぱしほっぺたをつねる痛みが必要なのか。イテテテ。

 私達日本人が引き寄せている近々の未来は、ほっぺたをつねられるという未来でありますな。

 痛みの種類はいくつか考えられますが、日本人の多くが一番想定していない部分(考えたくないと思考停止している部分)から崩れていくというのが、歴史が私達に教えてくれるところです。

・想定して
・備えて
・これで駄目なら仕方ないと腹を括る。

ですな。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今、まるぞうさんのパン作りの記事から、国産小麦粉に関心を持っています。安全な食べ物を選択するって、困難な時代になっていますね。これから与えられた物で生きる時代になるのでしょうか。それも、半分半分思想で何とかやっと行きたいです。

→ これからは国産の農作物はずっと重要になっていくと思います。日本の農業の携わる方々。よろしくお願いいたします。

==========
多くの保守系言論人は民主主義の終わりだ!不正だ!チャイナに世界を牛耳られる!と感情のままに叫ぶばかりで、実のない発信内容が多かったです。混乱した時ほどその人の人間力?胆力が出るのかもしれません。

→ 不安と不満を煽るだけの情報とは距離を置いたほうがいいと思います。マスクしないで感染者のそばで深呼吸するようなものと思います。

==========
今回の大統領選挙について田中宇(さかい)氏が面白い見解を言っています。
宇氏はどっちかというと左寄りですが。
https://tanakanews.com/
米民主党の選挙不正

要はトランプがわざと負けてるふりをしてるという事です。

→ 非常に的確だと思います。

==========
1,負の感情を出さないことが喜びなのではないのですか?

2,人間だから、完全に負の感情がなくならないかもしれない。でも、最短で切り替えれることが幸せへの近道で喜びでの近道なのではないですか?

3,「昇華する”行動”」を喜びとする意図を教えて下さい。難が去った状況に対する喜びはわかりますが、負の感情が存在しないと「昇華する行動」が出来ません。
「わざわざ負の思いを作る必要はない」のであれば、昇華する”行動”が喜びである必要もないのでは?と思うのですが。

災難を昇華することは生きていく手段で、結果的に幸せになるための手段であって。結果的な喜びをもたらす手段であって。
”手段自体を幸せ”とするまるぞうさんの意図がわからないのです。

→ 私の仮説の風景はこういう感じに似ています。
それはきれい好きな人に似ています。
自分の部屋を片付けるのが好きな人です。
散らかっていると落ち着かない。きれいにするとすっとする。

それはきれい好きな人でおせっかいな人に似ています。
公共の場所でも散らかっていたらつい整頓してしまう人。
自分のものでもないゴミを集めてゴミ箱に入れる人。

その人になぜそんなことするのか聞いてみたとして、
質問してみるとその方は何と答えるだろうか。と思います。

==========
曇り空は草引き日和で、ちょっと土を掘るとミミズが顔を出したり、一匹のハエが右手にまつわりついたり、黄蝶蝶がとんでいたり、小さな畑に癒されています。十数年前に亡くなった二人の母も父亡き後、手元足元の生活を愛おしみながら生きて居たんだろうなって、やっと親の気持ちが分かる様になりました。私も精一杯自分なりに愉しみたいと思っています。

→ 良い景色をありがとうございます。

==========
でも人様の仰ることが悪意でなければ、それは本当のことかもしれませんね。私は私を誰よりも多角的に見れないんですものね。でも人様の私への印象を伺って、そのように受け取られたのか気を付けようとだいぶ周囲に気を使うようにはなりました。過去に一度だけ、知り合いから言われたことでショックで泣いたことがあります。その仰ることが本当のことだとわかったので泣きました。怒りはわきませんでしたので、私には大事なことだったんだろうな。
逆に怒りで暴れたくなったこともあります。それはどうなんだろか?その人とは絶縁してしまいました。すべてのひとの言葉が神様からのメッセージだと思えたら、すごい強かになれるかもしれません。
でも私は狭量で器が小さい人なので、そこまでいかないと思います。でも人様の反応やご意見、昔よりはあまり気にならなくなりました。恐い人だと思ってましたと言われた時も、そう、私は恐いんですよって笑えるようにはなれました。人にどう見られるかは平気になれました。落ち込んだり怒りで眠れないみたいなことはなくなりました。それだけでもよかったとホッとしています。諦めてくれて有り難うね私、ですね。

→ 真実の言葉だと思います。投稿ありがとうございます。大切なメッセージですね。

==========
再度のロックダウンで欧州全体、世の中の気分が落ち込みまくりです。そもそも11月に入ると日照時間が激減し、空は暗い雲に覆われるか、または10メートル先がやっと視える濃霧が立ち込めてるか、という毎日が続くので皆軽いウツ気分になるのです。そして今年は再度のロックダウンがこの時期に。

→ 夜明け前が一番暗いと言われます。世界全体がしばらくは暗いかもしれないですね〜。
義弟さんが無事回復しますように。

==========
日本では、先日の住民投票で大阪都構想が否決されたにもかかわらず、また総合区条例を作るなど市長が発表しました。維新は道州制を目指し最終的には政府からの独立するためにどうしても大阪を一つにするつもりです。維新は、戸籍制度廃止、外国人参政権を主張し、チャイナ人地区を作り日本の法律が通らない日本の中の外国を作ろうとしています。

→ 私の見解は
・大阪を一つにする:○
・道州制にする:✗(条件によっては△)
・戸籍廃止:✗
・外国人参政権:✗

崖に落ちずガードレールにぶつからず、真ん中の道を進めるといいなと思います。

==========
絵が得意なので、ウェブデザイナーなんて…ああ、無理でしょうけど…やってみたいです。

→ 本当のプロになりたいのなら、まず100点ほどパソコンで絵を描いてみること。そこがまずスタートラインのステップゼロです。
(次のステップはその100点の書き溜めた絵を公開して、世間の評価を真摯に受け止めるのがステップワンです。)

まず、描くなと禁止されても、人の目を盗んで絵を描くぐらいの衝動がないとプロのデザイナーは難しいと思います。

==========


おまけ2
本物(?)の前に来る偽物のグレートリセット。




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加