まるぞう備忘録

無題のドキュメント

時事ネタと3つの質問。

2020-11-06 09:50:05 | 今日のひとり言

防災カレンダー 
横浜市から南東方向(立つ雲)


徳島市





潜在因子が未来を引き寄せる。

陰陽の仮説とは
・陰と陽の因子は同時に生成される。
・一つは表の事象として。一つは裏の潜在因子として。
・裏の潜在因子は時間差で必ず表の事象として現れる。
(表の事象は裏の潜在因子に引かれるとも言える9
・陰と陽は正反対真逆。
・奪うものは奪われる/執着するものは失う
・与えるものは与えられる/手放すものは与えられる

 ですから、表の事象を観察すると、そのあとその人その組織その国家が将来どういう状態になるかわかります。
 これはごく普通の人間でも「今を観察し、今の正反対の潜在因子を観察すること」で未来に何が起こるかを知ることが出来る。というのが陰陽の仮説です。

 だから今世界で起きていること。これから世界で起きること。それは陰陽の仮説で、誰でも知ることが出来ます。



アメリカという国が引き寄せているもの。

 まず今多くの人が知りたいアメリカの行方。
 潜在因子としては、アメリカは国が二つに分かれて争い合うという現実を引き寄せるでしょう。
 アメリカの繁栄は、他の国との戦争を仕掛けて搾取したことによってもたらされていた一面があります。実際のドンパチ戦争や目に見えない経済戦争。搾取して膨れ上がるほど、国が分裂する潜在因子を蓄積しています。

 アメリカという文明が世界に与えたことと、奪ったことの相殺の帳尻合わせ。大きな振り子か小さな振り子か。時期はいつになるかは流動的でも、その相殺は必ず来る。

 それはかつてのスペインも同様。彼らが圧倒的な力で南アメリカで起こした虐殺と略奪の相殺。それがスペイン国内の長期に渡る内戦と国力低下という現実を引き寄せました。振り子はからならず帳尻があう。



中華人民共和国という国が引き寄せているもの。

 皆さんが知りたい中国について。こちらも残念ながら衰退分裂の因子をものすごい勢いで蓄積しています。しかもアメリカよりも業が深い。だから今のまま分裂衰退するのではなく、持ち上げてから落下する未来。10m下に落下するのではなく、20mまで持ち上がって、落差20mという衝撃の未来。業が深いね。

 だから最初は追い風に見えるよ。怖いね。



日本が引き寄せている自分たちの未来。

 皆さんが知りたい日本について。陰陽の仮説の視点では、先延ばしにしていた宿題をとうとう仕上げなきゃね。一番見たくなかったことを見なきゃいけなくなる現実を引き寄せている。

 自分の国を自分たちで守るということ。そろそろ洗脳から解けなきゃね。永遠の子供も大人に目覚める痛み。

・アメリカの分裂と衰退
・中国の追い風(最初だけ)
・日本が目覚める痛み

 細かい事象はいろいろ派生はあるでしょうが、それぞれの国は今の潜在因子の着地点に引き寄せられている。そういうように見える。



人類に起きている変化を俯瞰すると。

 でね。やはり人類は私達の旧人類から、次の新人類に交代変化する。そのように思いたいですね。

・小さな警告をとらえて備える運命操縦力。
・○○のせいにしない。パニックに強い胆力。
・ゼロイチ敵味方ではなく半分半分の認識力。
・負の想いを昇華することが喜びであること。



読者の方へのお願い。3つの質問という形式を試してみたい。

 あとこんな個人的なメモを読んでくださる奇特な読者の方にお願いです。もし私の記事で疑問があれば、教えていただけませんでしょうか。
 その時に、質問を3つ書いて頂けませんでしょうか。

 もし質問が1つだけであったとしても、同じ質問を表現を変えてで良いので、3つの質問で問うて頂けるととても助かります。
 なぜ3つなの?それは三角測量。質問を3つ頂くとその場所がかなり正確にわかるから。

 今回の時事ネタでも今書いている同行二人ツーリングの個人風景の記事でも。
 何言っているかわからない。理解できない。意味わからない。という点について、お手数ですが3つの質問の形で問うて頂けると非常に助かります。おそらく読んでいる他の読者の方にとっても助けになると思います。

 よろしくお願いいたします。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
内弁慶だから大抵は親以外は我慢するか黙ってる方です。

→ 一日何回か起きるその我慢のイベント(複数形)の中に重要な答がある。というのはいかがでしょう。
多分意味不明でしょうか。すみません。質問3つ頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

ー=========
丸像さんは難しいです。わかるようにお願いしてます。アインシュタインが中学聖にむつかしいお話しをわかるまで神下いておらます。どんなに素晴らしくても、勿体ないです。

→ コメントありがとうございます。可能であれば、わかりにくいポイント(複数形)について、3つご質問頂けませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

==========
米国は大変な事になっていて落ち着かない気分なんですが、向こうの出来事も自分の出来事も全部繋がっているんですよね。面というのは分かりやすい感じですね。皆んなどこかしらで繋がっていて影響をあたえあってるんですね〜。

→ ざわざわとした胸騒ぎも、世界中の人達と同時に感じていると思います。でもそれは陰と陽。塞翁が馬だから。という風景はいかがでしょうか。

==========
グレートリセットについての解説をお願いいたします。
withコロナの混乱に乗じて…なのか、むしろグレートリセットのために起きたコロナなのか。
頭ぐるぐるです。

→ オーケーです。ただし可能であれば今疑問に思われていることを3つの質問にして再投稿頂けませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

==========
そう考えると、ひとの悪口をいったり、出来事を嘆いたりため息を出すのはやめて、どこか綻びがあったらすぐ結びに行きたくなりますね。

→ 俯瞰の視点だといろいろ気づいてお得なことがあるという仮説です。コメントありがとうございます。

==========
次の日、彼女から電話があり大変感謝されました。オキシメーターで出た数値のおかげで病院に入院出来たとのことでした。かなり危ない状態だったそうです。
まるぞうさんの記事がきっかけで買ったオキシメーター、遠く離れた国で役に立ちました。

→ 個人的なメモがお役に立つことがあるなら嬉しいです。ありがとうございます。
ところで欧州の治安の話題が出るたびに気にしております。欧州にお住まいの方たちへ。想定備えによって無難になりますように。

==========
アメリカ大統領選挙もトランプ大統領にすんなり決まると思っていましたが、選挙前にバイデン氏から「不正投票の仕組みが出来た」とのコメントに
小さな不安は感じていました。

→ もし良かったらソースを教えて頂けませんでしょうか。

バイデンの裏の人達は、バイデンを大統領にするのが目的ではなく、ナンシー氏を代行にするために、不正投票の仕組みをバレでもいいように使ったのではないかと思います。

ナンシー代行だと中共は追い風キターと喜ぶことと思います。

==========
自分の人生を振り返ると 織りあがった布には、頑張りましたで賞と織られている気がします。

→ 一番良い賞ですね。ありがとうございます。

==========
でも、なんだかなあ、じわりじわりと何かが崩れて行く予感。

→ 毎日のジタバタ半分。機織りの布という俯瞰の視点半分の。半分半分の風景は観たかった風景だと思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。


コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加