まるぞう備忘録

無題のドキュメント

フルスロットル。

2020-10-05 08:09:39 | 今日のひとり言


日本学術会議 税金を使っているから総理が自由に拒否していい? 日本の常識が問われている
猪野 亨2020年10月04日 11:26

 日本学術会議の人事について推薦した105名のうち6名が菅総理によって拒否されましたが、これが総理の権限だから問題ない、なんて言ってしまっている人たちには驚かされます。
 常識的に考えて推薦制を取る以上、それを尊重する運用を行うのが当然の要請です。
「政府から独立して政策提言をする「日本学術会議」に推薦候補を拒否した菅政権 安倍政権の恣意的人事の悪しき承継者」
・・・
 しかし、やっぱり誰がみてもおかしいものはおかしいんです。
・・・
https://blogos.com/article/488798/


 弁護士の先生の記事をもってしても「推薦拒否」は法的根拠はない。ということのようです。
 「常識的に考えても」とか「誰がみても」という言葉の意味は、「私の常識から考えても」「私がみても」という意味ですから、表現を誇張して批判するという手段しかない。ということなのでしょう。



自分の心の中の敵を相手に投射する。

 今回この記事を引用したのは、この弁護士先生のご意見を批判するという意味ではありません。眠ったまま同士の人間の討論の例として。

 推薦人候補を菅総理が拒否したこと。これに賛成か反対か。この背景には「安倍政権の方針に賛成か反対か」があります。反安倍政権だった6人が外されて、反安倍政権の人達が憤慨している。逆に安倍政権支持の人は菅総理賛成している。

 安倍政権に反対する人達。全員とは言いませんが、教育で受けた洗脳に忠実だった人が多いように見受けられます。
・安倍は日本を戦争の出来る国にする。

 実際は国際世論がぶっそうになり始める前に戸締まりをしましょうという政策であっても、
・戸締まり=日本が戦争が出来る国=子供たちを戦場に行かせるな

 このような戦後の洗脳が解けない方たち。でも一時期に比べて洗脳が解け始めた人は随分増えて来ているように思います。

 あるいは、自分の人生の闘いの敵を安倍政権に投射している人達。この人達は「反体制・反権力」の人生でありました。体制と権力と闘って来た人生。ですから、体制と権力の象徴としての安倍政権です。
 人生観が構築されている若い時代に、学生運動真っ只中だった方々などがそうでありましょう。
・アベ政治を許さない

 逆に、安倍政権を支持しているという方々にも、自分の過去の闘いを投射している方々もいらっしゃるようです。ゼロイチ思考の人達です。
・あいつは○ 愛国者
・あいつは✗ 売国奴

 このようにして○✗で線引きします。でもご自身の判断で○✗をつけるのならまだ良いのですが、ご自身では判断出来ない。ではネットなどで論壇と称される人の発言や批評○✗をそのままコピーする人達。
 私号の自我は、敵か味方かをゼロイチで判断したいという癖があります。

反安倍でも親安倍でも
・発言が感情的である
・思考がゼロイチである

 こういう人達は眠ったまま、条件反射的にお互い相手を批判する。「常識的に考えても」「誰がみても」という言葉は、感情的に相手を揺さぶる代表的な常套句です。



起きている人=自分は半分は正しいが半分は間違っている。
眠っている人=自分が全部正しい。相手が全部間違っている。


 これに対して
・発言が感情的ではなく理論的
・ゼロイチではなく半分半分の視点

である意見は、起きている割合が高い人である。私は個人的にそう思います。

・人と討論する時に、相手の本心がどこにあるかが重要。
・人は自分の本心を隠したまま表面の言葉で討論をする傾向がある。
・人は自分の本心に気づかないことも多い。自分が発する表面の言葉が本心だと勘違いしていることも多い。
・表面の言葉だけ追っても意味なし。相手はすり替えて論点をずらすだけ。
・しかし本人は自分が論点をずらしたことも気づいていない。自分の中の本心がどこにあるか自覚していないから。気づきたくないから。かも。



「私を認めて欲しい」の応酬。

 仕事上の討論は結果がわかりやすい。誰が責任を負うか。
 政治と宗教の話は、お互い仮想的を相手に投射しやすいので、この討論は誰も幸せにならない。ということが多い。お互い眠ったままの討論の堂々巡りから抜け出せなくなる。

 若い頃の私は、自分を認めてもらいたくて、いろいろな人に議論をふっかけていたかもしれませんが、いつの頃からかそういう癖は消えて行きました。人の陰口を言わなくなった時期と同じ頃かもしれません。
 きっと両者には何か共通点があるのかもしれません。



国内の無菌培養社会の常識と、世界の強いもの勝ちと常識の温度差を知っていく段階に。

 それとは別に、今回の菅首相の判断は大したものだと私は評価しています。掃除することが御自分の役割であることを本当に良く理解されている。そしてスタートからフルスロットルです。さスガです。
 多分今回の6人拒否はまだ序の口。数年後振り返ると、あの頃はあんなレベルで問題になってたのか。と懐かしく思うぐらいであろう。そのように思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
まるぞうさーん!
YouTubeのカレーのレシピ。
油は「引く」だと思うのですが。どうでしょう?

→ はい。引くが正しいです。ご指摘ありがとうございます。また一つ賢くなれました!

==========
「過去」傷つけられたことよりも、傷つけたことのほうをいつも思います。

→ コメントありがとうございます。

==========
最近、夫が怒ってばかりで疲れておりましたが、いい技を見つけました。時空を飛ぶのです。まあ、そこから心だけでも避難させるのですが、謝ってきた夫に時空を超えていたから平気だったよ、と言ったら意外と好評でこれは良いと思ったのでお知らせします。

→ 汲み取り便所のそばを通る時は息を止めるのは役に立つテクニックだと思います。
それとは別に、舞台の上で演じている役が半分。舞台を俯瞰して観ている役者の自分が半分。が個人的に私が実験している内容です。

==========
現在の自宅の周辺は、3.11の後にホットスポット(放射能)とされていた辺りと近いです。
・・・
狭い庭ですが、今まで庭仕事はしてこなかった私にはとても大変な作業で、
草ゴミの収集に出さずに庭にまければ、楽だなぁ
と思いつつ、なんとなく放射能が気になり、ゴミ袋に詰めて出したり、
竹(笹)やドクダミも大量発生していましたので
最終的にはサンフーロンと言う除草剤で退治しました。

→ 私なら放射能測定器を借りて自宅庭を測定します。その結果で刈った植物を廃棄するか、そのまま地面に撒くかを決めます。一泊二日で2400円という価格のものがありました。(ただし私はこの業者で借りたことはないので業者選びはご自身の判断でお願いいたします)
https://www.apex106.com/other/measure/mks-05.php
https://www.apex106.com/other/measure/sv-2000.php

==========
10月2日は私の誕生日です🎵

→ おめでとうございます。そして安全運転で🎵

==========
そして、
許せないほど、苦しめられてきた人達は
私が今…死ぬって時に、思い出す存在じゃない。恨みも嫌な思いも、そんな気持ちを持つ時間がもったいない。嫌な人より大事な人のことを考えたい。
・・・
時間は永遠と思っているから、嫌な人や事を考えてしまうのかもしれないなあ。

→ コメントありがとうございます。参考になります。眠っている人は自分自身を牢獄に留めている。同じ考えの繰り返し堂々巡り。

でも死んだあとその堂々巡りを後悔するのであれば、今気づいた方が後悔が少なくてお得なわけです。今、死後の視点で現在を観るということ。という個人的な私の心象風景の仮説です。

==========
この人生をね、いつか失うことが、とてもせつないのです。
苦しいことばかりだったように思うのに。

→ 過去と未来と現在がこの瞬間にあるのなら、何も失うものはない。死んだとしてもこの瞬間に留まり続けているのだから。という心象風景です。

==========





本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
画像ライブラリ

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (23)