goo

口論議論がなくなる理由。補足。




今日も個人的な私的メモを備忘のために書いて置かせて頂きます。
陰陽の科学(陰陽道)では、プラスの因子とマイナスの因子は、必ず同量同時に生まれると教えてくれます。ですから私たちが人に対する行為も、必ず陰と陽の因子として同時に創られております。

ですからやはり、私が他者にした行為は、必ず同量だけ自分に返ってくる。これが陰陽の科学の一面であります。陰陽の科学とは、文字通り科学の法則でありますが、同時に人生の生き方の知恵でもあります。



宗教によっては、死後天国や地獄に行くという教えもありますし、次回生まれ変わる境遇で帳尻があうという教えもあります。

幸運な人は、生きている期間で、自分が他者に発したマイナスの帳尻を、昇華するチャンスに恵まれるかもしれませんが、不運な人は、自分の人生が終わって、もう取り返しのつかないタイムアウトのあと、自分が他人にしたマイナスの帳尻を合わせられるかもしれません。

ただ死後のことなんて、科学的に解明されていない要素ですので、どう感じるかは、非常に個人的な心の内面の話であります。ひょっとしたら死後の世界の帳尻なんてものはなく、人を傷つけたり泣かせても、この世の中で奪ったもの勝ちなのかもしれません。

ただ私達日本人の感性からは、多くの人は、自分の良心=お天道様だけは、決して騙すことはできない。そのように漠然ではありながら、自分の良心に従って生きようと思っている人が大多数ではないかと思います。




さて、人と口論議論をするときに、一番怖いのは、自分が誤解のまま相手を傷つけたりすることです。自分が知らないうちに、自分がつまらないプライドにひっかかっていたり、過去の傷を他の人に投射したりして、またも他人を攻撃し傷つけることであります。

だから他人と意見が異なっても、その場で論破することはしないということは、ためらわれるようになっていくかもしれません。うむ。そしてそれとは逆に、相手のそのカチンと来る意見こそ、今自分が、誰かに対して道を踏み外そうとしているよ。という警告の可能性を、自分の心の中で充分検証する必要があるそのような仮説も浮かびます。




しかし、この社会で生きていくということは、どうしても理不尽に自分にひどくあたって来る人もいるかもしれません。他の人はうまくやっているのに、私にだけに意地悪くきつくあたってくる人もいるかもしれません。

もしそれが、金銭のからむ契約に関することや、暴力や犯罪行為であるなら、当然折れることなく毅然と対応するべきであります。が、

もしそれが、家族や親しい友人そして同じ職場での人間関係の出来事であるならば、やはりそれは8割は自分に問題があるという警告である。私の人生の経験ではそうでありました。個人的な経験値です。普遍性はないことでありましょうが。

ただし2割については、相手側に問題がある。そういうこともあるでしょう。でもその時でも問題はないのでした。もし私自身が、自分自身に厳しく、相手に対しては謙虚で素直な態度を維持していれば。自分自身が素直な鏡でありますから。



それは陰陽の科学で導き出された結論であります。

もし本当に相手が非道い人であるならば、相手の発した贈り物は、私に届くことなく、ご本人に戻るからであります。鏡であれば。
私が自分自身に厳しく、相手に謙虚で素直であること。素直であるということは、鏡の純度が高いということであります。

相手に仕返ししてやろうと自分の心の中で思い出すと、自分の鏡の純度は一気に曇ります。ですからこの2割の鏡のことは、あまりこういう場所には書かない方がいいかもしれません。

相手を恨み、仕返ししてやりたい。という人ほど、鏡で贈り物を返すことはできにくくなります。自分でその相手からの「敵意」という贈り物を受け取って開けてしまうからです。

大切なのは、自分に厳しく、相手に謙虚で素直なことであることでありますが、そういう人は、もう「相手に仕返ししたい」とは思わないです。



陰陽の科学(陰陽道)は、プラスとマイナスが同じ量だけ同時に生まれることを私達に教えてくれます。その視点で人生自分に起きることを見ると、見えることと見えないことが見事に一致します。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )