自然の光で部屋を明るくする!太陽光照明ブログ!

部屋が暗くて困っている方いませんか?電気を使わずに太陽の光だけで部屋を明るくする『太陽光照明』の紹介ブログです

日差しを部屋の中まで入れる方法(スカイライトチューブ)

2015-05-31 12:00:00 | 【取付事例】3階建の1階を明るくした事例

建物の形状によってはたとえ窓が大きかったとしても庇や建物の向きによって部屋の中まで

日差しが入らない場合があります。

特に窓から離れた部屋の奥側は日が入りらず暗くなりがちです。

 

そういった時にこのスカイライトチューブを使えば部屋の奥側だとしても

太陽の光を取り込むことができます。

通常の窓ではなしえなかったことがスカイライトチューブでは可能となります。

 

 

工事も特殊な場合でない限り通常は1日で取付完了します。

翌日からは太陽の光が部屋に入り込みます。

SLTK-39-1.jpg

 

こういった瓦屋根でも問題なく取り付け可能です。

SLTK-39-2.jpg

 

こちらは2階の反射チューブ(ダクト)が通っている部分です。

柱型に囲っているところの中を配管しています。

右側は隙間が空いたため、そこへ棚を設置して収納として使えるようにしています。

SLTK-39-3.jpg

 

【BEFORE】

こちらはスカイライトチューブ設置前の写真です。

天井が白いクロス等ではなく板張りになっているため余計に暗く感じてしまいます。

SLTK-39-4.jpg

 

【AFTER】

こちらはスカイライトチューブ設置後の写真です。

天井中央付近の丸く光っているものがスカイライトチューブです。

電気も使わず機械も使っていないため自然光そのものの光が入り込んでいます。

SLTK-39-5.jpg

 

SLTK-39-6.jpg

見積及び現地調査は無料で行っております。

設置をご検討の方でまだ決めかねている方も見積や現地調査だけでも承っております。

お気軽にご相談ください。

 

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************








部屋の中まで太陽の光を(スカイライトチューブ)

2015-05-29 12:00:00 | 【取付事例】キッチンへの取付

11月になり、もう今年も2ヶ月を切りました・・・。

でも寒い冬は年を越しても続きます。

夏に比べて日の落ちるのがすごい早いですよね。

 

日中も太陽高度が低いため、夏と比べて部屋の中に入る日差しが

違っていると思います。

なので今まで明るかった部屋もなんだか暗く感じるかと思います。

 

まだまだ間に合います。

気分が落ち込む前にぜひスカイライトチューブと共に明るくなってください。

SLTK-55-1.jpg

SLTK-55-2.jpg

 

取付工事が終わった時の写真なので、夕方の明るさの写真です。

ほぼ日が陰った状態ですね。日差しが屋根に当たっていない場合でもこれだけの明るさが

室内に入ってきます。曇りの日や雨の日でもそうです。

SLTK-55-3.jpg

SLTK-55-4.jpg

詳しい内容に関してはこちらまで。

お気軽にご相談ください。

 

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************








日当たり悪い1階を太陽の光で明るく(スカイライトチューブ)

2015-05-27 12:00:00 | 【取付事例】リビングへの取付

年齢を重ねるにつれ、2階への上り下りが辛くなりほぼ階で一日を過ごすことが

多くなっていくと思います。

 

子供たちも自立して家を出て、2階はほぼ倉庫代わり。

でも2階は日当たり抜群で1階は薄暗い・・・。

 

家にいることが多くなるお年寄りにこそおひさまが降り注ぐ明るい部屋で

生活してほしいものです。

 

 

【BEFORE】

こちらのお客様はお父様がほぼ1階で生活されるため、冬の暗さが嫌になり

スカイライトチューブを設置することになりました。

やはり暗いですね・・・。みなさんの家と比べてどうですか?

SLTK-26-1.jpg

 

【AFTER】

今回はほぼ中央の位置にスカイライトチューブを設置することができました。

設置位置は自由に設置できるわけではなく、2階や上階との間取り関係で決定されます。

また、他にも構造的な問題で位置を決める場合もありますので

こちらで図面や現地調査を踏まえながらご提案を行っております。

SLTK-26-2.jpg

 

屋根は元々コロニアル屋根で、古くなったためカバー工法で上から板金屋根を被せてあります。

屋根が2重となっていますが取り付け可能です。

SLTK-26-3.jpg

 

2階の反射チューブ(ダクト)貫通箇所はクローゼット内の角です。

柱型の中に反射チューブ(ダクト)が通っています。

SLTK-26-4.jpg

 

天井を見上げると優しく柔らかい自然の光が降り注ぎます。

ぜひ皆さんも体感してみてください。

SLTK-26-5.jpg

当社ショールームで見学会を随時行っております。

詳しくは下記までご連絡ください。

 

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************








明るいダイニングで食事を(スカイライトチューブ)

2015-05-25 12:00:00 | 【取付事例】和室、和瓦への取付

食事って一人で暗いところで食べていてもおいしく感じないですよね。

やっぱりみんなで話ながら明るい場所で楽しく食べた方がおいしく感じるように思います。

 

朝日と共に朝ごはんを食べる、素敵な生活ではないでしょうか。

 

【BEFORE】

設置前の写真です。

こんなに暗いところでご飯を食べるのはちょっと寂しいですね。

やっぱり電気を付けたくなる暗さです。

SLTK-31-1.jpg

【AFTER】

テーブルの周りが太陽の光で明るく照らされています。

これは電気を付けたわけではなく、スカイライトチューブを設置して太陽の光が室内に広がっているのです。

SLTK-31-2.jpg

 

【BEFORE】

SLTK-31-3.jpg

【AFTER】

SLTK-31-4.jpg

 

【AFTER】

天井中央でキラキラと光っています。

太陽の光を導いているため、外の天候によって明るさが変わってきます。

晴れていればもちろん明るく輝きます。曇りの場合は曇りなりの明るさが室内に入ってきます。

雨でも真っ暗にはならず、曇りと同様に外の明るさがそのまま室内に入るイメージです。

 

夕方になるにつれてスカイライトチューブの明るさも陰り始め、日没になれば

スカイライトチューブも暗くなる、ごくごく単純です。

 

室内にいながら外の天気の変化がわかるため人間の生活には一番良い照明だと思います。

事務所などで一日働いているとずっと蛍光灯に照らされていますよね?

人間はロボットや機械ではなく生き物ですから、植物のように太陽の光を浴びて

健康に生きたいものです。

SLTK-31-5.jpg

 

詳しいお問い合わせはこちらまで

お気軽にご相談ください。

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************








お子さんのためにも明るい部屋にしましょう(スカイライトチューブ)

2015-05-23 12:00:00 | 【取付事例】リビングへの取付

こちらのお客様はやはり冬に陽が入らなくなってきて毎年暗い気持ちで辛かったそうです。

どうにかスカイライトチューブでお役に立つことができました。

 

 

下の写真は屋根の写真です。

ドーム状の部分で太陽の光を反射チューブ(ダクト)内部に落とし込んでいます。

SLTK-54-1.jpg

2階を反射チューブ(ダクト)が貫通しているところです。

クローゼットの角を通しています。

SLTK-54-2.jpg

 

反射チューブ(ダクト)はアルミ製でとても軽いのですが、その分やわらかいのでへこまないように

囲い工事を行います。

SLTK-54-3.jpg

 

【BEFORE】

こちらは設置前の1階での写真です。

SLTK-54-4.jpg

 

【AFTER】

こちらは設置後の写真です。

SLTK-54-5.jpg

 

【BEFORE】

こちらは設置前の1階での写真です。

やはり電気を付けたくなるほど暗いですね。

SLTK-54-6.jpg

 

【AFTER】

こちらは設置後の写真です。

今まで太陽の光が入らなかったところに天井から明るく拡散しています。

SLTK-54-7.jpgSLTK-54-8.jpg

SLTK-54-9.jpg

 

詳しいお問い合わせはこちらまで

お気軽にご相談ください。

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************








陽の入らない部屋を明るくする方法(スカイライトチューブ)

2015-05-21 12:00:00 | 【取付事例】キッチンへの取付

お仕事を定年退職され、家にいる時間が長くなったというご夫婦もいらっしゃるのではないでしょうか。

今までは平日昼間、仕事で家を留守にしていたご主人もこれからは家にいることになります。

 

その時に「なんかうちは日当たり悪いな・・・」と気づくこともあると思います。

一度気になるとそのあとずーっと気になっちゃいますよね・・・。

 

テレビ見るのも電気を付けて・・・

新聞読むのも電気を付けて・・・

 

結局一日中電気を付けっぱなしになってしまいます。

気分的に良いものではないですよね・・・。

 

ぜひスカイライトチューブと共に定年後の生活を明るく送ってほしいものです、

 

 

 

下の写真はコロニアル屋根にスカイライトチューブを設置した時の写真です。

SLTK-61-1.jpg

 

屋根から小屋裏を貫通させて部屋の中に反射チューブ(ダクト)を配管させます。

SLTK-61-2.jpg

 

2階の部屋の角に反射チューブ(ダクト)を通しました。

ボードで囲ってクロスを張る仕様となっています。

SLTK-61-3.jpg

 

クロスで囲ったあとの写真です。

SLTK-61-4.jpg

 

【BEFORE】

下の写真はスカイライトチューブ設置前の写真です。

SLTK-61-5.jpg

 

【AFTER】

スカイライトチューブを設置したあとの写真です。

天井面から太陽の光が部屋に拡散しています。

SLTK-61-6.jpg

当社事務所内にもショールームとして実際の明るさを確認して頂けるようになっています。

予約制となっていますのでご希望の方は下記までご連絡ください。

資料のみのご請求も受け付けておりますのでお気軽にお電話ください。

 

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************

 








スカイライトチューブプラスアルファでさらに明るい生活を

2015-05-19 12:00:00 | 【取付事例】特殊な場合

当社にお問い合わせ頂く中でスカイライトチューブだけでなく、他の工事も一緒に行う場合もあります。

その中で多いのがキッチンを開放的にする工事です。

 

最近は対面式のキッチンが多くなってきましたが、

壁のないオープン的なキッチンと壁で囲まれてカウンター部分のみ開口されている閉鎖的なキッチンがあります。

 

人によっては壁で囲まれている方が安心したり集中して料理ができるという方もいます。

ですが、閉鎖的なキッチンは周りから光が入りにくくなり暗くなりがちです。

やはり開放的に明るいキッチンを希望される奥様は多いようです。

 

そこで当社ではスカイライトチューブを設置するのと同時に

キッチンのシンク上部に設置されている吊戸棚と下がり壁を撤去して開放的なキッチンにする工事も

同時に行ったりします。

 

下のご意見はそのスカイライトチューブ+キッチンの工事を行ったお客様からのご感想です。

※写真がアップできず、わかりづらくてすいません・・・

SLTS-28-1.jpg

詳しい内容に関してやご相談は下記フリーダイヤルまでご連絡ください。

フリーダイヤル0120-315-339

スカイライトチューブ関東/担当:井上








家のリビングを太陽の光で明るくできる(スカイライトチューブ)

2015-05-17 12:00:00 | 【取付事例】リビングへの取付

最近では共働きのご家庭も多くなってきていますが、みなさまのご家庭はいかがでしょうか?

それでもなお日中の時間、家に長くいるのは奥様が多いですよね。

子供がいる家庭は特に家に閉じこもりがちになったりします。

 

そんなとき家の中が日当たり悪く、一日中薄暗いとどうでしょう??

外が天気良いのに朝から晩まで電気をつけっぱなし・・・

昼間はあまり電気をつけないようにするけど、暗くてなんだか寂しいし・・・

付ければ付けたであまり気分良いものでもないし・・・

消せば暗いし・・・

 

 

って思っている方いらっしゃいませんか?

以外にこう思って悩んでいる方多いようです。

 

そういう方はお早目にご相談ください。

スカイライトチューブで解決するかもしれません。

フリーダイヤル0120-315-339

スカイライトチューブ関東/担当:井上

 

 

下の写真は同じようなお悩みを持たれていた方のお宅です。

スカイライトチューブを設置させて頂きました。

SLTK-52-1.jpg

屋根から小屋裏内部を通って2階の天井まで反射チューブ(ダクト)を配管します。

SLTK-52-2.jpg

下の写真の中央付近にある柱型の内部に反射チューブ(ダクト)が通っています。

上が小屋裏・屋根で、下が1階です。

写真は2階の部分です。

SLTK-52-3.jpg

 

 

取付が完了した時にはすでに日が落ちてしまっており、スカイライトチューブの明るさを確認することができませんでした。

スカイライトチューブは太陽の光を反射させて導くため、夜は外と一緒で暗くなります。

下の写真の天井面に丸く白いリング状のものがスカイライトチューブです。

中央が黒くなっていますが、昼間はここから太陽の光が入り込みます。

※天井面右の四角いものは既存の電気照明です

SLTK-52-4.jpgSLTK-52-5.jpg

詳しいお問い合わせはこちらまで

お気軽にご相談ください。

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************








太陽の光で家を明るくする(スカイライトチューブ)

2015-05-15 12:00:00 | 【取付事例】特殊な場合

日当たりが悪く、部屋が暗くなってしまうのは

都内ばかりではありません。

 

下の写真のような少し離れた郊外の建物でも日差しが入りづらい部分は多くあります。

特に昔の建物だと屋根の軒先が深く、なかなか中央部分まで光が届かないことが多いです。

 

また、都内と違って建物も大きいお屋敷が多いので建物中央部分は暗いのではと思います。

下の写真のお宅はスカイライトチューブを合計4箇所設置させて頂きました。

SLTS-25-1.jpg

 

SLTS-25-2.jpg

 

このように内部はもう真っ暗です・・・。

SLTS-25-3.jpg

 

1台設置するだけでこの明るさ。これなら電気をつける必要ないですし安全に廊下を通れますね。

SLTS-25-4.jpg

 

こちらは反射チューブ(ダクト)を屋根から小屋裏収納を貫通させる時の写真です。

反射チューブ(ダクト)の内部は太陽の光が無数に反射しており、

この光を反射チューブ(ダクト)をつなげてつなげて延長させることで必要な場所まで光を導きます。

SLTS-25-5.jpg

SLTS-25-6.jpg

※部屋の内部の写真があまり残ってなかったので写真はここまでです。

 その他さまざまな施工事例が数多くありますので何かご質問・気になる点等ありましたら下記までご連絡ください。

 フリーダイヤル0120-315-339

スカイライトチューブ関東/担当:井上

 SLTS-25-7.jpg

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************








部屋に太陽光を入れる(スカイライトチューブ)

2015-05-13 12:00:00 | 【取付事例】リビングへの取付

ご自宅のお部屋に太陽の光が入らないということで色々と工夫されている方が多くいらっしゃいます。

例えば、外に鏡を置き光を反射させて部屋が明るくなるようにしたり

2階の床をガラス張りにしてその上に天窓をつけたり、サンルームをつくったり、

屋上に大きな反射板を置いてみたり・・・

 

ですが、どれもうまくいかなかったようでインターネット等で色々探して

当社にお問い合わせを頂いたりしています。

 

スカイライトチューブはそういった苦悩をパッと明るく解決します。

 

具体的な仕組みや金額等、気になる方はぜひ一度ご連絡ください。

※フリーダイヤル

 0120-315-339

スカイライトチューブ関東/担当:井上

 

 

【BEFORE】

SLTS-33-1.jpg

【AFTER】

SLTS-33-2.jpg

 

【BEFORE】

SLTS-33-3.jpg

 

【AFTER】

SLTS-33-4.jpg

 

 

今回は2箇所設置させて頂きました。

SLTS-33-5.jpg

SLTS-33-6.jpg

 

 

SLTS-33-7.jpg

********************************************

Company:スカイライトチューブ関東

・担当:井上 由美子

・Tel:0120-315-339

・HP:http://www.asmo-e.co.jp/arc/

・E-mail:SLT@asmo-e.co.jp

 ・Address:

〒131-0031東京都墨田区墨田1-16-16 

********************************************