整骨院シエスタ

東京都東大和市の女性向け整骨院シエスタ。のんびりとした時間が流れています。

「生活習慣を変えるダイエット」 良い睡眠

2016-01-26 12:31:31 | ダイエット

こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

「生活習慣を変える」ダイエットについて書いています。

眠ることについてもうちょっと書いてみますね

睡眠にはレム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)があってワンセットで90分くらい、

一晩にこれを4~6回くらい繰り返してると言われています。

4回繰り返す人は6時間、6回繰り返す人は9時間睡眠になるってこと。

睡眠不足だと「痩せる」ホルモンの分泌が少なくなるよ~って書きました

平均的なところから考えると5時間以下だと睡眠不足って感じかな

眠っていると成長ホルモンが分泌されますよという話もしました。

特に徐波睡眠が成長ホルモン分泌を刺激するということなんですが・・・

徐波睡眠ってノンレム睡眠(深い睡眠)のことです

レム睡眠(浅い睡眠)の時は夢を見ていたり、ちょっとした物音で目が覚めたりします。

いわゆる質の良い睡眠、ノンレム睡眠(深い睡眠)を増やすにはどうしましょうか

寝る直前の食事やお酒はあんまり良くないんだな~

寝つきは良くなるような気がしますよね~ところが睡眠自体は浅くなっちゃう。

あと、運動する前にカフェインを取るのは痩せるのに効果的って言われてるけど

感受性の強い人は眠りが浅くなっちゃうから夕方以降は控えたほうがいいかもね

たぶんね~今、一番簡単に誰にでもできるのは、

寝る直前までテレビを見たり、パソコン、スマホ、携帯を使わないってことじゃないかと思います

なぜかって、画面から出るブルーライトの刺激が脳を活性化させちゃう。

体を休めたいのに、頭が冴えて眠れなくなっちゃう

交感神経が優位になっちゃうんですよ。

寝ている時は体を休めている時だから副交感神経が優位になってるはずなのね。

だから、眠るとき、寝ようと思った時に副交感神経を優位にするって大事なの。

例えば、眠る数時間前にお風呂に入る、ストレッチをする、部屋の照明を少し落とす、ゆったりした音楽を聴く

好きな香りを楽しむ~なんて方法もあります。

副交感神経を優位にすることは質の良い睡眠につながって疲労回復にもいいし

便秘の予防にも効果があるんですよ~

肥満と便秘ってワンセットで話題になることありますよね

次は便秘のお話ししますよぉ~




コメント   この記事についてブログを書く
« 「生活習慣を変えるダイエッ... | トップ | 好きなものは好き 甘いもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイエット」カテゴリの最新記事