大平台小 お話し隊♪ です!

浜松市立大平台小学校の読み聞かせボランティアのお話し隊♪ です。
本年度もこのブログで活動の様子をお伝えしていきます。

今日読んだ本のリスト(2017/06/28)

2017-06-28 | 読んだ本リスト

 

  読んだ本のリスト

1-1 ヘンテコリンおじさん

1-2 ちょっとだけまいご/なつのいけ

1-3 ねこざかなのすいか

2-1 それならいいいえありますよ

2-2 おさるのジョージ/おもちゃやさんへいく

2-3 ひみつのカレーライス

3-1 ぶたくんと100ぴきのおおかみ

3-2 それからのおにがしま

3-3 きつねのテスト

4-1 100えんのにじ

4-2 にじ

4-3 ガンバレまけるなナメクジくん

4-4 どうするジョージ!

5-1 1000の風 1000のチェロ

5-2 クマですがイスです

5-3 めっきらもっきらどおんどん

6-1 おじさんのかさ/ウィリーとともだち

6-2 さとりくん

6-3 いちがんこく

6-4 三びきのコブタ/ほんとうの話

           (お話し隊

 

 

 

コメント

本日の読み聞かせ 2年1組

2017-06-28 | 本日の読み聞かせ

『それなら いい いえありますよ』

作:澤野秋文

出版社:講談社

なまけものの「ぎんた」の家はいつも散らかり放題

ぎんたはある日、のらねこのちゃまるが色々なところで暮らす生き物の要望に応えて

新しい家を紹介してくれる家探しの名人(猫)だと知ります

ぎんたはちゃまるに“かたづいてきれいないえ”というお願いをするのですが・・・。

この絵本の絵はとっても可愛らしく各ページが賑やかな雰囲気になっています。

最後はクスッと笑えてしまえる結末で子供たちも楽しめるお話しでした。

お家に帰ったら、いつもよりちょっとお片付けできたかな〜

                          (とらねこたいしょう)

コメント

今日読んだ本のリスト(2017/06/21)

2017-06-21 | 読んだ本リスト

 

   読んだ本のリスト

1-1 よくばりすぎたねこ/いいから いいから

1-2 なつのおとずれ/おばけなんてないさ

1-3 オニじゃないよおにぎりだよ

2-1 バムとケロのおかいもの/ぼくがラーメンたべてるとき

2-2 バムとケロのにちようび

2-3 シニガミさん

3-1 りょうりをしてはいけないなべ

3-2 みずやりとうばん

3-3 モグラくんとセミのこくん

4-1 ガンバレまけるなナメクジくん

4-2 にんじゃつばめ丸

4-3 旅するベッド

4-4 ろくべえまってろよ

5年生は2年生に読み聞かせ

6-1 おかえし

6-2 もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし

6-3,4 せんたくかあちゃん

      (お話し隊

 

 

 

コメント

本日の読み聞かせ(6月21日)1年3組

2017-06-21 | 本日の読み聞かせ

 

 『オニじゃないよ おにぎりだよ』

   作:シゲタサヤカ

 出版社:えほんの社

おにぎり好きのオニ達が、人間の落としたおにぎりを拾って食べ、大ショック

人間にほんとうに美味しいおにぎりの味を教えようと、おにぎりを持って人間の町へ。

でも人間達は逃げてしまって。。。

オニ達の喜んでもらいたい気持ちは伝わるのでしょうか

 

   

 

「オニは怖いから逃げちゃうんだよぅ~」と声が聞こえてくる中、

「なんで逃げちゃうの?」とオニ達に同情する声も

段々オニ達の優しさ、一生懸命さが伝わった様子でした。

逃げられないように考えたオニ達の案はみんなクスッてしてしまうほど。

最後にはこのオニ達が大好きになってしまう本です。

 

静かに集中してお話を聞いてくれてありがとー

 

(うさこ

 

 

 

 

 

 

 

コメント

 図書室 小杉先生のお話

2017-06-15 | イベント

         6月14日(水)図書室の小杉先生による講話を行いました 

大切なお話しを沢山聞く事ができ、自分自身の読み聞かせを振り返ることが出来ました!

来週からの読み聞かせは今よりもっと素敵な10分間にしようと思います

 

そして今回は、高学年におすすめの絵本を用意してくださいました

大平台小学校の図書室にある絵本で、10分以内で読める絵本を条件に

集めてくださいました 

とっても沢山の絵本が集まっていて、ジャンルも様々。

小杉先生の情報はとても多く、深いものでした。

 

高学年の絵本の紹介前に、

大人になってからの小杉先生ご自身の体験をお話ししてくださいました

ある講演会に行った時、その講演の先生が絵本の読み聞かせをして

くださいました。

小杉先生は読んでもらったその絵本にとても感動してすぐに買いに

行かれたそうです。

そして同じ絵本を自分で読んでみたら...やはりいい絵本、でも...

なぜか読み聞かせをして貰った時と同じ感動は感じられなかったそうです。

大人でもそういう事を感じるので、きっと子供達にも私達が読んだ

絵本の何かが心の隅に残っていますねと…

「あまり高学年だからとか、気にせずに読み聞かせしていいと思いますよ」と

安心するアドバイスをいただきました。

 

小杉先生、本当にありがとうございました

 

                            (お話し隊♪)

 

 

コメント