大平台小 お話し隊♪ です!

浜松市立大平台小学校の読み聞かせボランティアのお話し隊♪ です。
本年度もこのブログで活動の様子をお伝えしていきます。

お礼。お勧め本の紹介。

2012-12-26 | 挨拶

いよいよ今年も終わりです。みなさんはどのような1年でしたか?

今年のお話し隊。

ブログの回数を増やしてより多くの情報を発信していく事を心がけました。

読書バイキングと冬フェスでは子どもたちに

大人気のブラックシアターの上演を行いました

頑張った分、たくさんの笑顔に出会えました。

大変だった分、充実感いっぱいになりました。

機会を与えてくださった学校・楽しみに足を運んでくれた子どもたち

そして協力してくれたメンバーたち。

みなさん、ありがとうございました

来年の活動も楽しみにしていてくださいね。

 

今年最後のおすすめの本は「スイミー」さんの紹介です。

『爆笑絵本』と言うカテゴリーがある事を、知っていましたか?

浜松市ではわかりませんが、図書館でも分けている所があるみたいですよ

私はつい最近まで知りませんでした。

その中の一冊

 うえきばちです  川端 誠   BL出版


うえきばちに種を植えると…芽が出て、葉が出て…と成長していきますよね?

そのうえきばちに、あれを植えると…。

読み聞かせをしたクラスでは、結構良い反応がもらえましたよ。

凄く短い時間で読める一冊ですが、インパクトはあります!

良かったら、試してみませんか?
                                           (スイミー)

 

楽しそうな本ですね。読んでみたくなりました。

では良いお年を。来年もよろしくお願いします

                                           バムとケロ

コメント (1)

あらしのよるに

2012-12-21 | イベント

先日の冬のフェスタで、ブラックシアターを見逃してしまった人のために。

『あらしのよるに』 講談社
木村裕一 作 あべ弘士 絵

(この画像は許可を得て掲載しています)


音楽室で上演された、ブラックシアター。

音響はバッチリ、ピアノもある、暗幕で真っ暗になる、と三拍子揃って、いよいよです!



あらしのよる、この小屋の中で、奇跡の出会いがあります



そう、ヤギとオオカミが、ひとつ屋根の下で出会ったのです。

そして、真っ暗で見えない中で、友情が…



二ひきの回想シーン

雷や、たたきつける雨の恐怖を、二ひきはお互いの存在で、打ち消していき、乗り越えます。



そして、また会う約束をして、別れます。
お互いに誰か、がわからないまま。

この本には続きがある、と書きましたが、ここで紹介しますね。(全7巻)

あらしのよるに…ヤギとオオカミの奇妙な奇跡の友情
あるはれたひに…友情は食欲に勝てるか
くものきれまに…ひみつの友達って、色々たいへん
きりのなかで … 仲間か友達か?それがたいへんな問題だ
どしゃぶりのひに…生きるためには、うらぎりも必要なのか
ふぶきのあした…この友情はもう誰にも止められない
まんげつのよるに…二ひきの友情は、はたして永遠?

はたしてどうなるのかが、気になる人は、是非読んでみてね!

(のっそりぐま)

コメント

本日の読み聞かせ 6年1組

2012-12-19 | 本日の読み聞かせ

12月19日 6年1組

 題名 いっぽんの鉛筆のむこうに 谷川俊太郎文 

坂井信彦ほか写真 堀内誠一絵 福音館書店

 

あらすじ・・・私たちが何気なく日々使っている鉛筆は

どこで、どうやって、どんな人が作っているのだろう?

そんな疑問に答えてくれるような本です。

スリランカの鉱山で採れた黒鉛を元に芯が作られ、アメリカで採れた木材が、

日本で芯を囲む本体に加工されます

船で運ばれ、工場で加工され、お店に置かれるようになるまでは沢山の人々の労働がある、

ということを教えてくれる内容になっています。

 真剣に聞いてくれました

ひとこと・・・古い本なので、写真の様子に時代を感じた子もいたかもしれません。

物語ではないのですが、簡単に手に入る鉛筆のようなものでも、

後ろには沢山の人々が関わっているということを改めて認識できる本です。

ものに限らず、出所を知りたいという好奇心は

子供も大人も学びの出発点になるので大切にしていきたいですね

何気なく使っていた鉛筆。ちがった方向からみて感じることができたかな。

(モモ)

 

コメント (3)

待ちに待ったブラックシアター

2012-12-15 | イベント

今日の大平台小学校「冬のフェスタ」。

 私たちお話隊はブラックシアターを行いました。

あらしのよるに  きむら ゆういち作  あべ 弘士絵  講談社

あらすじ・・・あるひどいあらしのよる。たどり着いたまっくらな小屋の中で出会った

ヤギとオオカミはお互いが分からないまま仲良く時を過ごすうちに、

友情が芽生えていきます。

さて2匹はどうなっていくのでしょうか?

 

 

この日のためにみんな一生懸命練習してきました。

先週までは少し不安もありましたが、今日は今までで1番の出来でした

お客さんの入りも上々。

子供だけでなくお母さんやお父さんまで来てくださって、

最初は騒がしくしていた子供たちも、始まったとたん静かになり

物語に引き込まれていっているのを感じました。

終演後子供たちの満足そうな顔に

「準備は大変だったけどやってよかった」と思いました。

さて・・・また次回の「ブラックシアター」をお楽しみに

(お話隊)

 

 

コメント (1)

冬のフェスタ

2012-12-14 | イベント

いよいよ明日は、冬のフェスタですね。

お話し隊も、ブラックシアターを上演しますよ。

9時15分からと、9時45分からの、二回公演です。

良かったら、見に来て下さいね。

ちなみに、途中入場は出来ないので、時間に余裕を持って、お越し下さい。

コメント