大賀ハスのふるさとの会

東京大学からハス見本園の管理を引き継ぎ、観蓮会の開催・ ハス文化の継承と普及を行うため組織されたボランティア団体です

2018年8月4日 活動報告 ③ 紅がにも咲きました

2018-08-05 15:18:12 | ハス

引き続き、8月4日の見本園で咲いている花蓮をご紹介します。

昨年は咲かなかった紅がにです。今はつぼみですが、咲いた姿が面白いのでまたアップします!

剣舞蓮です。花弁が剣のように長く尖っています。

紅重台蓮。中国品種のなかでも特に華やかです。

真如蓮です。今年は花つきも良く、元気に成長しています。見本園のなかでは圧倒的な存在感です。

紅領巾です。中輪の花ですが、次から次へと咲いてくれます。中国武漢市の園林研究所で小舞妃の実生から生まれた品種です。

酔妃蓮です。花は白地にピンク色の爪紅(つまべに:花弁の先端が紅色)。

青菱紅蓮です。中国武漢市に自生する蓮。中国ではこの蓮の実を食用として利用しています。

西湖蓮です。詩仙堂西湖蓮と呼ばれるほど、京都市の詩仙堂とゆかりのある蓮です。

清月蓮です。

露華濃です。

目川西です。残念ながら開花中ではなく、つぼみの姿だけ。

目川西の大きな果托です。

明美とキバナバスの自然交配種です。キバナバスの特徴である独特の花の閉じかたです。太陽の動きを追うように、花弁がねじれて倒れながら閉じていきます。

碧血丹心です。

開花状況報告がつづきます。

 

(担当: れい)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年8月4日 活動報告 ② ... | トップ | 2018年8月4日 活動報告 ④ 舞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハス」カテゴリの最新記事