大賀ハスのふるさとの会

東京大学からハス見本園の管理を引き継ぎ、観蓮会の開催・ ハス文化の継承と普及を行うため組織されたボランティア団体です

2018年6月30日 活動報告 観蓮会の準備

2018-07-03 09:19:20 | 日記

6月30日の活動は、梅雨が明けた快晴の空のもと、気温33℃のなかで行われました。7月14日の観蓮会の準備として、修景池と見本園のマスの整備、東屋のまわりの整備、立ち入ると危険なエリアの杭打ち、果托販売の準備、杖づくりなどを行いました。

事務所の前での朝礼です。観蓮会まであと二週間、今日の作業の説明です。

今年は6月に梅雨が明け、見本園はすでに夏模様! 汗ばむなかでの草刈りです。

東屋ではオカリナ演奏が予定されています。そのまわりの梅の枝に支柱を二本たてました。

昨年の見本園で刈り取った果托。観蓮会で販売するための選り分け作業です。

昨年より多い数の果托が用意されました。

観蓮会の来場者のために、敷地の枝を再利用した杖をつくります。適当な長さと太さの枝を揃えて。

杖は20本。入口に分かりやすく置きました。見本園への坂を上るために使っていただければ幸いです。

修景池の風景です。大賀蓮の立葉は出ていますが、残念ながらまだ蕾が見当たりません。

これからの二週間は、定例の活動日のほかにも会員たちが作業を行っていきます。観蓮会が楽しみです。


(担当: れい)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 花園公民館の大賀蓮モニタリ... | トップ | 2018年6月30日 見本園の開花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事