徳兵衛、狂人の頭の中

C-PTSDを病む四十男です。このブログは、時事に関して、言いたい放題に言い放していくブログです。よろしく!

賞味期限切れの『資本主義世界』

2018-04-22 15:43:12 | 狂人の頭の中


物事には「副作用」がありがちでよく言う「諸刃の剣」なんてなことも言われます。

ここでもう一言、言うならば『制度疲労』もよく聞かれる。

さらにさらに私の造語でいうと『主義疲労』/『主義崩壊』を今回は取り上げたい。

このブログや『うつせみ日記』でも何度も言うようだが、

「『民主主義/資本主義』のセット商品は、もうこの時代に合わない。」と思っている。

少なくとも『資本主義』は、人間を堕落させる事はいわゆる資本主義を標榜する先進国と

言われる国を見れば、解っていただけると思う。

身近なところで言えば、我らが母国『日本国』お隣の『大韓民国(韓国)』を見れば

納得いただけると思うのだが・・・解らない?

韓国で言えば、もともとの「財閥」が幅を効かせていて、「所得の二分化が常態化」していて

国民は財閥批判が二言目には必ず出てくるほどだ。

これは、韓国が戦後日本のように「財閥解体」が無く、戦後軍事政権の庇護の下、

癒着と成長を思うがままにしてきた結果であると思う。

さて、日本国であるが日本の今までの中で言うと、明治~昭和初期の流れで言うと、

「明治/大正資本・民主主義」が「昭和軍国主義の温床を醸成」を

していったと言っても言い過ぎではないだろう。

そんなことから思うに「資本・民主主義」は「独裁・軍事国家」とは連関するものである。

では、「じゃあ、『独裁・軍事国家』と連関しない国家のあり方とは?」と聞かれると、

「高水準福祉/直接選挙制議会主義国家」というと「なんのこっちゃ?」だが、

前の「高水準福祉」は北欧の国々が手本だが、後の「直接選挙制議会主義国家」というのは、

今の日本を考える時に、「憲法改正」や「総理大臣の弾劾」などは、

国民が選出した国会議員に任せているのが現状です。

「憲法改正」は、最終的には国民の投票で決まるのだが、そこまでの過程は議会任せだ。

「高水準福祉」というのは、今の日本に置き換えると資本主義の下、

国民/法人の税金で賄わざるを得ないが、景気の高騰/下落に左右され過ぎなのである。

そこで「資本主義を卒業」して、誤解を恐れずに言えば「鎖国的資本主義」というと

「社会主義懐古主義」のように思われがちですが、「民主/社会主義」といえば、

耳慣れた方も多いはず・・・。

なにせ、すっかり「投機目的でまみれたマーケット」から

自国を守る事が大事と考えているのです。

ということ。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村






『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« gooニュース 『「首相案件、... | トップ | 『小林容疑者-小2女児殺害』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

狂人の頭の中」カテゴリの最新記事