鳥見雑記帳

庭や近所の公園で観察した野鳥についての雑記帳

キビタキのさえずり

2021年05月23日 | キビタキ

今年のキビタキは、ことのほかよくさえずった。

朝だけでなく、昼も夕方も、天気の悪い日もさえずっていたので、もしかして地元で繁殖するのではないかと妄想させるほどだった。

(妄想だったが。)

写真を撮っていて、やはりさえずりのキビタキの魅力が伝わらないと思い、動画を撮ってみたが、望遠手持ちでぶれずに撮るのはちょっと無理だった。

さえずりの声をバックグラウンドにして、さえずり場面を見てほしい。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏鳥の渡り キビタキ編②

2020年11月05日 | キビタキ

あるとき、キビタキのメスがミズキの実を採っているのを観察する機会があった。

 

▲実をくわえる瞬間には目の瞬膜を閉じている。目を保護するためだろうか。

▲くわえた実をもぎ取るためには脚を踏ん張り引っ張らないとならない。

単に実を採るだけのことでも、手のない鳥にとっては、けっこうコツのいる活動に見える。

▲くわえた実は上手に呑み込まないと、落ちてしまう。

▲呑み込んで喉が膨らんでいる。

秋の渡りの時は、オスとはっきりわかる個体以外に、成鳥のメス、メスの若鳥、オスの若鳥がいるはずで、この区別がなかなか難しい。

便宜上メスタイプと呼んで済ませることにしている。

▲水場に来たメス

水場には、複数個体が集まることもある。

▲メスタイプが2羽

▲メスタイプが3羽。なんとなく若鳥のような感じがするが。

▲オスも混じって、仲良く水を飲む。

こういう様子を観察すると、家族で移動しているのではないかと思う。

▲オスが2羽現れることもあるので、複数家族が一緒に移動しているのかもしれない。

▲威嚇しているのは、他家族だから?

キビタキの繁殖地での様子は知らないし、越冬地での様子も知らないが、繁殖地から雌雄と子供たちが一緒に移動し始め、道々他の家族とも合流し、次第に大きな群れになって渡っていくのかなと想像してみた。

渡りの途中は危険がいっぱいで、実際地元でも、猛禽に襲われた個体がいた。親がいなくなっても、群れで動くようになれば、初めての経験の子供たちもより安全に越冬地へ渡れる可能性が増すのではないだろうか。

無事に越冬を終え、きれいな成鳥になって来春にまた来てくれるといい。

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏鳥の秋の渡り キビタキ編

2020年11月04日 | キビタキ

日本で繁殖を終えたキビタキは、9月~10月下旬の間に地元の公園を通過しつつ、越冬地へ向かう。

今年は、地元で毎日のように観察していたので、夏鳥、特にキビタキはよく見ることができた。

秋にはオスも囀らないので、キビタキを探すには、キビタキがよく食べる木の実(地元ではミズキの実が多い)のあるところで待つか、水場で待つのがよい。

ミズキに現れたオスのキビタキ

春の渡りの時は、前の年に遅く生まれた個体は、換羽が完成していないような色の場合もある。特にお腹の部分が白かったり、翼に茶色い羽がある個体がいる。

しかし、秋の渡りでは、みな翼も真っ黒になり、お腹も黄色くてきれいだ。濃いオレンジのものと、黄色みが強いものがいるのは、個体差だろうか。それとも年を重ねるごとに濃くなるのだろうか。

 

水場に現れたオス

ところで、ミズキや水場に現れるオスは、そのとき見られるキビタキの総数のなかで、多くても5分の1ぐらいだ。

他の黄色くない個体を、多くの人は「メス」と呼んでいるが、ほんとうは、メスタイプの若鳥なはずだ。成鳥のメスは、たぶん成鳥のオスと同じぐらいの比率(多くて5分の1)なのだろう。

若鳥と成鳥のメスの見分けはとても難しい。

▲メスの成鳥?若鳥?

つづく

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

戸隠で鳥観 キビタキとコルリ

2018年05月26日 | キビタキ
キビタキはここそこで盛んに囀っていた。





観察していたキビタキが突然足元をすり抜けるようにして飛んできて、近くの枝に止まる。



どうやらどのオスたちも渡ってきたばかりで、縄張り争いに余念がないようだ。
ときどき、オスたちが乱れ飛んで取っ組み合ったりしている。





コルリもコルリポイントで盛んに鳴いていたが、なかなか姿を見ることができなかった。
ほとんど諦めかけていたが、2~3人のカメラマンが姿を捉えていたので、チャンスを待った。

やっと現れたのがこちら。



ピンポイントから覗く。
この枝の上でしばらく囀りを聞かせてくれたが、白いお腹ばかりで、コルリのきれいな青い羽は見せてくれなかった。







でも、なんとか自然の中で囀るコルリの姿を見ることができて、粘ったかいがあった。










コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キビタキ

2015年06月17日 | キビタキ
キビタキ・オオルリ・サンコウチョウは毎年地元の公園で見られるので、地元では春の訪れとともに楽しみに待っている。
地元では繁殖地に向かっていく途中で立ち寄るだけだが、春はきれいな姿ばかりでなく、歌声も耳にすることができてことのほか楽しい。

今年は、なんと4月9日に現れて、その早さに驚いた。



この個体はほとんど囀らす、ひたすらお食事に夢中だった。たびたび目の前の地面すら降りてくる。
よほどお腹がすいていたのだろうか。
木の高いところにいて下から見上げるように見るしかないことが多いが、この個体は割と低い場所でじっくり見ることができた。



毎年見る鳥だが、実はその暮らしぶりはあまり知らない。
今年は、繁殖地の一つ、北海道へ行ったので、繁殖地の様子を少し観察することができた。



オスは盛んに囀り、メスを追いかけている場面にも出遭った。
また、他のオスが近くに来ると、威嚇するように鳴いた。

盛んに威嚇するキビタキ




キビタキのオスの中には、やはり翼に茶色い部分が多い若いオスもいる。



それでも、一生懸命囀って縄張りを主張している。



こちらは、地元でも現れたことがあるとても若い個体。



まだ巣作りは始まっていないようで、オスたちが必死で縄張りづくりに励んでいる様子だったが、きれいな姿と歌声と、生活ぶりの一端が見られてよかった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする