今日の宮古島

宮古島の旅の窓口、オゴエ!コンシェルジュが、今日の宮古島をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

島尻のパーントゥ

2007年11月15日 | 宮古島のイベント

去った11/13と11/14に、国の重要無形文化財の「島尻のパーントゥ」が行われました。
数年前からこの行事は有名になり、取材陣・観光の方がたくさん訪れるようになりました。
オゴエ!バスの隣にあるオキナワ宮古市場でも仮面やストラップが売られています。


右から「んま(親)ぱーんとぅ」・「なか(中)パーントゥ」・「っふぁ(子)パーントゥ」となっています。

このパーントゥは島尻地区の厄払いの行事で、3体のパーントゥが新築の家や子供が誕生した家を廻り、聖地の井戸の泥をつけていきます。
この泥、結構臭いもきついんですよ~
新築のお家のきれいな白いクロスにも・・・新車の中にまで入ってパーントゥがごろん・・・
うれしいのやらかなしいのやら・・・・


でもやっぱり、この泥をつけてもらわないとなぜか不安・・・ということで今年も行って来ました!
人・人・人・・・昨年から地区の皆さんの協力で地元小学校「宮島小学校の運動場」が駐車場となっています。
あまりにも人が多くて、遅く行くとパーントゥも疲れているので、横を通っても厄除けの泥を付けて貰えない。
だから、昨年からパーントゥさんの側へ行き「パーントゥさんつけてください。」と言って付けて貰っています。
実際にパーントゥはいなくても子供達の「キャー」「ワー」の声に小さな子供達はびくびく震えています。




お母さん達にはある意味、ありがたい存在かもしれませんね。
「早く眠らないとパーントゥが来るよ~」というと宮古島の子供達はほとんど言うことを聞きます。





今日の宮古島を見てくださっている方だけに情報です。パーントゥの楽しさを人一倍満喫したいなら、5時くらいに行った方がいいですよ。
人も少なくて、パーントゥもまだまだ元気なので・・・・
来年は私も5時に行きまーす。



noriko@ogoe.bridal

コメント (2)

宮古島サイクリングツアーpart2

2007年11月13日 | ツアーレポート

またまたブログ更新 ご無沙汰してしまいました。ごめんなさい。
宮古島では先週クイチャーフェスティバルが行われ、雨も降りどんどん冬に近づいています。
でも今日は気温は低いものの、陽が照りつけぽかぽか天気となりました。
そんなぽかぽか天気にはやっぱりこれ!
サイクリングはいかがでしょうか?サイクリングメニュー出来上がりました!!
詳細は後ほど・・・
ということで、先日お知らせいたしましたヤマトインターナショナル㈱さんのサイクリングツアーレポートをお送りいたします。

民家を通って到着したのが・・・・オゴエ!TVでもお馴染みの
泡盛酒造の多良川さん
多良川さんの工場見学とっても面白いですよ~
サポート・ガイドを務めた木多さんのご実家は酒屋さん・・・でも木多さんは一滴もお酒を飲むことができません。
工場見学中の木多さんは匂いだけで酔ってしまったようです。



通常は蒸留された泡盛を味わうこともできるのですが、今日のこの日は皆さんバイクでの参加でしたので飲酒運転になるということで残念ながら香りのみを楽しみました。


たくさんお土産も購入いただいたので、ホテルに戻ってからたらふくお飲みいただいたのではないでしょうか?


場所を移動して貯蔵庫の方も見学しました。この貯蔵庫の中には有名人の皆さんの泡盛や観光に訪れた方の思い出の泡盛・地元の方が子供の誕生や結婚の記念の泡盛が貯蔵されています。5年間この貯蔵庫で熟成されます。5年の間に宮古に来られる方は連絡をいれておけばすぐに見えるところに移動しておいてくれます。
さすが、多良川さん。とてもうれしいサービスです。

さあ、多良川さんで泡盛の香りを楽しんだ後は昼食です。多良川さんから数分のところの「丸吉食堂さん」での食事です。大盛りのソーキそばをほおばる皆さんでした。



お腹いっぱいになったところで後半、スタートです。
ここからは裏道を通りホテルまでの道中を楽しみます。
まずは県指定有形民俗文化財の「ウイウスムトゥ」バイクを降りてからのここまでの道のり・・巨大グモに「キャー」という声、そして蚊の大群に「キャー」という声・・・自然にはいい面も悪い面もあります。



気を取り直してここから坂を下り海が見えるロードを走ります。空気がとても心地よく皆さんの笑顔がこぼれます。
・ ・・・と、こんなかわいい?応援団がいました!




新しくできた展望台「上比屋ロードパーク」で少し休憩をしました。
心地よい風に当たりながら眺める青い海は最高でした。
ここには宮古島マップがあり、皆さんでそのマップを囲んでおしゃべりをしました。
木多さんと私で宮古島のマップ案内が始まりました。
特にスポーツ大好きな皆さんには宮古島の有名なイベント「トライアスロンについて」の話は盛り上がりましたよ。
「是非、この中からお一人でもトライアスロンに参加してくださいね」という言葉で締めくくられました。

ここからお茶をいただくとぅんからやさんまで上り坂が続くので木多さんより「上り坂のバイク講習」の後、出発です。












今回プレゼンテーターとなったヤマトインターナショナル㈱の担当者Yさんです。
Yさんとは、4月からこの企画を暖めてきました。Yさんありがとうございました。


さあ、ホテルまでもう少し・・・皆さん名残惜し気にゆっくりと走ります。


最後にはきちんとストレッチをして体をほぐします。


実はこんなかわいい男の子も参加していました。お父さんとお母さんがバイクとレンタカーで交代しながらの参加でした。


皆さん、お疲れ様でした!初めて宮古に来島された方が多かったのですが、宮古の魅力に取り付かれてしまった皆さんでした。

さて、宮古島サイクリングツアーお一人様 10,000円となります。但し、催行人数は10人以上となります。
上記お一人様料金には、プロのインストラクターの方のサポート・ガイド代・傷害保険代・昼食代・お土産代・喫茶店でのお茶代・サイクリング中のドリンクや黒糖なども含まれます。
但し、市内発着以外の場合、サイクリング車の運搬費用が別途かかります。

また、少人数で参加の場合はガイド付きで1名様・・・10,000円・2名様以上の場合はお一人8,400円となります。人数によっては割引などもございますのでどうぞお問い合わせください。
もちろん上記と同じサービス(プロインストラクター除く)がついています。
近く・オゴエ!コンシェルジュにて販売開始です。

本当の宮古島を知るなら・・・・サイクリングツアーですよ!
noriko@ogoe.bridal