今日の宮古島

宮古島の旅の窓口、オゴエ!コンシェルジュが、今日の宮古島をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第21回全日本トライアスロン宮古島大会

2005年04月18日 | 宮古島のイベント

昨日は第21回全日本トライアスロン宮古島大会が開催されました。
オキナワ宮古市場&オゴエ!コンシェルジュも、店舗のテントをゴール手前5kmの地点に移動して応援体制。

エントリー選手全員の名簿を手に、通る選手と照らし合わせて名前を呼んで、最後の選手が通り過ぎるまで応援に励みました。

選手の皆さん、お疲れ様でした。
そして島に感動を与えてくれて、ありがとうございました。


今日は選手の皆さんに「お部屋でのんびりお休み下さい」といわんばかりの雨模様。
疲れた体を、ゆっくりと休められたでしょうか。

また来年の大会でお会いできることを、楽しみにお待ちしております。
【今日の服装】
長袖シャツ/ジーパン
コメント (4)

第21回全日本トライアスロン宮古島大会

2005年04月16日 | 宮古島のイベント

明日はいよいよ第21回全日本トライアスロン宮古島大会。
一年で一番宮古島が盛り上がる日です。

昨日からロードバイクに乗った選手の姿があちこちで見受けられ、トライアスロンに興味がない人でも次第に気分が盛り上がってきます。
島民の5分の1がボランティアとして運営にあたり、島民の半分以上が朝から「ワイドー!ワイドー!(=がんばれ!)」と沿道でエールを送り続けます。

オゴエ!コンシェルジュスタッフ一同、宮古島からの出場選手77人をはじめ、世界中から集まった選手のみなさん全員の安全と完走をお祈りしております。


明日はオキナワ宮古市場のテントをコース沿いに移動して、スタッフ総出で一日応援しますよー!

【今日の服装】
Tシャツ/薄手のパンツ

今日の3時ちょーき(シークヮーサー入り四季柑)

2005年04月15日 | 宮古島の美味しいもの

1杯で、眠気も吹き飛ぶ酸味が自慢。

通常のシークヮーサージュースは甘味料が入っていてかなり甘いものが多いのですが、こちらは濃厚な果汁100%。
コップに1杯も飲めば、相当健康な気分になります。

が、酸っぱすぎて飲めないというわけではなく、柑橘系の爽やかな酸っぱさなで「シャキッ!」と覚醒モードに切り替わります。

カクテルなんかに使うととっても美味しいそうですよ。
個人的にはバナナと一緒にミキサーにかけて、スムージーにしたい感じです。


ちなみに「四季柑(しきかん)」とは、台湾産のシークヮーサーのことだそうです。
沖縄産のシークヮーサーとは微妙に違うそうなので、輸入物はシークヮーサーと表記できなくなったそうな。


【今日の服装】
サマーセーター/薄手のパンツ

ビデンス・ピローサ

2005年04月14日 | 宮古島のへぇ~

宮古島には花粉症がありません。
本土の花粉症がピークの時期に、宮古島に避難してくる方もいるそうです。

さて、宮古島でいつでもどこでも咲いているこの白い花。
タチアワユキセンダングサ(立泡雪栴檀草)と呼ばれるこの草、学名はビデンス・ピローサといい、桁違いの生命力を発揮して島中に自生しています。


白い可憐な花、と言うよりは野性味溢れる素朴な雑草なのですが、なかなかキレイです。

このパワフルな雑草、じゃなくて宮古島の珊瑚礁土壌で有機栽培されたビデンス・ピローサを利用した健康食品が、今花粉に悩む方達に大人気だそうです。


詳しくはこちらから



オゴエ!ツアーガイド募集!

2005年04月13日 | 緊急告知!

オゴエ!コンシェルジュでは、宮古島を案内するフリーのツアーガイドを募集しています。
オゴエ!企画ツアーや、あなたの得意なフィールドで、宮古島を訪れるお客様をご案内しませんか?

史跡散策、エコガイド、民俗文化等、現在宮古島在住でガイドをされている方、またガイド経験がある方のご応募をお待ちしております

ちなみに写真はアーサ採りツアーの様子です。
道端の雑草抜きではありません。



詳細はこちらから
オゴエ!コンシェルジュ ツアーガイド募集

【今日の服装】
今日は寒いので、長袖シャツ/トレーナー/ジーパン


サニツ(旧暦3月3日)

2005年04月11日 | 宮古島のイベント

サニツ(旧暦3月3日)は本来女性の行事で、海に入り身を清めて健康を祈願する日でもあるそうです。



というわけで、入ってきました。
(浮き玉ではありません)



天気もよいとは言えず、暖かいわけでもないので街に一番近いパイナガマビーチは人もまばら。

海に入ってしまえば、意外とあったかくて快適でしたよ。

八重干瀬祭り/サニツ(旧暦の3月3日)

2005年04月11日 | 宮古島のイベント

今日は旧暦の3月3日。サニツと呼ばれる日です。
毎年この日は大潮で八重干瀬のサンゴ礁が海上に浮かび上がるので、八重干瀬上陸ツアーが催行されています。

宮古島ではあまり馴染みのないムーチー(=餅。沖縄のお菓子)ですが、来間島ではサニツにムーチーを作って食べる家庭が多いそうです。
オゴエ!コンシェルジュにも、来間島のおばあがふくらし粉入りのふわふわムーチーを持ってきてくれました。


うーん、サニン(=月桃の葉)のいい匂いがして美味しい。


サニツは天気が崩れる、と言われている通り、今日もどんよりと曇り空の宮古島です。


【今日の服装】
長袖シャツ/デニムのパンツ


夏が来ました

2005年04月08日 | 宮古島の天気

夏が来ました。


これから日ごとに暑くなりそうです。


【今日の服装】
Tシャツ/薄手のパンツ
コメント (4)

ツアーレポート(和剛丸 ドリフトシュノーケリング後半)

2005年04月07日 | ツアーレポート

ツアーレポート(和剛丸 ドリフトシュノーケリング前半)はこちらからどうぞ。




宮古ブルー。




八重干瀬に到着し、ドリフトシュノーケリング開始!
風に流される船から垂らすロープにつかまり、船と一緒に風に自然に流されていきます。
流されていても、船が常に近くにあるので安心感満点。

ドリフトなのでフィンキック不要!だからこんなに浅いリーフの上もシュノーケリングが可能です。




オニヒトデペア発見。




持参のかぼちゃてんぷら(さたぱんびん)で3時ちょーき。
青い海で食べるてんぷら最高。




シュノーケルを200%堪能して、船長宅に帰着。

いつのまにか皆さん顔が日焼けで真っ赤になっています。
庭で栽培しているアロエも、お肌のお手入れ用にサービスしてくれました。




こんな感じにスライスしたものを、直に顔に塗ります。
ぬるぬるとしますが、洗い流さずそのまま乾燥させるとお肌がしっとりします。

そのほかにも、船長と船長の奥様の心づくしのちょっとしたお楽しみがありますよ。
それは参加してからのお楽しみです!




今回お世話になった、和剛丸の船長、芦川剛志氏。
こんな可愛いショットもあります。


宮古の海を、「貸切でまったり楽しみたい」「体力の限界までとことん泳ぎたい」「とにかくマイペースで堪能したい!」という方には、このドリフトシュノーケリングがイチオシです。


詳細はこちらから> オゴエ!コンシェルジュ ドリフトシュノーケリング

芦川剛志船長撮影のポストカードもよろしくお願いします。


コメント (2)

ツアーレポート(和剛丸 ドリフトシュノーケリング前半)

2005年04月06日 | ツアーレポート

4月3日の海開きから、よい天気が続いています。
まだシュノーケルにはちょっと肌寒い気がしないでもないのですが、昨日和剛丸のドリフトシュノーケリングに行ってまいりました。




さあ、池間漁港から出発です。
今日のお客様は男性4名。
ちなみに和剛丸の定員は6名です(船長を含む)




今日の最初のポイントは大神島のリーフ。
シュノーケル初体験のお客様でも、ここの浅いリーフで慣れるまでのんびりと遊んでいただきます。




み・て・く・だ・さ・いっ!!
この青い海。
ちょっと水が冷たくたって夢中で泳いでしまいます。
泳ぎが苦手なお客様も、いつのまにか泳げるようになっている和剛丸マジック。




大神島周辺の浅いリーフは、ソフトコーラルの花畑。
八重干瀬に行かなくてもこんなにキレイです。
水温が少し低めなので、透明度は抜群!




体が冷え切ったところで、船の上でランチ。
フルーツ、カップスープ、天然黒糖など、海の真ん中で食べるランチは最高です。




ランチの後、大神島に上陸して休憩。
遠見台にも上りました。
静かで胸がすーっとする景色です。




冷えた体は、温まったコンクリートであっためます。
このまったりとした時間がたまりません。




体が温まった後、船で別のポイントに移動します。
この日の午後の行き先は八重干瀬に決定。



*** 後半に続きます…お楽しみに! ***

ツアーレポート(和剛丸 ドリフトシュノーケリング後半)