川越市、所沢市、新座市、八王子市、練馬区周辺の障害年金申請をサポートします。 小木曽社労士事務所

障害年金の専門家です。 問い合わせ 04-2937-6856 ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

自分で障害年金を申請する場合の注意点

2021年07月16日 10時32分38秒 | 障害年金

障害年金は、初診日がはっきりしていて保険料の納付要件を満たすことが明らかであり、かつ障害の状態がはっきりしている場合は、手続きが比較的簡単で、ご自身若しくはご家族が動くことが可能であれば、十分ご自身若しくはご家族で申請することができます。例えば、重度の知的障害の方、人工透析を受けている方(初診日がはっきりしている場合に限る)などは、担当窓口の指示に従って診断書等の書類を整え、申請の書類を記載すれば比較的簡単に申請できます。

公的な相談窓口は初診日に加入していた保険制度によります。初診日が

 

二十歳未満の場合   年金事務所又は 住所地のある市(区)役所、町村役場

国民年金加入期間中  年金事務所又は 住所地のある市(区)役所、町村役場

厚生年金加入期間中  年金事務所

共済組合加入中    所属している共済組合

            (年金事務所では手続き(相談)ができません)

 

  • 年金事務所は全国どこの年金事務所でも相談できますが、市(区)役所では住所地があることが条件です
  • 年金街角相談センターも年金事務所と同様に相談、手続きができます。
  • 老齢(退職)共済年金、遺族共済年金は年金事務所で手続きできます。

 

以上のことを踏まえて一般的な注意事項は以下の通りです。

 

1,なるべく年金事務所で相談した方が良い。

障害基礎年金の相談、手続きは上記の通りは住所地のある市役所、町村役場でもできますが、地理的に特に遠隔地でない限り、なるべく専門的知識を持った職員が多い年金事務所で相談した方が良いと言われています。

2 担当職員は基本的には、支給、不支給の判断はしません。

  年金事務所等の担当職員は、基本的には必要書類がきちんと記載されていることをチェックしますので、症状が非常に軽度で、明らかに不支給になるような場合であっても

  職員によってはある程度の目安を言ってくれる場合もありまが、普通はそのことは指摘してくれません。

3 申請した書類の控えを必ず取っておいてください。

  特に診断書、病歴就労状況等申立書、受診状況証明書、添付した資料(心電図、血液検査等の記録、など)は必ず、控えを取って下さい。

  診断書は封印がしてあることが多いですが、必ず開封して、コピーを取っておいてください。 不服の申立て、再請求、の時などに必要です。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 就労の状態と精神障害の障害... | トップ | 幼少期からの関節リウマチで... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

障害年金」カテゴリの最新記事