あゆとスコ4匹 のほほん日記

あゆと愛猫4匹の日常、友釣りや釣りの話題ものんびり更新します。

竿納め、友釣り in藁科川&安倍川

2010-11-17 18:55:02 | 友釣り
行ってきました。
今年最後の友釣りです。

最後という事もあって
嬉しいはずなのに、ちょっと淋しい感じもしました。

今年最後になるから
いっぱい写真とりましたっ

でも前日の夜からハイテンションだったよ。




午前3時、豊橋を出発。目指すは藁科川。
ちょっと早いかな(笑)



着いたのは5時半だった。
当たり前だけど、真っ暗で川小屋さんもまだ電気がついていない。
仕方ないので、近くを散策(見えないっちゅーねん)

川小屋の目の前の川に降りてみた
暗くて、なんも見えないし(汗)
なんか前より、水少ない?

そういえば、前回は大雨の後の
アマゾン川のような川だっけ(笑)
ちょっと不安になってきた。




うっすら明るくなってきた空、晴れるといいな


こんな寒くてできるの?ってぶーぶー言いながら
今から釣りができるから、顔はニヤけています


戻ると、川小屋さんに電気がついていた。

「おはようございます」

そーっと入ってる。
マスターが台所でおにぎりつくっていた。

「お久しぶりです」

今は渇水の時期らしく、川の状態はそれほど良くないとの事。
川小屋の前の川も、水かさが少なかった気がする。

6時から、釣る気まんまんでいた私だったけど
9時から2時くらいまでだよっていうマスターの話を聞き、

ああ、そうか
今は11月だったんだーと思う。
夏の友釣りのイメージのまま、来ちゃったから
たった一ヶ月で、こうも違うんだと勉強になった。

マスターがおもむろに、誰かに電話してる
「君を待ってる人がいるから」とか聞こえる。

もしかして?

10分後、そこには懐かしい、まっちゃんの姿が。

待ってたよ。師匠




川小屋。今度の夏までおあずけ。
おとり鮎いりませんか?て、看板娘みたい?



まっちゃんと。
寒いので、ひを炊いてくれた(いつも本当にやさしい)


とりは4匹買った。
すると、まっちゃんが昨日、つれた天然を2匹くれた。

3時には急に寒くなるし、日も暗くなるから
あまり無理しないようにって釘をさされて
時間もないことだし、なごりおしかったけど
また1年後ねって、挨拶をし、川小屋をあとにしました。



トランシーバー。師匠と離れて釣る時は、これで連絡を取り合います。
100キロさきまで通話できるという、すぐれもの。



まっちゃんがこの中から天然を分けてくれた。
この時期は、小さい鮎が釣れるらしい。


寒いから変なかっこうでしょ。誰だかわからん?


「藁科で、いつものポイントをせめるしかないか」

師匠がつぶやく。

「時間もないことだし、駄目なら安倍にもいくぞ」と言われ
さっさと準備にとりかかった。
めっちゃ寒いので、服はもこもこです。

いつものポイントに到着。

目を凝らすと鮎がたまってる!?

めっちゃ、おるやん鮎。

せっせと竿をつくってくれる師匠の隣で
テンションが上がりっぱなしの私






よーく見ると、鮎がみえます
こういう鮎は釣れないんだよね(ザルで、すくいたかった)


水は透き通ってて、本当にきれいだった。
9月の末に行った時より、やはり水は少なかったけど
釣れそうな予感。
それに、この元気で大きなおとり。

久しぶりに泳がせてみる。

あ、この感じ。

久しぶりなんで、ちょっと感覚が鈍ってたし、
水温が低いせいもあってか、おとりがあまり泳いでくれない。
あせらず、ゆっくり水になじませよう。

天気もよくなってきて
水温も上昇してきた。

師匠もやっとこさ、自分の竿をつくり
離れて竿を出したんだけど、なかなか、かかる気配はない。

うーん、前とちがうな。
いる気配はするんだけど、追わないのかな。

こういう時は私は、すぐにあきらめる
ポイントを変えようと、竿をたたんでしまう方。
あんまり、おなじ場所でねばらないのだ。

でもせっかくだから、弱ってきたおとりを船で休ませ
まっちゃんにもらった、天然を泳がせてみる。

さすが天然ちゃんは、あんまり元気はないけれど、
ちょっと水になじんでくると、のぼろうとしてくれる。
鮎にまかせて、泳がせるんだけど
バシッって言う感覚が全然ない。

時間もない事だし、おとりも弱るから
やはり、ポイントを移動しようと提案する。
トランシーバーでは、竿が折れたとの悲しい知らせが。

おまけにハナカン通すとき
手がかじかんで、おとりにがしてしまったとの報告まで。

師匠、苦戦してるな。

私もさっさと竿をたたんで、師匠の応援に。

凹んでると思ったけど
それほどでもない様子(心の中はわからないけど)

「よし、安倍いくぞ」

すかさず、移動した。

マイナス1



おもろいかっこうでしょ。友釣りでレディースの服あればいいのにな



久しぶりで、思うように鮎を誘導できない私


20キロほどはなれて、安倍川に着く。
前回もお世話になった、「さおしんさん」でもおとりを買いました。

こんな弱気でいいの?って思ったけど
なんせ、この時期友釣りは分からないし、
水温のせいで、おとりはすぐに、だめになるかもしれないのだ

玉川はいいみたいだよって情報をもとに
すぐ近くのポイントを目指す




安倍川とあべ川の看板発見

さおしんさんでも、おとりを3匹買いました


玉川付近、ここも景色がきれいで、お気に入り。


前回来たとき、気になりながら行かなかったポイントに着く。

いい感じに石が入ってる。
師匠と離ればなれで、私はとろばで竿をおろした。

またまた事件


あんなに気をつけていたのに
竿先を気にひっかけたのだ

あちゃー。

こうなると、仕掛けごと切らなきゃいけない。

すかさず、トランシーバーで応援をよんだ。

「師匠、やっちゃいました。きてください。
鮎が浮いて死にそう。せっかく今買ってきたのに!」


泣きそうな声に、師匠が飛んできてくれて
竿をなおしてくれたけど、仕掛けも鮎もだめになっちゃった

マイナス2

この時点で残り6匹いたけど、まっちゃんがくれた天然は
ひっくりかえってて、もはや息をしてなかった(汗)

マイナス4

どうなる、私達。

ここで1時間ねばるも、かかる気配がない。
根がかりはするけど

この時点で、4匹しかいなかったけど
今のおとりもだめっぽい。

マイナス6

「よし、この上で最後にしよう。」

少し上は、師匠の好きそうな、急瀬だった
私は苦手なんだけど、これにかけるしかない。
わたしは駄目でも、師匠なら釣るだろう。

朝から釣って、この時点で
5時間やってるけど、あたりすら来てない。

私は、今まで師匠に借りてた竿をやめて
初めて寒狭川で釣った時から、一番相性のいい
いがちゃん竿(師匠の師匠の竿)と、
針はミニマムやめて、バレンの3本イカリにしてみた。

むこうでは、いきなり師匠が根がかりして
またおとりをバラしていた

マイナス7

師匠ここまでか。

私の竿にかかってるのが、最後の1匹だった。

30分くらいしただろうか。
石の裏に、泳がせたとたん、強いヒキを感じた。
ここでは、2、3度、がつんがつんと当たっていたので
もしかしたら、かかってるかもって思って、引っ張ってみた。

おお?

あまりに嬉しくて「釣れたっぽい!!」叫んでしまった。

急瀬だったので、竿は重かったけど
思い切り、引き抜こうとした。

かかっていた。

ちゃんと針についてる!


師匠は、自分でタモに入れてみろと、手伝おうとしてれない。

当たり前か。
なんの為の練習だんたんだ?
たとえ、ここでバレても
ここで手伝ってもらってたら
いつまでたっても、トラウマになって引き抜けないじゃんか。

思い切って、えいっ、て竿尻をあげてみたんだけど
やはり、ばれちゃった

ああ・・・

こんなに苦労したのにっ、一瞬思ったけど
なんか、そんなに悔しくなかった、
だって、釣れる(鮎がいる)ってことが分かったから。

「あと30分でひきあげるぞ」

泣いてもおとりは、今のこの子しかいない。
だんだん、寒くなってきて、水温も低くなってる。

おとりはまだ元気だったし
何度か、がつんってあたる感じはしたんだけど
あれ以来、かけることはできなかった。

「あと5分な。
来年までこれないから、思うようにしなさい。」


師匠の言葉に
ああ、これで最後かって思って
最後の1匹を泳がせながら、師匠のいる場所に戻った

おや??

なにやら重い。
根がかりか?

いやちがう、この感じ
最後の5分でかかったか?

竿の差には2匹、かかてるではないか(しかもめっちゃでかい)

ドラマみたい!って思いながら
最後も引き抜きにチャレンジ。

やりました。

タモ入れはできなかったけど、ちゃんと釣りましたよ。
戻る最中に釣るなんて、
釣ったというよりかけたって感じだけど

なんかすごい1日だったな。



とろば、木にひっかけちゃった。鮎もだめに。



撃沈した師匠。なんども竿を作っては仕掛けもつくってくれて、お疲れさまです。
冬の根がかりは絶対行きたくないと、ぼやいていた。
その背中は、哀愁が漂っていました




でかいでしょ?
最後につれて本当に良かったです



最後はここでも珍プレー?
何度もよろけながら、最後、転んじゃいました




すっかり秋の安倍川の景色。来年までおあずけ



大好きな藁科川の景色

また絶対来るからね。


にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへにほんブログ村







最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
逆転ホームラン (エヴァンゲリオン4号機カオル)
2010-11-17 23:20:38
鮎ちゃん最後の最後で釣れておめでとう。読みながらハラハラしたよ。師匠さんも御苦労様。
これからも鮎ちゃんをささえてあげてね。
最後の釣れたあゆとの満願の笑みすばらしいですね。鮎も満足でしょう。
御疲れ様ですё (尺鮎への道)
2010-11-18 07:15:44
御疲れ様でした。
楽しい鮎釣りも終わりましたが
しっかり充電して来シーズンに備えて下さい。

楽しい、おもろい記事、ありがとう^^

お疲れ様~ (てっちゃん)
2010-11-18 13:56:10
でした♪

最後の一匹良かったですね!!!

私も昨日興津川に行ってきましたけど、まだまだ追って掛かるので、あと一回位行けるかなー?(笑)

来年は興津川にも遊びに来て下さいね♪
尺鮎への道さん (あゆ)
2010-11-18 20:43:57
ただいま。
鮎釣りが終わっちゃって、ちょっと淋しいけど
他の釣りも、どんどんチャレンジシて
来期に備えますね。
尺鮎まではいかんけど(笑)、でかい鮎でしたよ。

てっちゃんさんへ。 (あゆ)
2010-11-18 20:48:22
どうもです。
最後の一匹、釣れたと言うより、
かけたって感じだったけど(笑)
ちゃんと引き抜いて、ドキドキ感を味わいましたよ。
何気にめっちゃ、大きかったので重かったし
いい経験になりました。
あと、1回行くんですねっ。

楽しんで下さいね。
来年は色んな川で釣りたいと思ってるから
興津川に行った際には、ぜひご一緒させて下さいね。
Unknown (こあら)
2010-11-19 00:51:13
お疲れ様でした。
遅くまでやりましたね~
最後の一匹、良かったですね。

先日藁科行った時は、駄目でした。
来年にかけます。

気田川、大井川も面白いですよ。
こあらさんへ (あゆ)
2010-11-19 16:49:13
はじめまして。
コメントありがとうございました。
ブログにも遊びに行きましたが、めっちゃいい写真が多いので
感動しちゃいました。

私はまだまだ釣りも、カメラも初心者なんで
もっと上達したいなーって思ってます。
大井川は面白いって聞いていたので
藁科行く時は、何気にチェックしていました。
来年は、早い時期から色んなとこ行きたいなって思ってます。
面白い (鮎きち)
2010-11-22 11:21:41
はじめまして。

ランキングの上位に上がっていたので
女性で友釣り、しかもトーナメントとは
なんとも頼もしいと思いながら、最初から記事を読ませていただきました。
なかなか面白かったです。
自分にも、こんな時期があったなと、初心に戻るような気持ちにもなりましたよ。
これからも陰ながら応援しています。

来年はトーナメントで大暴れしてください。
鮎きちさん (あゆ)
2010-11-23 19:32:15
はじめまして。

コメントどうもありがとうございます。
トーナメントなんて、夢のような話かもしれませんが
夢はでっかく、目標もでっかくで、頑張ります。
その方が上達も早いと思うので。

来年は、市民大会で大暴れしたいな(汗)

コメントを投稿