どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

バーバー・ヤガー・・ロシア

2019年12月11日 | 昔話(外国)

                世界のむかし話 ロシア/田中泰子・訳/ほるぷ出版/1988年


 ロシアの昔話にはかかせないバーバー・ヤガー。

 この話でも、バーバ・ヤガーの小屋はニワトリノ足とヒツジの角の上にたっています。

 ここにでかけていったのは、まま母から針と糸をもらってくるようにいわれた娘。バーバー・ヤガーはまま母の妹です。

 あわや食べられそうになった娘が、バーバー・ヤガーのところで、働いている下働きの女、ネコ、イヌなどから助けられます。

 ネコはテーブルの上にあるタオルと櫛をもって逃げるようにいいます。櫛を投げると深い森が現れ、タオルをなげると深い川があらわれるとおしえてくれます。

 「三枚のお札」と同様、娘がバーバー・ヤガーのところから逃げ出し、追いつ追われつします。バーバー・ヤガーは、臼を杵でたたきながら、もう一方の手に持った箒で後を消しながらとんでいきます。

 娘は、布を織っていたのですが、織るのをネコに任せて逃げ出します。バーバ・ヤガーに「なぜ娘をにがした!」とどなられたネコは、「あんたはかじりかけの骨だってくれたことがないじゃないか! あのむすめは肉をくれたんだよ」とこたえます。

 バーバ・ヤガーに「なぜ娘にかみつかなかったんだ!」とどなられたイヌは、「あんたは こげたパンの皮もくれなかったじゃないか! あのむすめはパンをくれたんだよ」とこたえます。

 さらに、バーバ・ヤガーに「なぜ門をとじなかったんだ!」とどなられた門は、「もうなんねんも あんたの家ではたらいているのに、あんたは水いっぱいだってかけてくれとことがないじゃないか。あの娘は油をかけてくれたんだぜ」とこたえます。

 シラカバも下働きの女も、バーバー・ヤガーのしうちをうらんで、娘をたすけてくれていたのです。

 娘は、櫛で森を、タオルで川を出現させ、なんとか家に戻ります。

 これを聞いた父親は、はらぐろいおかみさんを家から追い出してしまいます。

 バーバー・ヤガーは、森や川だけでなく、いわば自分の身内?からも 見放されていました。


コメント   この記事についてブログを書く
« おひめさまとカエルさん | トップ | おじいさんとおばけ »
最新の画像もっと見る

昔話(外国)」カテゴリの最新記事