どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

おおきな ものの すきな おうさま

2018年07月11日 | 絵本(日本)

               おおきな ものの すきな おうさま/安野 光雅:作・絵/講談社/1976年


 おおきなもののすきなおうさま。

 屋根よりも高いベッド、プールのような洗面器、百年かかっても食べきれないようなチョコレート。
 チョコレートを食べすぎて、虫歯になった王さまの歯を抜くのは、天井から吊り下げた10人がかりのくぎぬき。
 このくぎぬきはとりかごにつくりかえられることに。
 庭をほって池をつくり、くじらぐらいもある魚をつりあげようと。

 半端ない大きさに唖然としていると、ラストは、大きな大きな植木鉢の上に可愛らしい小さい小さいチューリップが一つ咲いていました。

 お城が出てきますが、城のブロックの一つ一つ,屋根の瓦、人物の一人ひとりも細かく描かれています。面白いと思ったのは、くぎ抜きをつくるところ。設計図があり、ふいごで鉄を熱しています。

 王さまは、小さなチューリップをみて、どうおもわれたのでしょう。

 命を人間がつくることはできない、花一つ、虫一つが、かけがえがないものであることをを思わねばならない、と作者のメッセージも明快です。






ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まめじかカンチル・・インド... | トップ | ふとっちょねこ・・デンマー... »
最近の画像もっと見る

絵本(日本)」カテゴリの最新記事