どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

ぼくは ぞうだ

2018年05月15日 | 絵本(日本)

                    ぼくは ぞうだ/五味 太郎・作/絵本館/2008年


 ぞうさん、なにかいっています。

 なに?なに?  写真やテレビはいや
 どうして?   ぼくが おおきくてりっぱなぞうだということがわからないじゃないか!

 そうかあ!
 
 みんなと一緒に写すとか、重さや背の高さをくらべさせてみて

 目盛りや数字を読めない人は?

 シーソーや食べる量をみてみて

 でもみんな ぞうはおおきくてりっぱとわかっているよ。

 大きい小さいというのは、ほかと比較することでわかるもの。

 ぞうさんの説明にうなずきました。

 動物園に行く前に読んでみたい絵本です。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三枚の金貨 | トップ | せみのこえ »
最近の画像もっと見る

絵本(日本)」カテゴリの最新記事