どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

王さまになった羊飼い・・チベット

2019年02月12日 | 絵本(昔話・外国)

           王さまになった羊飼い/松瀬 七織・再話 イヨンギョン・絵/福音館書店/2018年


 タイトル通り、羊飼いが2羽のカラスが王子の病気の原因と治し方を話しているのを耳にして、そのとおりにすると王子の病気がなおり、国の半分をもらって王さまになるというチベットの昔話。

 では羊飼いがどうして動物の言葉がわかるようになったのかは、こんなわけがありました。

 天涯孤独の貧しい羊飼いが、草原で出会ったうさぎに自分のツアンパ(はだか麦をいって粉にしたもの。お茶やバターをいれてこねてたべる)をわけてあげ、それを百日続けたとき、うさぎは白い髪、白いひげ、白い服のおじいさんに変わり、お礼に動物の言葉がわかる力を授けてくれます。

 このおじいさんは天の神で、悪魔とのたたかい負けてうさぎのかえられていたのですが、ツアンパを百日食べさせてもらえば、もとにもどることになっていたのです。

 そして、まったく話相手のいない羊飼いが、さみしさから、宝物より動物の言葉がわかる力をもとめたのも幸せにつながっていきます。

 正月用に殺されようとした母羊と子羊をつれて、地主の家から逃げ出す もうひとつエピソードがあります。こうした展開だと羊の恩返しがあってもおかしくありませんが、ここでは、旅に出るという昔話のパターンにつながるだけです。

 天の神が悪魔に負けるというのは、ほかの話には、あまり見られません。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« ゆうかんなむすめ・・北コー... | トップ | 親子三人馬鹿・・秋田 »
最近の画像もっと見る

絵本(昔話・外国)」カテゴリの最新記事