どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

まじょのケーキ

2018年03月26日 | 絵本(日本)

               まじょのケーキ/作・絵:たむら しげる/あかね書房/2002年


 今日は、まじょのポルカちゃんのお誕生日。

 おかあさんからいわれて、ケーキを作るための木の実をとりに“はてなのもり”へ。
 ポルカちゃんとおなじくらいのおおきさの きのことあそび。
 木でできたオオカミさんに、つれていってもらったさきには”ほしのみ”が。

 ところが急に雪が降ってきて、おうちにかえれないと こまっていると 誰かの声。

 雪の道をのぼっていくと、なんとそこは、おかあさんが作っているケーキでした。

 森の友達と誕生日のお祝い、ポルカちゃん いくつになったのかな。ろうそくは五つです。

 おかあさんは魔女ですから、魔法をかけるのはお手のもの

 ねがいごとを ひとつして、ろうそくを消してね、とおかあさんにいわれて、二つもおねがいごとするポルカちゃんです。

 表紙のジャンボケーキがおいしそうです。

 魔女にかかせないクロネコも、いつもポルカちゃんのそばにいます。

 木でできたオオカミは裏表紙にもでてきて、枝には、これもおいしそうなサクランボ?も!



ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラジンと魔法のランプ・・... | トップ | アナンシの話・・アフリカ »
最近の画像もっと見る

絵本(日本)」カテゴリの最新記事