どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

大根はエライ

2018年04月15日 | 絵本(自然)

                    大根はエライ/久住 昌之:文・絵/福音館書店/2003年

 「たくさんのふしぎ」2003年9月号が、たくさんのふしぎ傑作集として2018年1月に発行されています。

 大根おろしはいろんな料理にあい、煮てよし、干してよし、相手の味をひきたてたりと大根のよさが満載です。

 大根足や大根役者も見方によっては長所の裏返し。

 裏表紙にエライと万歳されていますが、表紙にはちょっとテレ顔の大根。

 人気、実力ともナンバーワンの野菜なのに、とってもそうみえない大根。大根よ、もっと自己主張しろ!とけしかけられて「いや、ボクはいいよ」って、とっても謙虚な姿勢が可愛らしい大根です。

 大根のルーツや、種類、殺菌効果や栄養にもふれられていて、作者の愛情がいっぱい詰め込まれています。

 主役は名脇役がいてはじめて輝きます。大根って、そういうやつなんだ、そこがエライと作者。

 ところで、大根の花ってみたことありますか。今ちょうど見ごろです。

 写真は三浦大根。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゅうたんを織った王さま・... | トップ | みんなでうどんづくり »
最近の画像もっと見る

絵本(自然)」カテゴリの最新記事