どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

イニーゴ・・フィリピン、黄太郎青太郎・・タイ

2018年08月10日 | 昔話(外国)
 見方ひとつでまったくちがうものに見えてくる話。

・イニーゴ(フィリピンの昔ばなし/カラオの洞窟/荒木博之:編・訳/小峰書店/1989年)

 イニーゴという若者が、一人の老人とあい、一緒に旅することに。

 この若者、老人の家が40キロ先にあると聞いて「何とかその道を短くできませんか」といいます。
 若者は、
  くつをはかずに、ひもでくくって肩にかけています。
  カンカン照りのところでは傘を閉じて、涼しい木陰で、こうもり傘を開いて頭の上にさしかけます。
  川を渡るときは、くつをはき、岸につくとくつをぬぎます。

  死んだ人を担架にのせてくる一行に会うと「あの人はいきているんですか」
  田植えをしている人をみると「米を食べちまって、それでも米を植えているんだね」という始末。

 老人は、若者がおかしなことを言っているなと思いましたが、老人の娘は、まったく別の意味にとらえます。

 「道を短くできませんか」・・「長い道のりでも面白い話をしてくれたら短く感じられる」
 「日照りの道で傘をすぼめて歩き、木陰に入ると傘を開く」・・「木陰では枯れた木の枝が落ちてきて、頭にけがするかも」
 「川を渡るのにわざわざくつをはく」・・「川にはとがった石などがあるから、けがをしないように」
 「死んだ男が生きているか聞かれた」・・「魂が生きているか聞いたのよ」

 もうすこし、やりとりがありますが、娘のいうことがもっともという感じです。


・黄太郎、青太郎(アジアの昔話4/松岡享子・訳/福音館書店/1978年)

 むかし、夫婦にイムという姉とオーンという妹がいました。
 父親はイムに黄太郎という青年を婿に、母親はオーンに青太郎という青年を婿にえらびますが、夫婦は互いの婿が気に入りません。

 ある日、父親は青太郎、黄太郎の二人を連れて、遠い田んぼにでかけるため、舟で出かけます。
 途中、父親は二人をためそうといくつも質問をします。
 
 「なぜペリカンは、水に浮くことができるのかね?」
 黄太郎「からだじゅうにびっしりはねがはえているからですよ」
 青太郎「もともと、うくようににできているからですよ」

 「なぜコウノトリは、大きな声でなくのかね」
 黄太郎「首が長いからですよ」
 青太郎「もともと、大きな声でなくもんだからですよ」

 「なぜペリカンは、水に浮くことができるのかね?」
 黄太郎「からだじゅうにびっしりはねがはえているからですよ」
 青太郎「もともと、うくようににできているからですよ」

 「なぜ外がわの葉は赤くて、内がわみどりなのかね?」
 黄太郎「外がわは、日にあたるので赤く、内がわは、かげになっているので、みどりなのですよ」
 青太郎「もともと、そうなんですよ」

 たんぼをみて「なにひとつそだっていないたんぼと、稲があおあおとみのっているのはどうしてちがうのか?」
 黄太郎「あれている田は、海からのしお水が流れ、もうひとつの田は、真水だからですよ」
 青太郎「もともと、そうなんですよ」

 青太郎の答えを聞いた父親は、青太郎はまぬけな婿だと妻にガミガミいいます。

 しかし、母親が、お気に入りの婿に尋ねると、青太郎は言います。
 「はねの生えていないココナツの実だって浮きます」
 「ガマガエルも、長い首こそないけど、大きな声でなきます」
 「スイカは、日のあたる外がわみどりで、日にあたるはずもない内がわが赤い」
 「はげ頭の男の頭の中をしお水が流れていますか」

 もっともらしくても、かならずしもそうだとは限りません。反証をあげることも可能です。

 婿自慢もほどほどに。

 フィリピンの「イニーゴ」を読んで、タイの「黄太郎 青太郎」を思い出しました。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« うみぼうず | トップ | ヨリンデとヨリンゲル »
最近の画像もっと見る

昔話(外国)」カテゴリの最新記事