どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

せみのこえ

2018年05月15日 | 絵本(日本)

               せみのこえ/ちいさなかがくのとも/槐 真史・文 かわしまはるこ・絵/福音館書店/2017年7月号


 ほとんどが2ページをつかって、縦につながっています。

 木とセミ、セミの鳴き声だけ。

 木が勢いよく上にのび、ごちごちした感じが自然そのまま。

 ジリジリ  ニィーンニィーン
 ミーンミンミンミーン  シャアシャアシャアシャア
 オーシンツクツクオーシンツクツク  ヂッヂッヂッ
 ギイイイイ  キキキキ

 近くでどれだけのセミの声が聞こえるでしょうか。
 ちいさいとき、セミの羽化の瞬間をみることができたら、学者を目指すかも。
 一度だけ2時間ほど待って羽化の瞬間をみたことがありました。それも都会の真ん中で!  
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくは ぞうだ | トップ | 赤ずきん »
最近の画像もっと見る

絵本(日本)」カテゴリの最新記事