どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

昔話の登場人物は何歳か

2018年04月14日 | 昔話あれこれ
 ラジオのトークで、年齢が話題になり、昭和50年はじめの小説に50歳で老婆とあってびっくりしたとありました。
 おばあさんというのは、いくつぐらいか? これにも答えるのは難しく、どこかの国では「おばあさん」と呼ぶと、殺されるという冗談も。

 昔話のでだしは、「おじいさん」「おばあさん」「女の子」「若者」などなどですが、具体的な年齢がでてくる話はおおくありません。

 思い浮かぶのは「白雪姫」。お妃が鏡に向かって「世界中で、だれが一番うつくしいか」と問うと、7歳の白雪姫が一番美しいと答えるところ。
 もうひとつはグリムの「ラプンツェル」。12歳になったラプンツェルが、階段も入り口もない塔にとじこめられます。

 おじいさん、おばあさんというのも、平均年齢が低かったころは、50歳になったら立派な?おばあさんだったのでしょうが、今は、本当に若い年齢です。

 賢い女の子も昔話ではおなじみですが、いくつぐらいでしょうか。現代風にいうと小学生ぐらいでしょうか。中学生以上だと、成熟した女性になりそうです。

 彼、彼女が結ばれるロマンス。結婚年齢もおおむね20歳以上とイメージしていると、昔話のなかではもっと若そうです。

 昔話に具体的な年齢がでてこないのは、平均寿命がのびるのを予測して、時代がかわっても対応できるようにしていたのかもしれません。



  
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねずみのくれたふくべっこ | トップ | じゅうたんを織った王さま・... »
最近の画像もっと見る

昔話あれこれ」カテゴリの最新記事