どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

うみぼうず

2018年08月09日 | 絵本(昔話・日本)

              うみぼうず/岩崎 京子・文 村上 豊・絵/教育画劇/2000年

 お盆はどの村も漁はしないきまり。

 ところが元気な若者たちは、「海は ないで 風はなし、こんな日に船をださんでどうするだ」と海に出て、網を流すと、すぐに魚がかかって、たちまち船は魚でいっぱい。

 よろこんでいると、どこからか霧がわいて、あっというまに、どっちが岸か見当もつかなくなってしまい、波が騒ぎ、船もゆれだします。

 霧になかからでてきたのは、まっくろい のっぺらぼうの海坊主。
 海坊主が、ざぶう ざぶうと 波を掻き分けつかずいてきて・・。

 この海坊主、なかなか迫力があります。

 表紙の絵、タコみたいと思っていたら、若者が真っ青になった顔のようです。

 きまりをあまくみると、何がおこるかわかりません。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« ファンと空飛ぶ三頭の馬・・... | トップ | イニーゴ・・フィリピン、黄... »
最近の画像もっと見る

絵本(昔話・日本)」カテゴリの最新記事