どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

拝啓・手紙です

2018年03月12日 | 絵本(日本)

              拝啓・手紙です/天野祐吉・文 辻本洋太朗・絵/福音館書店 たくさんのふしぎ傑作集/1988年


 「一筆啓上 火の用心 お仙な泣かすな 馬肥やせ」は、短い手紙の代名詞。

 もっと短いのが「?」。ビクトル・ユーゴーが小説「レ・ミゼラブル」の売れ行きを出版社に問い合わせた手紙。出版社からの返事は「!」

 切手のことから、郵便制度のこと、手紙の形式のことまで。

 四千年前に、学校にかよっていた男の子が、ガールフレンドにあてた手紙も。当時文字はどうして覚えたのでしょうか。教育制度はあったのでしょうか。それとも上流階級の子かな?

 手紙は人と人をつなぎます。

 作者は「人間は手紙を書きつづけるだろう」といいますが、年賀状などをのぞけば、自分のことを考えると覚束ない。

 昔々、ラブレターらしきものを書いたことはあったかな!
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四万年の絵・・月刊たくさん... | トップ | せかいいちうつくしいぼくの村 »
最近の画像もっと見る

絵本(日本)」カテゴリの最新記事