どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

みんなでうどんづくり

2018年04月16日 | 絵本(自然)

                みんなで うどんづくり/菊池 日出夫:作・絵/福音館書店/2009年


 タイトル通り、みんなでうどんをつくり、野外で薪ストーブのスープで食べている最後は、とてもうまそうです。

 麦の種をまくところから、麦踏、とり入れ、脱穀まで、コマ割りの数ページを使いながら、うどんを作るまでの過程が丁寧に説明されています。

 普段食べているものの、できるまでの過程を知ることで、食育にもつながりそうです。

 おじいさん、おばあさん、お父さん、お母さん、ひでちゃん、おきちゃん、きぬちゃんと一家総出で、そろって麦踏。みんなでつくるのも見かけなくなりました。

 牛がいて、ニワトリがいて、井戸があってと、日本の原風景がひろがっています。






ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« 大根はエライ | トップ | 巨人の花よめ・・スウェーデン »
最近の画像もっと見る

絵本(自然)」カテゴリの最新記事