どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

ひつじがいっぴき

2018年05月25日 | 絵本(日本)

               ひつじがいっぴき/詩・木坂 涼 絵・長谷川 義史/フレーベル館/2007年


 おなじみの動物が31。動物をテーマにした詩集に、にんまりし、長谷川さんの絵で楽しめます。

 長谷川さんの絵は、カラーはちょっと。あとは黒。表紙の羊に癒され、裏表紙には遊び心も。

 言葉あそびあり、動物の生態をうまくあらわしたものあり、動物の先祖がでてきたり、俳句風あり、教訓風、名所案内風がありと盛りだくさん。

 少なくなったトラをさがす、ひのひかりとつきあかりにぎょっとしました。

 長いのですが、一つ一つが独立していていますから、いつでも、どこでも、時間があるときもない時も自由自在です。

 ひとつだけキリンを紹介すると

 ながーいくびにせっちされている
 ながーいしょくどうエレベーター
 くちといぶくろむすんでのびる
 さいこうきゅうのとくちゅうひん
 ひとよんで 
 はんすうじるしのエレベーター
 たべればじどうそうちがさどう
 したへまいりまーす うえへまいりまーす

 おじいちゃんも
 おばあちゃんも
 おとうさんも
 おかあさんも

 きのうのこと
 むかしのこと
 はんすうはんすうまたはんすう
 うえへまいりまーす したへまいりまーす

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« 木の穴の手紙 | トップ | とっときのとっかえっこ »
最近の画像もっと見る

絵本(日本)」カテゴリの最新記事