どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

とっときのとっかえっこ

2018年05月26日 | 絵本(外国)

          とっときのとっかえっこ/ぶん・サリー・ウィットマン え・カレン・ガンダーシーマー やく・谷川 俊太郎/童話館出版/1995年


 バーソロミューは、毎日赤ちゃんのネリーをカートに乗せて散歩に連れていきました。でも、バーソロミューは、隣に住むおじいさん。

 バーソロミューはネリーの気持ちを大事にし、いざというときしか手をかしませんでした。

 バーソロミューが歳をとり杖を使うようになっても、二人はゆっくりあるき、階段は手すりをつかんでのぼります。
 ネリーはバーソロミューに手をかしてあげたいときもありましたが、いざというときしか手をかしませんでした。
 
 ネリーが小学生になった頃、バーソロミューは階段でころび、救急車で入院。ながいあいだ、かえってきませんでした。ネリーは毎日手紙を書きます。しばらくして退院してきたバーソロミューは車いすでの生活でした。

 「これで さんぽ おしまいだな」というバーソロミューに「そんなことはないよ わたしがつれていってあげるもん」というネリー。
 そう、今度はネリーが車いすをおして、散歩です。

 「でこぼこにきをつけて」「かわいい いぬにあうと あたまをなでてやる」、スクリンプラーがまわっているときは「すすめーーーーーーっ」。
 まるで、ネリーが赤ちゃんのころの風景です。

 「とっときのとっかえっこ」というのは、これでした。

 二人を見つめる近所の優しい目。

 散歩、ピクニック、ハローウイン、冬のふたり、どれも楽しそうです。

 人は産まれ、成長し、やがて老いていきます。子どもがあれば、またその繰り返し。

 隣のおじさん、おばあさんが、子どもを見守るというのも、遠い昔の風景になってしまいました。

 バーソロミューとネリーの心温まる関係に、とってもあたたかいものを感じました。

 ネリーが、おはなしをせがみ「おはなしが たねぎれに なることはないの?」とたずねると、「もしなっても だまってればいいんだ。なかよしなら そうしていられる」とバーソロミューが、こたえますが、言葉がなくても通じ合えるものがあります。こんな素敵な関係をもてたらいいですね!

コメント