Advance

我が家にMiele(ミーレ)がやって来た!

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。
さて、自宅の食洗機を国産(panasonic 深型タイプ)からドイツ産(Miele)に交換して2ヶ月が経ちました。
外観からは、その変化にほとんど気付かないほど馴染みました。
パネルは元々のパネルを再利用。

Before


After

既存のパネルで足りない部分は、スペーサーを利用します。
スペーサーと言われてもピンと来ませんでしたが、施工例の写真をメール添付頂き、安心しました。我が家の場合はこんな感じに。

操作パネルの下のリブ部分がスペーサーです。



庫内の大きさもこんなに違います。
Bofore

After


カトラリー専用のトレイもあり、これまでよりもキレイに洗える予感。
嬉しくなって、子どもの給食のお箸箱を洗いましたが、大失敗!
オートモードで洗浄すると、かなりの高温で洗浄されるせいで、キャラクターの色が薄くなってしまいました。


そしてこちらが買い直したものです。こちらはスプーンとのセットになっているので仕様は違いますが、キャラクターの色の比較の参考までに。


そんなわけで現在手洗いしているのは、
1. キャラクターの描かれたコップやおはし等こどもの給食グッズ
2. 家族4人分の水筒
3. テフロン加工されたフライパン
4. 食洗機不可と印字されているもの
5. 排水口の目皿

あたりで、残念ながら、我が家の場合、水切りカゴを撤去するには至りませんでしたが、これまで当たり前に手洗いしていたお鍋や、夫はムリだけれど、私の手首は何とか入るので、中までしっかり洗える!と言う理由で購入した麦茶をストックする為の無印良品の耐熱ガラスピッチャーも、食洗機でピカピカに洗えるようになりました。
特に、このピッチャー、従来の国産の食洗機では、洗浄後、温風によって乾燥させるため、ガラスに水跡が残り、美しくありませんでした。その為、いつも手洗いしておりました。
ミーレの食洗機は、高温のお湯で洗浄後、その熱で自然乾燥させるような手法が取られています。(これは、ホシザキ等業務用の食洗機も同様ですね。)
その為、機種によっては「オートオープン機能」があり、洗浄終了後、扉が自動的に開く機能が付いております。外出前や就寝前にポチッ!とスタートボタンを押す我が家の場合、この機能がとても便利です。


次回は、実際の操作方法や、食器やお鍋を入れてみた様子などのご紹介を致します。

つづく

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「インテリア/建築」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
2020年
人気記事